婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月16日 更新

婚活のプロフィールは男性にとっての重要ポイント!!


婚活をする際、プロフィールを書くのに悩む男性は多いでしょう。
婚活のプロフィールは、男性が女性に対して自分を売り込むための大事なものです。

そのため婚活では、しっかりとプロフィールを書かない男性は女性を捕まえることができないでしょう。
それでは、婚活に使うプロフィールに悩む男性はどうしたいいのでしょうか?

なぜプロフィールが重要なのか?


なぜ、婚活のプロフィールは男性にとって重要なのでしょうか?

婚活と一口にいっても、婚活サイトや結婚相談所、婚活パーティーなど、様々なサービスがあります。
しかし、どのサービスにおいても共通していることがあります。

それは男女比です。

婚活市場において、男性の数は常に女性よりも多く、男性は女性の3倍から5倍といわれています。
つまり、女性1人に対して男性が5人求婚し、その中から選ばれなくてはいけないことになります。

では、いかに女性から選ばれるようになるのか。

その時に婚活用のプロフィールが男性の重要な武器となるのです。

特にインターネットの婚活では顔写真とプロフィールだけが、女性が男性の事を知るためのツールとなります。
そのため、婚活ではプロフィールの書き方にも男性は一工夫必要となるのです。

プロフィールの内容は?

それでは、婚活におけるプロフィールには、男性の場合どういった内容が書かれているのでしょうか?
まず名前ですが、名前に関しては本名かニックネームとなります。
婚活サイトによっては本名でなければダメな場合もありますが、反対に本名は禁止という場合もあります。

もちろんどちらでもいいというところもあるので、最初にきちんと確認しましょう。

顔写真も重要です。
見た目の第一印象が決まるので、しっかりとした写真を使いましょう。

学歴や職業、年収を書く欄もあります。
当然ながら、嘘を書いてはいけません。

きちんと正直に書いてください。

職業も、会社員と書くだけでなく具体的な内容を書くようにしましょう。
年収はおおよそで大丈夫です。

趣味や特技は個性をアピールするのに重要なポイントです。
この項目が話題の中心となることが最も多いでしょう。
反対に、性格に関してはそれほどこだわって書く必要はありません。

シンプルにまとめておきましょう。

休日の過ごし方などは、趣味に通じるものがあると思います。
好きな女性のタイプに関しては、ある程度誰でも当てはまるような内容にしておきましょう。

間違っても外見だけにこだわった好みを書くのはNGです。
婚活のプロフィールに書く項目を見ると、意外と多いと思う男性もいるでしょうが、それだけ相手が自分の事を知りたがっていると思えば悪い気はしないでしょう。

婚活に使うプロフィールは、男性と女性では見られるポイントが異なります。
特に婚活のプロフィールで男性が見られるポイントは気合を入れて書くようにしましょう。

自己紹介文も重要

婚活のプロフィールは、決まった項目を穴埋めしていくものの他に、男性の自己紹介文を書くこともあります。
婚活のプロフィールとは違って自己紹介文の内容は特に決まっていないので、何を書いたらいいのか迷う男性も多いでしょう。

しかし、自己紹介文にすべてを書き込む必要はないんです。
細かい内容は、あくまでトークの中で話すべきです。

自己紹介文に書くのは、相手に興味を持ってもらえるようなことを中心に考えましょう。

特に、一緒にやりたいことがある場合はそれもしっかりと書いておきましょう。
同じように、一緒にやりたいと思っている女性からのアプローチが期待できます。

婚活のプロフィールを良いものにしたい男性のために


婚活のプロフィールをいいものにしたいけれど、嘘を書くわけにもいかないしどうしたらいいかわからない、という男性は意外と多いようです。

しかし、婚活ではプロフィールの書き方を少し工夫するだけでも、男性が女性に与える印象は大きく違ってきます。
たとえ同じことを書くにしても、書き方に少し工夫するだけで与える印象は大きく変わります。

