婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月23日 更新

「恋活」って何するの?婚活との違いと活動内容をリサーチ!

「恋活するぞ!」…ってなんだそれ?

「婚活(コンカツ)」と言う言葉は、すっかり定着しました。
みなさんもよく耳にしたり口にしたりすることでしょう。

では、恋活についてはどうでしょうか?

「恋活」と言う言葉を聞いたことはあるし、なんとなく使っているけれど、説明はできない。
そんな人は多いようです。

そもそも恋活って具体的に何するの?

いい出会い・いい恋のためには、恋愛の新しいトレンドを知ることも大切!
さっそく「恋活(コイカツ)」について学んでいきましょう。

「恋活」と「婚活」の違いとは

恋活アプリで異性を探すイメージ

恋活と婚活の違いが分からないという人はたくさんいるようで、もしかするとこれを読んでいるあなたも何が違うかわからない、という疑問を持ってご覧になっているのかもしれません。

男女が出会うことを目的にしたマッチングアプリも、「婚活アプリ」と「恋活アプリ」に分かれているようなのですが、何が違うのでしょうか。
「婚活サイト」と「恋活サイト」もあるようです。

“恋活と婚活の違い”はどんな定義でわかれているのか?
話題のひとつとして是非参考にしてみて下さい。

【恋活】とは何か

恋活とは、恋人を作るための活動や取り組みを指す言葉。
就活(就職活動)、婚活(結婚活動)などになぞらえた表現です。

すなわち、必ずしも結婚を前提とする相手を求めるわけではありません。
純粋に恋をしたり、恋愛に発展しそうな異性を探したりと活動することを総じて「恋活」と呼ぶのです。

【婚活】とは何か

婚活とは、結婚相手を見つけるための積極的な活動を指す言葉。
合コンやお見合いパーティーへの参加、結婚相談所や情報サービス会社への登録などが含まれます。

すなわち、その人と結婚しても良いかを本気で考え、経済力や包容力、思いやりや愛情、一緒に生活できるかといった細かな点をひっくるめて、将来を考え選ぶ活動をすることを「婚活」と呼ぶのです。

恋愛と結婚は別物である

恋活と婚活は、似ていて非なるもの。
それは、恋愛と結婚が同じものではないからです。

もちろん、恋愛の延長に結婚があるという考え方もあるでしょう。
ですから同じように、恋活の延長線上に婚活があるのだと言えます。

婚活と恋活の大きな違いは、求めるゴールが違うこと。
婚活は「結婚相手」を求めますが、恋活は「恋人」を求めるのです。

恋活って、いわゆる出会い系なの?

恋活に疑問を感じる男性
恋愛関係に限らず、「〇〇活」という言葉は増えています。

妊娠を目指す「妊活」や子どもを保育園にいれる為の「保活」。
円満な離婚を目指すための「離活」という言葉まであるそうです。

最近では、「パパ活」(肉体関係なしで金銭的支援をしてくれる男性との交際)なども話題ですよね。

さて、話を戻しましょう。

恋活は、恋愛を前提とした男女の出会いが目的。
行政が運営する街コンなどのイベントでは、婚活という結婚を前提とした堅苦しさを取り払う為に「恋活イベント」と呼ぶことも多いようです。

しかし一般的には、街コンや恋活パーティーなどのリアルイベントよりも、SNSやアプリ・恋活サイトなどのオンライン上の出会いを「恋活で出会った」と表現することが多いようです。

えーっと、つまり…
恋活っていわゆる出会い系と同じ?

恋活世代でない人、恋活という言葉になじみがない人からすると、いわゆる“出会い系”と混同する方が多いようです。

しかし恋活は、どちらかというと、よりクリーンでオープンなイメージ。

会社と家の往復や、決まりきった人たちとの出会いしかない日常生活では出会えないような、新しい人とのつながり・新しい出会いを増やすための「人脈活動」なのです。

メンタリストDaiGoが監修の人気アプリ▼

運命よりも確実に出会える【with(ウィズ)】

あなたが求めるのは恋活?婚活?

