婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月16日 更新

ネット婚活は本当に危険?注意するポイントはどこにある?

最近、婚活の方法のなかで、とくに気軽に始められるという理由から、人気なのが「ネット婚活」です。

ネットで検索すれば、様々な会社が婚活サイトを開設していることがよくわかります。
聞いたことのある大手企業もあれば、地域密着型の新興企業の婚活サイトもあります。

しかし、ネットでの出会いは怖いという声も、実はまだまだあります。
そういうイメージがあって、どうしてもネット婚活を始められらないと思っている方も多いのではないでしょうか。

ネットで知り合った人とトラブルになることが全くないとは言えないからです。

今回は、不安なくネット婚活を進めるために、ネット婚活で注意したほうがいいポイントについて解説したいと思います。

ネット婚活では信頼のおける運営サイトかどうかを注意する

ネット婚活をするために利用するサイトは、多種多様です。まずは、しっかりとした所が運営している婚活サイトなどを利用する事で、
第一段階の危険を回避できるでしょう。

つい、「まず初めは、無料のサイトでお試ししてみよう!」と
考えがちですが、
真剣に結婚相手を探しているのであれば、無料の婚活サイトはお勧めしません。
タダより高いものは無いという言葉があるように、無料にはそれなりのリスクがあることを理解しましょう。
つまり、無料ということは、お試し感覚で登録している人が多いのです。

お試し感覚で登録をしている人の中に、どれだけ真剣に結婚を考えている人がいるのか…。少し疑問ですね。
あなたと同じ温度で真剣に結婚相手を探している人を見つけるのは、
時間も労力もかかってしまいます。

では、具体的に運営元がしっかりとしているネット婚活サイトを3つ挙げてみましょう。

ブライダルネット

ここは、婚活サービス大手のIBJが運営する国内最大級の婚活サイトです。IBJは、ブライダル業界では唯一の東証一部上場企業でもあります。

エン婚活

こちらは、転職サービスで有名なエン・ジャパンが運営している日本初のオンライン型の結婚相談所です。
婚活サイトと結婚相談所のいいとこどりをしたオンライン結婚相談所サービスになっています。

マッチ・ドットコム

こちらの特徴は、世界25ヶ国で利用されている、業界世界最大級のマッチングサイトです。もちろん日本語版がありますから、英語がわからなくても安心して利用できます。

それぞれ特徴もあり、また会員の年齢構成なども違っているので、
あなたの条件にマッチする信頼できるサイトをみつけましょう。

ネット婚活の注意点は個人情報関連のトラブル

相手の個人情報をきちんとチェック

ほとんどの婚活サイトにあてはまるのが、婚活サイトでは、まずはじめに個人情報の登録をします。
登録者自身のプロフィールを作成することになります。
普通は真面目に婚活をする人ならば、嘘を書いたりすることはないのでしょうが、中には嘘のプロフィールを作成している場合があるのです。
例えば、既婚者が独身を装うとか、職業や年収を偽るということが考えられます。

気になるお相手とメールや電話でやり取りする前に、プロフィールは必ずチェックし、やり取りとの矛盾がないかを確認することをお忘れなく。
少しでも不審に思った場合は、連絡を取るのをやめましょう。

過去にはニュースなどで、婚活者をターゲットにした結婚詐欺などが報道されることがよくありました。
せっかくの結婚のための資金をだまし取られてしまったという事件も起こっています。

ですが、最近では、そのような婚活を目的としている人が被害に合わないように、婚活サイト側もしっかりと身元の確認ができる証明書の提示が必須になっています。

しあわせな結婚をするために相手探しをしているのに、嫌な思いをしないためにも、婚活サイトを選ぶときは、やはり、信頼できる婚活サイトに登録することを心がけましょう。

自分の個人情報は自分で守る

また、あなた自身の氏名、電話番号、住所などの個人情報の扱いは、
本当に十分に注意してください。

本名は仲良くなってから伝える方が無難でしょう。
婚活サイトにもよりますが、ニックネームでの活動を中心にしておき、相手が信頼できると判断できるまでは、そのままでやり取りをすることをお勧めします。
「自分の個人情報は自分で守る」を徹底しましょう。

また、最近では常識になっていますが、
SNSなどで投稿した内容や写真の位置情報から、住所が特定できることをもあります。
そこから、住んでいる地域や、自宅が分かってしまったりする恐れもあることをしっかり理解し、親しくなったからと言って写真を送ったり、しないように気をつけましょう。