婚活でより効果的なプロフィールを作りたい男性は、どう工夫するべきか、という点について考えてみましょう。

プロフィールでの工夫

それでは、婚活のプロフィールを男性が書くときに工夫できるところを考えてみましょう。

まず名前ですが、これは呼びやすければなんでも大丈夫です。
しかし、写真にはこだわりましょう。

写真を撮る際は、真面目な表情ではなく自然な笑顔で写るようにしましょう。
固い表情だと面白みのない人に見えますが、笑顔であれば優しい印象となり安心感を与えることができます。

また、イケメンでなかったとしても問題はありません。

しっかりと顔が分かるように小さすぎず、はっきりと写った写真を用意しましょう。
服装はスーツだと証明写真のように見えてしまうので、ポロシャツなどカジュアルな格好にしておきましょう。

学歴に関しては、大卒や専門学校卒程度で十分です。
実際のところ、学歴よりも今の仕事の方が重視されます。

ただ、出身学科を書いておくと、同じ分野を学んだ人と話のきっかけになるかもしれないので学科名は記入しておきましょう。

職業は、会社員などで終わるのは止めておきましょう。

とはいっても、具体的な会社名までは書く必要がありません。
「システムエンジニア」や「証券会社の営業職」など、どんな仕事をしているのかが分かるように書きましょう。

たとえいい会社に勤めていることをアピールしたいと思っていても、それを書いてしまうと鼻にかけていると思われてしまうかもしれません。

年収は大体でいいのですが、あまり高い場合は本当かどうかを疑われてしまう事もあります。
700万円以上であれば、参加に年収証明が必要な婚活サイトや婚活パーティーを利用したほうがいいでしょう。

趣味や特技に関しては、これといって正解はありません。
しかし、特に高感度が高い趣味としてはスポーツです。

フットサルやスノーボードなとは特に人気が高いので、もしもそういう趣味があれば積極的にアピールしていきましょう。
ただ、スポーツができなくても嘘を書いてしまうとすぐにボロが出てしまいます。

読書でもカメラでもいいので、具体的に内容を書きましょう。
例えば読書なら同じ作家を好きな人と話が広がりますし、カメラならついでに旅行やレジャーにも出かけやすくなります。

必要なことは会話を広げるきっかけになることです。

性格に関しては、履歴書にも書くような内容で構いません。
ただし、多少ネガティブなポイントを含めておくと信憑性が高くなるでしょう。

休日の過ごし方に関しては、趣味と関連した内容が好ましいでしょう。
家でネットや、残った仕事を処理しているなどは絶対にやめた方がいいです。
内容は具体的に、想像しやすいように書くとわかりやすくなります。

ただし、なるべく女性と一緒に楽しめるような内容を選ぶようにしましょう。

好みの女性に関しては、あまり具体的に書かずに「優しい人」や「明るい人」など、多くの人に当てはまるような内容にしておきましょう。

「美人」や「胸が大きい人」など、外見に関する好みはNGです。
外見に関しては、お話しした相手の中から自分で判断しましょう。

先ほども言いましたが、婚活におけるプロフィールは男性にとって大きな武器となります。
婚活では、まずプロフィールの内容で多くの男性が篩にかけられます。

その中で残されるよう、きちんと考えて書いていきましょう。

自己紹介文の書き方

婚活でプロフィールを書く際、男性側は自己紹介文を書くこともあります。
これは婚活において、プロフィールよりも男性には重要な場合があるので、こちらも抑えるべきポイントを知っておきましょう。

まず、文章が短すぎるのはNGです。
シンプルにまとめたいと思うかもしれませんが、短すぎる文章であれば婚活に対する意欲がないように見えてしまいます。

また、わかる情報も非常に限定されてしまい、人物像が見えてきません。
自分の性格に関しては、「~だと思います」などあいまいな書き方をしないで、「~です」としっかり言い切るようにしましょう。
曖昧な書き方だと、自分に自信がない人だと思われてしまいます。

また、文章では伝えにくいことに関して、「感じ取ってください」「会ってもらえばわかると思います」などの言い方は、相手に責任を転嫁しているように思われます。
それに、横柄な印象を与えてしまうので、伝えにくい点に関しては「~と人からは言われています」といった書き方にしておきましょう。

自己紹介文に必ず入れておくべきことは、

・趣味
・性格
・結婚生活へのビジョン

の3点です。

この点をわかりやすく書くことを念頭に、最低300文字くらいにはなるように自己紹介文を書いていきましょう。
婚活では、プロフィールと同じく自己紹介文も男性にとっては篩にかけられた時に残るかどうかを左右する重要なものです。

しっかりと内容を考えましょう。

結婚相手に望まれる男性は?