あなたが今、異性との出会いを求めているとします。
「まずは恋人がほしい」のか、それとも「結婚を考えている」のかを分析していくことが大切です。

もちろん恋活をしたからといって結婚できないわけではありませんし、いつか婚活をするかもしれません。
恋活でお付き合いした方と結婚するということも、じゅうぶんに有り得ます。

しかし、恋人を探したいのか結婚相手を探したいのかによって、行動するべきことも変わってくると言えるでしょう。

それでは、恋活をするべき人とはどんな人を指すのでしょうか。

恋活をするべき人の特徴・考え方

【1】とにかく一人で過ごす休日が憂鬱だ!
大型連休、夏休みや年末年始。
自分の誕生日やクリスマスなどの「ひとりで過ごしたくない日」はたくさんあります。

恋人向けのイベント時期に一人でいるのが寂しいから、一緒に過ごす人がほしい。
それも、じゅうぶんな活動動機です。

週末を一人で過ごしたくない…

【2】ちやほやしてくれる人が欲しい!
恋人のいない期間が長くなると、男としての魅力・女としての魅力がないのではないかと自信を無くしてしまうこともありますよね。
異性として見られたいという欲求は、きっと誰にでもあるものです。
「モテたい」「ちやほやされたい」という考えは、恋活向きだと言えるでしょう。

周囲の男性から、女性として扱われていない気がする…
恋愛対象として見てくれる人と話したい!

【3】異性を見る目を養いたい…!
長いこと恋人がいないと、異性を見る力が低くなる気がしてしまう人は多いもの。
「誰でもいい」とまでは言いませんが、基準が甘くなって「まあいいかな…?」と思ってしまうようです。

自分に余裕がある時には相手にもしないような異性であっても、ひとりでさみしい時・恋人がいないときにアプローチを受けると、良くみえてしまうのかもしれません。

恋活で、たくさんの異性とメッセージのやりとりをする中で、「自分の本当の理想」がわかってきたと話す人もいます。

【4】恋愛に発展するまでのドキドキを楽しみたい
片思いの期間や、恋愛に発展する前の駆け引きが好きだと言う人はいませんか。
「これって脈あり?」とそわそわしたり、どうすれば好きになってもらえるかを考えたり。

言葉にできないドキドキと胸が高鳴る感覚を味わいたいという人には、婚活よりも恋活が向いているでしょう。

【5】デートスポットや話題の場所に遊びに行きたい
話題の映画や、おでかけスポットに行っても、周りがカップルばかりでうんざりしてしまうという経験は誰しもにあるものかもしれません。

気になるお店があっても、恋人がいなければ行く資格すらないっていうのか…

上記の5つは、恋活をするべき人の共通点です。
このように思ってお相手を探したい場合は“恋活向き”だと言えるでしょう。

しかし、それよりももっと真剣に将来を考えたいという思いがあるのならば、婚活を考えてみてもいいのかもしれません。

実際に恋活をしている男女に、恋活をしている理由・具体的に何をしているのかをきいてみると以下のような意見がありました。

あなたが恋活をしている理由▼

「恋人探しです。職場に女性しかいなくて、出会いがないのでマッチングアプリで同世代の男性何人かとメッセージのやりとりしてます。」
,
「飲み友達が欲しいから。お酒が飲める女の子と出会いたいから。」
.
「マッチングアプリは今までに2・3個インストールしました。若い人ばかりかと思ったけど意外と同世代が多いです。(30代です。)」
.
「普通の合コンや友人の紹介では会えない人とも連絡が取れます。相手も基本的に出会いを求めているので、会える確率が高くて効率いいです。」

さいごに

婚活していたけれどちょっと疲れちゃった…という人も、婚活をお休みしてまずは恋活をしてみてはいかがでしょう?

少しリラックスして、まずは恋することを楽しむことも、とても有意義な時間です。

「恋愛から遠のいているから恋活したい」という人も、恋活の定義にとらわれすぎず自由な恋愛を楽しむことができるといいですね。

メンタリストDaiGoが監修の人気アプリ▼

運命よりも確実に出会える【with(ウィズ)】

この記事に関連するキーワード