婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月16日 更新

婚活の効果的なプロフィールの書き方~婚活のプロフィールの書き方に悩む男性のために~


婚活のプロフィールをどう書くか、その書き方に悩む男性は多いと思います。

婚活をする際、プロフィールは自己PRのために使われるので、書き方一つで男性が女性に与える印象も違ってきます。

枠が決まっていますので、その中でどれだけ自分というものの魅力をアピールできるかという点が重要になるのですが、そのため

にはどういった点に気を付ければいいのでしょうか。

婚活のプロフィールを作る際、どのような書き方をしたらいいのか知りたい男性は読んでみて下さい。

女性に関心を持たれるプロフィールとは?


それではまず、女性に関心を持たれるようなプロフィールとはどのようなものかを知っておきましょう。

婚活のプロフィールは、書き方の前にまず女性が関心を持つような男性であることをアピールできる内容でなくてはいけません。

しかし嘘を書いてはいけないので、プロフィールに書ける自分のアピールポイントは何があるのかを考えてみましょう。

プロフィールに書く項目はどんなものがある?

婚活のプロフィールで書き方が決まっているものは、男性にはどのような項目があるでしょうか?

婚活サイトによって異なりますが、おおよそ共通しているものとしては

〇名前
〇学歴
〇職業
〇年収
〇趣味・特技
〇自分の性格
〇好みの女性

の7項目です。

人によって注目する場所は異なりますが、特に見られるのが学歴と職業、年収でしょう。

しかし、その後は他の項目もチェックされます。

名前の漢字が難しいと話しかけるのをためらってしまいますし、趣味が合わなければ話題が広がりにくいので困るかもしれません。

性格も婚活のプロフィールでは書き方によっては敬遠されますし、男性からみて好みの女性であっても自分が当てはまらないと思えば諦めてしまうでしょう。

婚活のプロフィールで最初にチェックされる項目は特に書き方を考えなくてはいけませんが、男性のプロフィールは女性からすべてチェックされると考えて間違いありません。

どの項目も、適当に書かないようにしましょう。

絶対にダメなプロフィールの書き方

それでは、婚活をする際絶対にNGなプロフィールの書き方として、男性の場合はどのようなものがあるでしょうか。

まず、間違いなくダメなのが嘘を書くこと、話を盛りすぎることです。

誰しも見栄を張りたくなる時はあります。

しかし、それで学歴や年収、仕事を飾り立てて書いたとしても、その後はどうなるでしょうか。

もしそれで一時的に上手くいったとしても、その後デートなどで会う回数を重ねた時にいずれボロが出てしまうでしょう。

女性から見るとだまされたことになり、きっと怒りが湧いてくるでしょう。

そうなった時、お互いに無駄な時間を過ごしただけとなってしまいます。

あまりにひどければ経歴詐称となり、強制退会などの処分を受ける場合もあります。

嘘を重ねて築いた関係というのは非常にもろいものです。

婚活のプロフィールは、書き方に気を付けなければ男性の不利益となります。

嘘を書いたとしても実るものはないので、あくまで正直に書きましょう。

書いてはいけないプロフィールの例は

嘘を書く以外にも、婚活におけるプロフィールの書き方として男性が絶対にやってはいけないことがいくつかあります。

まず、ネガティブな表現をするのはやめましょう。

例えば、「女性との会話が苦手」という人であれば「人の話を聞くのが好き」というように、プラスに聞こえるよう言い換えるようにしましょう。

履歴書に書く自分の性格や短所に関して、と同じような考え方ですね。

また、結婚に対する意欲が疑われるような表現も控えましょう。

「出会いが少ないので婚活をしている」といった表現であれば、結婚自体にそれほど興味がないように思われます。

真剣に結婚をしたいと思われるように、具体的な結婚観などを含めて書くようにしましょう。

婚活のプロフィールで趣味にギャンブルなどを書くのも書き方としては間違っていますが、そういう男性もいるでしょう。

ギャンブルに関しては、女性もしていることはもちろんあります。

しかし、他に趣味がないようであれば、結婚後もギャンブルをすると思われるでしょう。

ギャンブルには決していいイメージはありません。

話の流れで多少は・・・というのは良いのですが、趣味として全面に押し出すのは止めた方がいいでしょう。

また、好みの女性など女性に対する希望にはあまり多く書かないようにしましょう。

例えば婚活のプロフィールで女性の書き方としては、男性の好みとして「年収一千万円以上のイケメン、長男はイヤ」などと書いていたらどうでしょうか?

男性としてもいい気はしないでしょう。

主に内面的な好みを書いて、そのほかの好みは女性と話しながら当てはまるかどうかを自分で判断しましょう。

婚活のプロフィールは、書き方の前に男性はこういった点に気を付ける必要があります。

婚活が上手くいくプロフィールは?