会う前にチェックしておきたいこと

ネット婚活は自衛が何より大切です。
ここできちんと、自衛できているかどうかで良い出会いを左右するため、会う前にチェックしておきたいところも紹介します。

サイトで出会って会う前にチェックしたいことは以下を見てください。

  • 本名を聞いておく
  • エゴサーチする
  • 学歴や年収が空白の場合は聞いておく
  • サイト以外の連絡先を聞く
  • 休日はどうしているかを聞く
  • 会う場所は個室ではないか調べる
  • 車には乗らないことを表明する
  • お互いお酒が好きでも信用できるまでお酒は避ける

会う前に本名を聞いておけるなら安心度は上がります。
ただ、これは本名を聞いても教えてくれない人も居るため、特に本名が必ず必要というわけではありませんが、会う前に一応、聞けるのでれば聞いておきましょう。

本名を知れた人はエゴサーチもしておきます。
エゴサーチで引っ掛かったら、プロフィールの情報は本当なのか、他に異性にお相手がいたり結婚などしていないかチェックします。

学歴や年収が空白の場合は、何故空白なのかも会う前に聞いておきたいですね。
会ってから話したい、というタイプもいるためその時は教えてくれない可能性もありますが、年収も重視する人はここらへんはきちんと聞いておきたい項目です。

そして会う前にはサイト以外の連絡先を聞いておく事、これも大切です。
LINEでもなんでもいいので、会う前に聞いておきましょう。
きちんと聞いておくことで、サイトによっては繋がりづらい時もあるため当日に結局会えなかった、という事態を回避することができます。

休日、どうしているかどうか聞くのは特に必要がないと思いがちですが、その人のライフスタイルを知るために重要な事項なので聞いておきましょう。
このことについてはサラッと、会う前じゃなくても聞いておくようにしたいですね。

そして当日、会う場所が個室でないか、車に乗ることはないか、お酒の場にはならないかもチェックしておきましょう。
特に個室での初対面は、女性の方がリスクが高いため避けたいところです。
男性側は、個室だと女性に警戒心を与えるため男性側から個室は避けるように提案しておきたいですね。

車に乗る、お酒を飲む、というのはある程度お互い信用を築いてからにしましょう。
どちらもリスクがあり、特に車やお酒は一夜限りの関係に持ち込まれやすいものになるため、女性は特に気を付けたいチェック項目ですよ。

ネット婚活には、相性がある

あなたは、今まで物事を決めるときに、自分で判断できるタイプですか?

ネット婚活は、登録して、希望に合うお相手を探す、その人とコミュニケーションを取りあう、そして実際にお会いする。
これらを全て自分で進める必要があります。
そして、それはネットですから、メールが主なツール、または電話がコミュニケーションツールとなるわけです。

顔の見えない相手とのやり取りは、相手に不信感や、不安を抱かせないように対応する必要があります。
また、そのやり取り次第で、相手のことを理解して、距離を縮めていくことになります。

しかし、うまくコミュニケーションが取れないと、
一度も会うこともなく終わってしまうケースも良くあることです。

もし、自己判断に自信が無い場合は、
結婚相談所なら、自分でお相手を探すだけでなく、
専任のコンサルタントが希望に合わせた相手を探してくれたり、いろいろなアドバイスをしてくれるので、そちらを選択したほうがいいかもしれません。

このように、メールや電話でのコミュニケーションに抵抗が無いタイプかどうか、自己判断でうまくやりとりできるかどうかが、ネット婚活を進める上で重要なポイントになります。

注意点を抑えてネット婚活を進める

不安なくネット婚活を進めるために、ネット婚活で注意したほうがいいポイントについて3つ解説しました。

いかがでしょうか。

ネット婚活だから危険だということではありません。
ただ、ネット上であるというだけで、顔が見えなかったり、本名が明かされていない所からの出会いは、普通の出会いに比べたら、安易に信頼するのではなく、しっかり相手を見極める必要があるのです。

ネット婚活は決して危険なものではありません。
普段生活している中では、出会う事の出来ない人との出会いがまっているかもしれません。

少しの勇気を持って、是非ネット婚活の第一歩を踏み出してみてください。

この記事に関連するキーワード