婚活で、プロフィールなどで男性の特徴を読んだ女性が見るポイントはどんなところでしょうか?

まずは、常識的な事を書いているかどうかを見ています。
婚活で使われるプロフィールには、男性の中でも特別だと思われることや自慢することを書かなくてもいいんです。
必要なのは、普通であることです。

婚活をしている女性がプロフィールを見ながら結婚相手として選んでいる男性は、特別な存在ではなく普通の男性です。
年収が高い方がいい、イケメンがいいといっている女性でも、結局は普通の男性と結婚することがほとんどです。

そのため、婚活におけるプロフィールに男性が書くべきことは、あくまで普通の事だけです。
常識的な内容であることを心がけましょう。

結婚相談所や婚活パーティーでもプロフィールが重要!

婚活サイトではプロフィールはその人の顔になるため、何よりも重要なところではありますが、実は結婚相談所や婚活パーティーでもプロフィールでモテるかモテないかが決まってしまうため、適当なことを書くのは避けたいところです。

ですが、結婚相談所や婚活パーティーでのプロフィールで気を抜く男性が結構多いのですよね。

これは

  • 会えばわかるから
  • 口頭で説明したら良いと思っているから

という理由できちんと書き込まなかったりするのですが、しかしその理由で書き込まないのは間違っています。

何故なら、結婚相談所や婚活パーティーに参加してみたらわかる通り、男性も女性も、ひとりひとり話したことを覚えておくには難しいほど数が多いためです。

それなのに、自分のことは会えばわかる、口頭で説明したら良い、という理由でプロフィールを書きこまないのは少し違うと思いませんか?

沢山の参加者、会員の中で自分のことを正しくインプットしてもらうためにはプロフィール、プロフィールカードをきちんと埋めることが大切です。

「あの人ってどういう人だったかしら?」

一度会った人、話した人がそう考えた時に、プロフィールを見返せばその人を思い出して、印象付けることができるのもプロフィールの強み、これを活かさない手はありません。

プロフィールの書き方は基本、全て同じ

プロフィールの書き方は基本的にはどの婚活でも同じです。
嘘は書かず、写真は良く写っている、わかるものを使いましょう。

普通が一番大切ですが、何より大切なのは自分の人となりを伝えることになります。

ここで大げさに書いたり見栄でプロフィールを捻じ曲げても、会った時にガッカリされたり「プロフィールと違う?」と嘘つき認定されてしまうこともあるので、見栄はほどほどにしましょう。

文章は固くなりすぎず、とっつきやすい印象を与えられるような柔らかさで書くようにするとプロフィールモテするのでおすすめです。

ただ、悩みすぎると書けなくなってしまうため、そういった人はコンシェルジュつきの結婚相談所がおすすめです。

コンシェルジュはプロフィールの書き方、客観的に観たあなたのことまで全てアドバイスとして教えてくれるため、婚活に悩みやすい、プロフィールなどこれでいいのか悩んでしまう人は一度、結婚相談所も視野に入れてみてください。

まとめ


婚活でプロフィールを書くときに、悩んでいる男性は多くみられます。

どう書いたらいいのかわからない人や、どうやって他の人よりも目立つように書くかと悩んでいる人など様々ですが、結局嘘を書くわけにもいきません。

婚活のプロフィールをいかにこだわって書いても、女性が結婚相手に望むのは普通の男性です。

きちんと必要な情報が書かれていて、常識的な内容であれば問題はないので、あまり悩みすぎないようにしましょう。

この記事に関連するキーワード