それでは、婚活が上手くいくようなプロフィールの書き方は、男性の場合どのようにすればいいのでしょうか。

婚活をする際にプロフィールの書き方を悩む男性の多くは、どうやって自分を良く見せるように書こうかと悩んでいます。

しかし、プロフィールを書く際に重要な事は、伝えたい情報がきちんと伝わるかという点です。

そのためには、まずシンプルにするところから始めましょう。

婚活をするための具体的なプロフィールの書き方(男性編)

まず、婚活のプロフィールの書き方として男性が重視することは、相手にきちんと情報を伝えることです。

そのために、それぞれの項目で伝えたいことを考えてみましょう。

まず、名前の項目で最も伝えたいことは、どう呼んで欲しいかということです。

そのためには、名字や名前をわかりやすく書きましょう。

難しい名字の場合はひらがなで書くか、もしくはカッコで読み方を添えておきましょう。

いっそのこと、下の名前だけかニックネームでもいいかもしれませんね。

そのほうが親しみやすく感じるかもしれません。

学歴や職業に関しては、具体的に学校名や企業名まで書く必要はありません。

例えば「食品会社の営業」や「自動車メーカーの開発」など、おおよそのジャンルが分かれば問題ありません。

婚活のプロフィールの書き方として必要な事は、女性も男性と同じような業界にいた場合、話題に出来るかどうか判断できることです。

学歴も同様に、○○大学と書くのではなく、大卒くらいで問題ありませんが、先行した学科なども書いておくとやはり会話のきっかけになるでしょう。

年収も、例えば450万円から540万円の間なら四捨五入して500万円と書いておきましょう。

婚活のプロフィールにおいて、これらの項目の書き方としてはとにかくわかりやすく、女性が男性の経歴をすぐに把握できるようシンプルにまとめておきましょう。

細かく書いた方がいい項目は

それでは、婚活のプロフィールで細かく書いた方がいい項目の場合、わかりやすい書き方として男性の場合はどのようなものがあるでしょうか。

まず、趣味や特技の項目では、何か一つ自分の趣味や特技で伝えたいことを選びましょう。

趣味であれば、なるべく女性にもわかりやすいものがいいでしょう。

例えばフットサルならサッカーに比べてルールも分かりやすく、女性も参加していることが多いでしょう。

ジョギングなども、男女問わずにできる趣味です。

カメラで風景写真を撮るというのも、ついでにレジャーや旅行にも結び付けやすく、女性受けもいいでしょう。

こうした趣味を選び、あとは女性と一緒にできるような内容を追加していきます。

婚活のプロフィールとして書くのであれば、書き方としてはフットサルなら、「友人と楽しくやっていて、彼女を連れてくる人もいる」というのであれば男性だけでなく女性でも参加や応援にも行きやすいでしょう。

ジョギングも婚活のプロフィールには「休みの日には近くのジョギングコースを走っている」という書き方をすれば、女性としても男性と一緒に走りたいと言いやすくなります。

このように、自分一人で完結する趣味ではなく、なるべく女性が一緒に楽しめるような趣味を書いていきましょう。

自分の性格に関しては、極端にネガティブなことさえ書いていなければ問題ありません。

ただし、例えば聞き上手という性格に「つい感情移入しすぎてしまう」など軽いネガティブポイントを付け加えると、適当に書いているのではなく本当のことを書いているという印象を与えやすくなります。

好みの女性は、例えば「優しい人」や「子ども好きな人」など、多くの女性が当てはまるようなことを書いておきましょう。

その条件に何人の女性が当てはまるとしても、その中から一人を選ばなくてはいけません。

他の好みに関しては、会話の中で判断していきましょう。

このように、婚活のプロフィールの書き方に関しては男性だからこそこだわらなくてはいけないポイントがあります。

決して適当に書かず、しっかりと考えて書きましょう。

自己PRにも手を抜かないで

婚活のプロフィールを書く際、その書き方に最も悩む男性が多いのは自己PRでしょう。

これは婚活のプロフィールを書く際は特に決まった書き方がないので、男性が何を書くのも自由です。

できれば、それ以外の項目でアピールできなかったことか、自分が特にアピールしたい項目について詳しく書くというのがいいでしょう。

決して、悩んだ結果「特にありません」などと書かないでください。

結婚に対する意欲や、結婚した後の予定、希望などを書いてもいいでしょう。

ただし、結婚後の生活に関しては相手と一緒に作り上げるものだということを頭に置いて、断定して書かないでください。

あくまで自分の希望を上げるつもりで書きましょう。

また、あまり細かく書かないで概要だけ書いておきましょう。

「結婚したら家にいてもらい、家事は任せる」などと書いては女性も敬遠します。

婚活のプロフィールとして書くのであれば「希望としては家にいて欲しいけれど、働くのなら協力していきたい」といった書き方のほうが男性の希望も伝わり、女性も受け入れやすくなるでしょう。

婚活サイトなどの自己PRでは、プロフィールの中でも特に書き方に工夫して、女性に対して男性の考えを伝えるようにしなくてはいけません。

決して適当に書かないようにしましょう。

まとめ


婚活において、プロフィールの書き方を悩む男性はたくさんいます。

婚活のプロフィールは、女性にアピールするための大事な武器となるので、書き方をしっかりと考えなければたくさんの男性の中から選ばれなくなってしまいます。

婚活のプロフィールを書く際は、きちんと押さえるべきポイントを把握して書き方を考え、多くの男性の中から女性に選んでもらえるようにしましょう。

この記事に関連するキーワード