婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月09日 更新

一生に一度の選択~結婚相手はどんな人がいい?~


私たちはみな、生きている限り、非常に多くの選択に迫られます。
家の購入や、大学の選択、職業選択など、たくさんのことを選んで生きていかなければいけませんよね。

もちろん、結婚相手の選択も同じです。
恋人ならたくさん経験を積んでみるのもいいですが、結婚相手はそういうわけにはいきません。

一生を共に過ごしていくパートナーとなるため、ことさら、慎重になるでしょう。
できることなら、いい相手と巡り会って素敵な結婚生活を送っていきたいですよね。

そのためにも、結婚相手はどんな人がいいのか、しっかりと見極めなければいけません。

皆さんは、結婚相手はどんな人がいいですか?
お金持ちの社長さんでしょうか。
それとも、モデルさんのような美人ですか?

皆さんそれぞれ結婚相手はどんな人がいいか、条件があるとは思いますが、今回は、中でも特に外したくない条件をいくつか紹介していきたいと思います。

結婚相手はどんな人がいいのかを明確にして恋活を始めるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

結婚相手はどんな人がいいの?恋愛とは全然違う!

皆さんも、結婚相手はどんな人がいいのか理想があると思います。
将来のビジョンも年を取るにつれてだんだんとわかってきますよね。

それでは、恋人を選ぶときに結婚も意識してお付き合いしていますか?

結婚を意識してきたら、結婚相手はどんな人がいいのか考えながらお付き合いしていく必要があります。

今お付き合いしている方は結婚したい方でしょうか?
結婚相手はどんな人がいいのか、ぜひ一緒に考えてみましょう!

恋愛と結婚を分けて考えよう

さて、結婚相手がどんな人がいいか選ぶ際にはお付き合いから始めていくと思います。

恋活でのお付き合いにせよ、恋愛をして付き合ったにせよ、恋愛してから結婚に踏み出していきますよね。

しかし、結婚相手をどんな人がいいか選ぶときに、恋愛と結婚を混同させてしまうと少し危険です。

「恋は盲目」と先人も言っています。
恋愛をしていれば、どうしてもパートナーを見る目が少し甘くなってしまうものです。

しかし、結婚相手がどんな人がいいかを選ぶ際に、それでは一緒に暮らしていくうえで大事なものが見えてこないかもしれません。

恋愛は、自分が好きだから、パートナーと一緒にいることができます。
しかし、結婚相手ともなるとそうはいきません。

結婚の場合、自分の人生だけでなく相手の人生、ご両親や子供の人生にまで関わってきます。

好きな人だから一緒にいるというのももちろん大切ですが、人生を共にするうえで気になることはありませんか?

例えば、きれいで可愛かったから付き合ったけど、彼女が母になったときでも愛していられるでしょうか。
子育てはできそうなパートナーでしょうか。

自分の結婚相手はどんな人がいいのかという考えを、できるだけ共有できるような方がいいですよね。

恋愛ではなく、結婚相手としてどんな人がいいのか、ぜひ考えてみてください。

付き合ってみて、わかることもたくさん!

結婚相手はどんな人がいいのかという理想はたくさんあると思います。

しかし、付き合ってみて初めて分かるパートナーのいいところというのもたくさんあると思います!

結婚相手がどんな人がいいか、それに沿って最初から付き合う人を選ぶ方はなかなかいないと思います。

ですが付き合ってみるとさらにいい面が見えたり、結婚相手はどんな人がいいかを考えたりした時に、不安な点も見えてくると思います。

特に、同居を挟むというのは相手を知るうえでとてもいい手段になります。
通い婚や遠距離婚でもない限り、パートナーとは一緒に住むことになります。

パートナーの生活パターンを知ることで自然と合うか、合わないかが見えてくるのではないでしょうか。

どんなに親しい間柄でも一定間の距離は必要です。
距離をつかんだり、縮めたりするために同居はお勧めです。

そのような面を考えたうえで、実際に結婚に乗り出すのが、恋愛の役割でもあり、いい結婚のポイントにもなると思います。

結婚相手はどんな人がいい?理想の相手の条件とは

さて、それではさっそく、結婚相手にはどんな人がいいのか、実際の具体例を使っていくつか紹介していきたいと思います。

皆さんそれぞれ、絶対譲れない条件やおさえてほしい条件など、結婚相手がどんな人がいいのかという考えはあると思います。

ぜひ、こちらも参考にして、結婚相手はどんな人がいいのか考えてみてくださいね。

金銭感覚が合う人を選ぼう!

まず結婚相手がどんな人がいいかで重要になってくるのが、金銭感覚が合うかどうかです

結婚して生活していくうえで、お金の管理はとても大事になってきますよね。

お財布を奥様が握ったり、旦那様に任せたり、個人個人だったりとご家庭によっても様々だとは思いますが、金銭感覚の一致は結婚生活においてとても大事です。

例えば、食事や買い物一つとっても、金銭感覚が違えば行動を起こすのが難しくなってしまいます。

金銭感覚が合わない方の場合、子供の教育方針にもかかわってきてしまいますよね。

肝心な時にお金をやりくりできるようにしておくためにも、金銭感覚は同じような方と結婚しましょう。

味覚が合う人を選ぼう!

味覚に関しては、結婚相手はどんな人がいいかを選ぶときだけでなく、恋人を選ぶ際にも重要なポイントですよね。

「男性の心は胃袋でつかめ」とも言いますし、味覚というのは一緒に生活してくうえで大事なことです。
味覚が合っているカップルは、味覚だけでなく性格的な相性もいいとされています。

お互いに夫婦で別の物を、食べられるときに食べるという夫婦もいるとは思いますが、子供ができてしまったらそう簡単にいきません。
家庭の味で、子供を一緒に育てていく必要が出てくるからです。

また、料理に不満があるまま一緒に生活していくというのもなかなか苦しいですよね。
お互いに気持ちよく生活していくためにも味覚というのはとても大事だと思います。

真面目な人を選ぼう!

最後に重要なのは、結婚相手はどんな人がいいかを選ぶときに、真面目な人を選ぶことです。

真面目というのは単純に、几帳面な人や仕事熱心な人、ということではありません。

人として最低限の常識、すなわち「モラル」を備えている人ということです。

モラルの備わった人は、一般的にあなたや子供を愛してくれるパートナーになる可能性が非常に高いです。

昨今、内縁の夫が妻の子供を虐待して殺してしまうなど、モラルの低い、痛ましい事件が後を絶ちません。

真面目にあなたやその家族のことを考えてくれる人であれば、安心して人生を共にしていくことができますよね。

お互いのためにいい関係を築くことができる人を見つけていけたら、結婚相手がどんな人がいいのか自然と答えは見つかると思います。

結婚相手に選ぶのはどんな人がいいのか!

さて、ここまでで結婚相手に選ぶのはどんな人がいいのかを詳しくお話してきました。

結婚相手がどんな人がいいかは、人それぞれ全く異なる見解があると思います。

しかし、結婚相手に選ぶのはどんな人がいいのかは、恋愛とは違ってしっかりと人生を考えて、吟味していかなければいけません。

恋愛を楽しむのではなく、一緒に生きていくパートナーとして、素敵な方を選んでいきたいですね。

結婚相手はどんな人がいいのかについて考えることは、ご自身がどんな人生を送っていきたいかに深く関わっています。

子供に一生を捧げるもよし、仕事の両立を考えるのも、また、よしです。

自分の生活スタイルに合った結婚相手を、どんな人がいいのか検討してみてくださいね。

この記事に関連するキーワード