婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月24日 更新

【結婚したい人必見】失敗しない婚活アプリの選び方

「出会いもないし、彼氏(彼女)ももうずっといない」
「周りの友達はどんどん結婚しだしたのに、自分はまだ独り身で彼氏(彼女)が出来る気配も無い」
「出会いは欲しいけど、婚活パーティーや結婚相談所に行く時間もないし、どうしよう」
と悩んでいる人は少なくないことでしょう。

社会人になると、仕事も忙しくなり、新しい出会いがある場所に行く機会もめっきり減ってしまいます。
でも、恋人は欲しいし、結婚だってしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、忙しい人でも気軽に恋人や結婚相手を探すことの出来る「婚活アプリ」のメリットとデメリット、そして、婚
活アプリを選ぶ際のポイントについてまとめました。
結婚したいけどまだ特定の相手が見つかっていない人や、「婚活アプリって気になるけど、たくさんあるからどう選んだらよいの?」と思っている人は是非参考にしてみてください。

まずは理解しよう!婚活アプリのメリットとデメリット

婚活アプリ利用のメリット

婚活アプリのメリットとしてまずあげられるのが、費用が比較的安いことです。
結婚相談所を利用しようとすると、入会金数万円、月額費用もかかり、成婚費用は20万円かかるなんてこともあります。
しかし、婚活アプリは月額2,000円くらいから利用できます。
数か月分一括で払うと多少のディスカウントを受けられる婚活アプリもあります。
また、女性は無料の婚活アプリや、男性も無料でお試し利用できるものもあるので、いくつかの婚活アプリを試してみて、自分に一番あったものを選ぶことも可能です。

2つめのメリットとして、スマホがあれば、場所や時間を選ばずに活動が出来ることです。
仕事が忙しい人でも、お昼ご飯を食べながら使ってみたりや、夜寝る前の少しの時間でも出会いを探すことが出来ます。
店舗に出向いて相手を探すことも必要ないので、自分の時間を無駄にすることはありません。

婚活アプリ利用のデメリット

婚活アプリのデメリットとしては、ネット上にプロフィールや写真を掲載することへの不安があげられます。
ほとんどの婚活アプリは安全面において問題は無いのですが、婚活アプリの利用者が絶対に悪用しないとは限りません。
そのため、安全対策としては、住所が特定されやすい写真のアップは避けたり、顔全体がはっきりと分かってしまう写真は避けるなどでしょう。

婚活アプリは、結婚相談所のように独身証明書の提出を必須としていないものが多いです。
そのため、既に結婚をしているのに冷やかしや遊び目的で登録している人も稀にいます。
証明書の提出が少なかったり、月額費用が安ければ、気軽に利用できるので、その分真剣度が低い人も集まってしまいますので、相手をしっかりと見極めることが必要となります。

結婚に近づくために!失敗しない婚活アプリの選び方

利用者の多い婚活サイトを選ぶ

婚活サイトは利用者が多いほど出会えるチャンスが広がります。
さらには、男女比についても重要です。
例えば男性に偏っている婚活サイトであれば、1人の女性に対して数人の男性がアプローチをすることになるので、競争力が高くなってしまいますので、出会えるチャンスは減ってしまいます。
利用者が多く、同性の利用者が異性の利用者を上回っていて、自分がアプローチされて選ぶような立場になりやすい婚活アプリを探すことが重要です。
利用者数や男女の構成比については、婚活アプリのサイトに記載されていることが多いです。
チェックしてみましょう。

同世代の利用者の数で選ぶ

婚活アプリによって利用している年齢層も異なります。
20代の利用者が多い婚活アプリでは、30代よりも20代の方がマッチングしやすくなります。
また、年上の異性が好きな人や、年下の人が好きな人は、自分の理想とする利用者の多い婚活アプリに登録してみるのもお勧めです。
しかし、年代が違いすぎるとマッチングがなかなか上手くいかない可能性があるので、注意が必要です。

真剣度が高い利用者が多いものを選ぶ

男性は有料、女性は無料で使える婚活アプリもたくさんあります。
その場合、女性は無料だからお試しで登録してみようと考えて利用している人もいます。
そのような女性は結婚に対する真剣度が低いので、なかなか出会うことが出来ません。
男性が婚活アプリを選ぶ場合は、女性完全無料のものは避けたほうが良いかもしれません。
また、レビューや口コミを見て、真剣度が高い利用者が多いのかを調べてみるのも良いでしょう。

また、女性が婚活アプリを選ぶ際には、本人確認が必須のものやプロフィール欄に独身証明書や収入証明書のような書類の提出済みマークがでるようなものを選ぶようにした方が良いでしょう。
既に結婚している男性や遊び目的、業者といった真剣度の低い相手をある程度排除できるからです。

使いやすいシステムを選ぶ

使いつらいサイトを利用してしまうと、面倒になってログイン率が下がってしまいます。
ログイン率が下がってしまうと、相手からのアプローチに気づかないこともありますし、メッセージへの返信率も悪くなるので、出会いのチャンスを減らしてしまうことになってしまいます。
そのため、パソコンを開く習慣があまり無い人は、スマートフォン対応している婚活アプリがお勧めです。
また、アプリ版も配信している婚活アプリであれば、毎回ログインの必要も無いので、LINEのやり取りのような感覚でメッセージのやり取りが出来ます。

希望する条件で探せる機能があればなお良し

共通の趣味を楽しめる人、近くに住んでいる人など、相手に求める条件は人によって様々です。
そのため、細かい条件を設定して相手を探す機能がある婚活アプリやプロフィールや希望の条件からお勧めの相手を表示してくれる機能がある婚活アプリを選ぶと、より効率的に出会うことが出来るので、そのような機能がある場合は積極的に活用しましょう。

まとめ

婚活アプリは結婚相談所やお見合いと違って誰でも気軽に利用できるものです。
そのため、遊び目的や業者のような別の目的で利用している人も少なからずいます。
しかし、そのような真剣度の低い人たちが少ない婚活アプリや見極めることが出来れば、大変有用な出会いの手段です。
昔のような強制的なお見合いではなく、条件や趣味が合う人で探すことが出来るので、マッチングした後は、結婚まで意外と早いカップルも多いのではないでしょうか。

この記事に関連するキーワード