婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

婚活成功への第一歩はプロフィール!書き方のコツ&重要ポイント

婚活を始たいと意気込んでいる皆様、まず初めにやってくる第一の問題はプロフィールです。

この歳になってプロフィールって何を書いたら良いのだろう、どんな事を書いたら効果的なのだろう、といったお悩みを解決していきます。

まずは素敵なプロフィールを作り、相手に出会うためのきっかけ作りをしましょう。

プロフィールは婚活の履歴書

婚活でまず初めに訪れるハードルがプロフィールです。
明るく見せようとして面白くしようとふざけ過ぎた内容では相手にひかれてしまうし、かといって端的に真面目な印象をうける内容では相手が興味を示してくれません。

プロフィールは婚活の履歴書です。上手く自分を売り込めば相手に興味を持ってもらい、会うチャンスを作ることが出来ます。

プロフィールの書き方

女性はまずプロフィールを見て、自分の条件や、趣味や好みが合うか合わないかをチェックし、年齢や容姿を見て会うか会わないかを判断します。

自分の年齢や容姿、好きなものを相手に合わせるために変えることは出来ませんが、プロフィールでのアピールの仕方によってそれはプラスになる場合もあります。

ここからは項目にあわせて、内容の書き方のポイントを紹介していきます。
書き方のコツを掴んで自分自身のプロフィールに活かしていきましょう。

プロフィールの始まりは氏名・ニックネーム

様々な婚活サイトがあり、そのサイトにもよりますが、本名を公開できるサイトであれば、本名を公開しましょう。

本名を公開する事に抵抗がある人や、ニックネーム形式のサイトであれば、名前をひらがなやカタカナにして公表しましょう。

わざとあだ名やニックネームの記載にして個性を出そうとしても、ちょっと変わった人かもしれないという印象を与えかねません。
ここでは無難と信頼を得る事が大事です。

プロフィールの基本情報である学歴・職業・年収

今までの学歴、今現在の職業、現段階での年収については当たり前のことですが、嘘を書いてはいけません。
また、高学歴や高収入だとモテるという認識は間違いです。

この項目で、自分のスペックを一生懸命アピールしようとしても、それが裏目に出てしまい逆効果になる事もあります。

学歴

学歴では詳しく書くところがあれば、何を専攻していたかやどんな分野の勉強をしていたかなどを書くと共通の話題が出来るかもしれません。

職業

職業に関しては「会社員」と書いても働く人ほとんどが会社員なので、これでは意味がありません。

例えば「食料品メーカーの営業職」「建築会社の管理職」など、どんな仕事をしているのか想像できる程度に具体的に書くと良いです。

年収

詳しい金額を伝える必要はありません。
自身の年収をキリの良い数字にして分かりやすくする事が大事です。
例えば、512万…の年収金額だとしたら500万や520万という様に大体の数字で記載しましょう。

自分の写真は必須

写真は相手がどんな人物なのか想像を膨らませられる大事な資料になります。
容姿に自信が無いからと言って載せないのはお互いにあまり良い事ではありません。
顔も分からない相手と婚活することは非常にリスクが高く不信感を抱くからです。

また、女性が結婚相手を男性の顔で判断することはほとんどありません。

職業や年収や年齢など、ある程度の条件と内面的に気が合うかどうかで判断しているので、写真はその人のリアリティを増すための材料の一つという程度で考えておきましょう。

カッコイイ写真を載せようと気張らずに自然な姿で撮ることが大切です。
どんな写真にしたら良いのかポイントをおさえて自分らしいプロフィール写真を載せましょう。

表情

女性はただでさえ会ったことが無くどんな人なのかも分からない状況なので、不安感を持っています。
それを安心させるためにやわらかい表情や自然な笑顔で穏やかな雰囲気を感じ取れると好印象に変わります。

表情が硬いと、真面目な人、話がはずまなそうなど第一印象で悪い印象を与えかねませんので注意しましょう。

服装

スーツで格好よくビシッときめるよりも、普段の私服で自然な感じをみたいのが本音。
フォーマルも良いですが、証明写真のようになってしまう恐れもあり、また、私服のセンスや好みが合わなかったらどうしよう…と不安になる女性もいます。

写真の撮り方

ぼやけていて表情が分かりにくかったり、写真が小さかったり、暗かったりなど、はっきりしない曖昧な写真は載せても逆効果になりますので注意しましょう。

また、バストアップで表情が分かる写真と全体写真もあると、服装の好みが分かったり、デートで一緒に出掛けている場面などを想像できて会ってみたいと思わせるようなリアリティを生むための効果も高まります。

趣味・特技を書くとアピールに繋がる

映画、ドライブ、スポーツ、アウトドアなど、皆さん色んな趣味や特技がありますので、ここでは自分の好きな物事についてアピールしましょう。

サッカーや野球などの特技があり、「毎週休みの日にはフットサルしてます!」などアピールしてみると健康的、アクティブなど好印象を持たれます。

音楽の話題で好きなジャンルが同じだったり、好きなアーティストが一緒だったりすると嬉しいですよね。
一緒に好きな音楽を聴きながらドライブデートだったりと発展させるチャンスも出てくるかもしれません。

また、休日の過ごし方なども加わえて書くと効果的なアピールになります。
共通の話題や趣味がある事で、「会って話してみたいな」「気が合うかもしれない」と共感を得る事に繋がるので、なるべく趣味や特技は具体的に書くことが大事になってきます。

自分の性格についても書く

ここでは自分がちゃんと自己分析できている事がポイントになってきます。
優しい、明るい性格、ポジティブなど、「周りからは○○だと言われることが多いです。」というパターンの文章でかまいません。

また、プラスな面だけでなく、例えば「初対面の人や大事な場面で少し緊張してしまいます。」など少しネガティブな面も見せると、相手の共感を得たり、ちゃんと自分の性格も分かっている事で内容にも信憑性が生まれます。

好みの女性のタイプは簡単に

婚活において重要なところですが、詳しく書きすぎてはいけません。
細かく書いてもハードルを上げてしまい、女性も自信を無くしてしまいます。

また、「明るい人」「優しい人」など短すぎても本心が見えず、本気で婚活したいのかと思われてしまいます。

例えば「好みの女性はよく笑って一緒に色んな話で盛り上がれる人」「明るくて一緒に旅行に行ったり色んな事を一緒に楽しめる人」「料理が好きなので、一緒にご飯を作って美味しそうに食べる人」などさらっと書いておくと良いでしょう。

理想の結婚相手もプロフィールに書く

婚活においてプロフィールが最初の第一関門ですが、格好よく見せたいと見栄を張ったり、内容に嘘を書いてしまう事は絶対にいけません。

嘘を書いてもすぐにバレテしまいます。
もしそうなったときに、あなたも相手も傷つきますよね。

結婚を前提に真剣にお付き合いしたいと考えているのであれば尚更、嘘偽りなく書き、自分自身の事を知ってもらいましょう。

年収や職業、容姿にこだわっている女性が多いと思われがちですが、それは極僅かの意見であり、ほとんどの女性は「趣味が合う、一緒にいて楽しい、」など共感できる相手を求めています。

将来のビジョンを想像した時に「この人となら色んな話が分かりあえる。」「永く付き合っていける。お互い支えあえる。」と思えることが最大の条件です。

そんな相手を見つけるきっかけとして、自分らしいプロフィールを真剣に書くことが、最初の第一歩になります。

この記事に関連するキーワード