婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

何が違うの?婚活で失敗する5つの理由


婚活を行っている方の中には、「いい人が見つからない」「交際が始まっても続かない」といった状況に陥り、不安に思いながら活動している人が決して少なくないのではないでしょうか。

一方で、婚活を成功させ良い出会いをつかんでいる人がいるのも事実です。
婚活がうまくいく人、失敗する人は一体何が異なるのでしょうか?今回お届けする記事では、婚活で失敗してしまう人の特徴を挙げながら、婚活をうまく進めるにはどんなことを意識したらよいのかをご紹介します。

婚活で失敗する人の5つの理由

婚活で失敗してしまう人にはどんな特徴があるのでしょうか。
ここでは、持っている考え方や姿勢という切り口から、婚活で失敗しがちな人の特徴を明らかにしていきましょう。

相手にあれこれ求めすぎる

婚活相手に対して、好条件を多く求めすぎてしまうのが失敗してしまうがやりがちなことです。

そのような人は、ルックスや年収、学歴、性格など、あらゆる好条件を婚活相手に求めてしまうのですが、実際白馬の王子様のような男性や、お姫様のような女性はまずいないと認識してください。

すべての条件が完璧な相手を探し続けて時間を無駄にするのは避けましょう。

「なかなか良い人が見つからない」という人は、そもそも相手に求める条件が厳しすぎないかを見直してみてはいかがでしょうか。
「この条件は必要だけれど、この条件に関しては問わない」など、ある程度の割り切りを持って活動することが大切です。

どんな人が良いのかが曖昧である

婚活の相手に沢山の条件を求めすぎている人がいる一方、どんな相手がよいのかが曖昧な人もいます。

もちろん、今まで異性との交際経験が少ない人は、初めはどんな相手と結婚したいのかが漠然としているかもしれません。

そんな場合は、多くの出会いを通じてどんな人が人生を共に歩んでゆくのにふさわしいかを見極めてゆけばよいのです。

良くないのは、いつまでも漠然と結婚したいと考えたまま婚活を続けること。
「良い人との出会いがない」「付き合ってみたら何かイメージが違う」・・・そんな人はどんな相手がよいか、イメージがぼんやりとしている可能性があります。

一回一回の出会いを「なんとなく」終わらせて時間を無駄にしないためにも、相手に求める条件をある程度決めてゆきましょう。

マイナス志向が強い

婚活を進めるにあたり、「こういうところに自信がない」という点は誰しも持っていることでしょう。
「自分は何事もあきらめやすい」「他人と話すのがおっくうだ」「どうせ歳だし」「どうせいい人は見つからないんじゃないか」「失敗したら嫌だ」・・・。

そんな否定的なイメージや不安を持っているかもしれません。
しかし、そういった思いに引きずられていては、腰が重くなるばかりです。

最も避けたいのは、何の行動も起こさない自分になってしまうことでしょう。
どんな小さな行動からでもよいのです。
友人に相談してみる、婚活サイトや結婚相談所に登録してみるなど、自分から求めて動くことが婚活成功の可能性を高めます。

自信のなさに萎縮しそうになったら、そんな時こそ1つでも多く出会いの場に立ちましょう。

愚痴を言い合うのが心地良い

婚活がうまく進まないとつい愚痴を言いたくなるし、友人とも愚痴を共有したくなる。
そんな人も、婚活で失敗してしまう人の代表格です。

うまくいかないのが辛くて愚痴を言い合うのは楽しいかもしれませんが、愚痴を言い合っても出会いは何一つ生まれませんし、あなたの目的=結婚することとは何の関係もありません。

愚痴を言い合う為だけの集まりに顔を出すのは止めていきましょう。

自分の婚活のことを色々話したい、他の人の話も聞きたいというなら、もっと建設的なことを言い合える友人と話しましょう。

「この人と会っていると愚痴が多くなる」という人とはなるべく距離を置き、「この人と話すと婚活の良いイメージを作れる」という人とは積極的に会うなど、「婚活の成功」というゴールに照らして自分が付き合うべき友人・知人を意識しましょう。

他人のせい周りのせいにする

婚活がうまくいかないことを自分以外の何かのせいにして、言い訳をしてしまう人も婚活に失敗してしまう人の特徴です。

いい人がいない、出会いの場がない、良い出会いがないのは結婚相談所のせいだ、忙しくて時間がない、何から手をつけたらいいか分からない・・・などなど、言い訳はいくらでもできてしまいます。

もちろん、一筋縄ではいかないのが婚活。
愚痴のひとつもこぼしたくなる時はあるかもしれませんが、婚活は誰の為でもありません、他ならぬあなた自身の為です。

いい人がない、出会いの場がないのなら、探しましょう。
家族、友人・知人、婚活サイトや結婚相談所、職場、習い事、趣味・・・使える場は何でも使って異性との出会いを求めましょう。

結婚相談所で良い出会いがないのなら、他の相談所をあたる、あるいはなぜ出会えないのか考えてみることも必要です。

残念ながら、婚活はサクっと済ませられる類のものではありません。
小さな努力の積み重ねという一面もあるのが婚活です。

その努力を通じて、自分の考え方や服装、女性であればメイク、異性に好まれる話し方や立ち居振る舞いなど、様々に自分を磨けるのが婚活です。

言い訳をして婚活をしぶしぶ続けるのは勿体無い話。
むしろ自分を成長させる良い機会と捉え、大きな気持ちを持って動いてゆくことが大切です。

あきらめない人が良い出会いをつかむ

これまで、婚活で失敗する人の特徴をご紹介してきました。

婚活は、たった1度の出会いで結婚に至ることが成功、というわけではありません。
むしろ、幾人もの人との出会いを繰り返して自分を見つめ直し、自分を磨く中で、予想もつかないタイミングで良い出会いをつかむ、と言った方が現実に近いでしょう。

ですが、その良い出会いをつかめるのも、婚活の成功に向けてあきらめずに努力を続けているからこそです。

一番よくないのは、行動するのを完全にやめてしまうことでしょう。
時にはうまくいかないことに愚痴を言いたくもなるでしょう、出会いの場へ行くにも気が乗らない時もあるでしょう。

そんな時は一休みすることも必要かもしれません。

しかし、すべてはあなた自身のためにやっていること。
自分を見放さず、投げやりにならず、少しずつでも動き続けることが婚活の成功に必要なことなのです。

この記事に関連するキーワード