婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

幸せな結婚をするには?今すぐ知りたい相手選びのポイント5つ

結婚は人生の重要な節目。
結婚を意識しつつも、この大きな節目を前に漠然と不安や疑問を感じる方もいることでしょう。
そこで、幸せな結婚をするにはどんなことに注意を向けたらよいのか、この記事では相手の選び方という切り口からお伝えします。

相手の男性を複数の選び方から見ることで、より良い相手選びを目指しましょう。

結婚できる人とできない人はどう違う?

結婚について意識し始めたあなたにとって、真っ先に考えるのは相手のことでしょう。

しかし、その前にあなた自身の結婚に対する姿勢についてチェックしてみましょう。
ここでは、そもそも結婚できる人とできない人にはどんな違いがあるのかを見ていきたいと思います。

どんな相手がよいのか具体的にイメージする

あなたには結婚相手としてどんな人がよいのか、具体的なイメージはありますか。
もちろん、今の時点でまだぼんやりとしていてもかまいません。

しかし、結婚を考えるにあたって意外にもおろそかにされがちなのが、この結婚相手のイメージなのです。

あなたの結婚生活にとって何を大切にしていきたいのか。
これを明確にすることで相手選びも容易になりますし、また相手にどんな結婚生活にしたいかを伝えることで、結婚後の価値観のズレは生じにくくなるでしょう。

ただし、「こういう人でなければ絶対に嫌!」と頑なに決め込む必要はありません。
それは、どんな人が自分に合っていると思うかは、出会いを重ねる度に変化し得るものだからです。

どんな相手が良いかは柔軟に変えながらも、結婚生活に対する具体的なイメージを持つように心がけましょう。

自分磨きの方向がずれていない

相手からより魅力的に見られるために、自分磨きをすることは良いことです。
ただし、「何を磨くか」には注意が必要です。

何かの習い事をするというのも1つの選択肢ですが、結婚という目的とあまりにもかけ離れた習い事をしても、男性へのアピールになるかは疑わしいのです。

ですので、掃除や料理、コミュニケーションのとり方など、結婚生活に直接役立つ自分磨きがおすすめです。

せっかくの自分磨きが結婚を度外視した自己満足とならないよう、注意しましょう。

相手を理解し尊重しようとする

結婚生活は当然のことながら、あなたとお相手の男性の2人で成り立つものです。
時には意見や感じ方の違いも生じることでしょう。

しかし、そんな時に自分の意見を相手に強いたり、相手の考えを無碍に否定したりといったことが日常茶飯事になれば、結婚生活は非常に不愉快なものとなります。

自分の思い通りにしようとするのではなく、相手の意見や考え方を受け入れつつも、自分の素直な気持ちを伝えるようにしましょう。
相手を理解し、時に尊重できる人は、結婚するには魅力的な女性と見られるでしょう。

結婚する相手はこう選ぶ~5つのポイント~

ここまでは、幸せな結婚をするにはどんなことが役立つかを、結婚できる人の特徴から明らかにしてきました。
ここからは、結婚するにはどのように相手を選んだらよいかを見ていきましょう。

好きというだけで相手を選ばない

「結婚するなら好きな人としたい。」
このように考える人は多いでしょう。
しかし、「好き」という感情はいつまでも続くかどうかは分かりません。

容姿がどんなに良くても、年齢とともに変化しますし、加齢で老けた姿をいつまでも好きでいられるとは限りません。

性格についても、自分を引っ張ってくれるところが男らしくて好きという人もいるかもしれませんが、裏を返せば強引で自分勝手とも言えます。

あなたが今、どんなにお相手の男性を「好き」だとしても、その好きなところが結婚生活に役立つかどうかは全く別問題なのです。
ですので、単に「好きだから」で相手を選ぶのではなく、彼と居心地の良い、快適な生活はできるのかどうか、という観点が結婚するには必要です。

結婚する気が無い男性は避ける

結婚するには、結婚する気の無い男性とは付き合わない。
当たり前のようですが、どんな男性が結婚する気がないのでしょうか。

まず、遊び目的の人です。
口では結婚する気があるかのように言います。

しかし、実際は収入が不安定のままで収入安定の目途がつかなかったり、自分の都合や生活を最優先にして全くあなたに配慮しようとしなかったり、結婚後の生活について具体的に意見交換ができなかったりと、裏腹の行動や言動が見られます。

また、夢を追いかけていて収入が安定する目途が立たない人も、すぐに結婚するには不向きと言えます。
このような男性は結婚する気がないわけではなくとも、自分の夢の実現を最優先に考えて結婚を先送りにしてしまう可能性があります。

一緒にいて苦痛にならない相手を選ぶ

結婚をすれば長く生活を共にしてゆく人ですから、一緒にいて苦痛にならないような男性を選ぶことが大切です。
結婚してから、「こんな一面があるとは知らなかった」では遅いので、交際の段階から相手の振る舞いや価値観を事前に観察しておきましょう。

例えば、お金の使い方。
お金の使い方によっては離婚の直接的・間接的な原因になりかねないので、浪費癖や過度な倹約がないかなど、相手の金銭感覚がどういうものかを知っておきます。

また、食事の仕方。
相手によってはクチャクチャ音を出して食べる人もいます。
結婚後に、相手の食べ方があなたの都合のいいように変わる、ということはまずないでしょう。

さらに、家庭に対する価値観。
特に家事をどのように分担するつもりなのかを知っておいたほうが良いでしょう。
家事は一方が全般的に受け持つのか、それとも2人である程度協調して行うのかなど、納得のいく役割分担ができそうなのか見極めておきます。

こういった価値観や立ち居振る舞いに極端な違和感があるならば、結婚するにはふさわしくないかもしれません。

安定した収入がある相手を選ぶ

相手を値踏みするような話ですが、結婚後の経済状態が安定していることは重要です。
というのも、結婚生活を維持するにもお金が必ず必要になるからです。

2人とも仕事をしている時はそれほど気にならないでしょうが、いざ妊娠・出産・子育てとなれば、あなたが働けない分だけは収入が減りますし、子供の養育にもお金がかかります。
また、家庭内不和の原因には直接的にも間接的にも金銭問題が絡んでいます。

家計にある程度ゆとりがあれば家庭が円満化するのも事実ですので、安定した収入源があるかどうか、経済面からの相手選びも結婚するには必要です。

他人への態度から相手の一面を知る

普段、交際中のあなたに見せない相手の顔を知っておくことも、結婚相手を選ぶ上で大切なポイントです。
というのも、あなただけにはいい顔をして、実は他人にはとても乱雑に接する場合もあるからです。

こういう男性は、結婚後にあなたにも同様に乱雑な接し方をしてくる可能性があります。
相手の男性が友人や知人、食事先や買い物先の店員にどういった態度をとっているのか、知っておいた上で結婚したい人かどうかを見極めましょう。

幸せな結婚をするには?

ここまで、結婚相手の選び方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

より幸せな結婚をするには何が必要でしょうか。
言うまでもなく、結婚はあなたのその後の生活を大きく変える人生の一大イベント。
だからこそ、一時の感情で先走って相手を選ばないことがポイントです。

どんなに好きな男性でも結婚にふさわしくない人もいますし、容姿が好みでなくとも収入などの条件がそろって結婚にふさわしい男性もいます。

「好きか嫌いか」という1つの基準ではなく、この記事を参考に複数の基準から相手を見極め、幸せな結婚を実現してください。

この記事に関連するキーワード