婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

アラサー男女の婚活費用はおいくら?婚活費用をおさえる方法とは?

アラサー男子、アラサー女子のみなさん!
婚活は順調ですか?
実は婚活は長くなると、結構お金がかかります。

婚活費用を節約するために・・・
どんなことにどれだけお金がかかるか知っておくと、自分に最適な婚活の方法を選ぶことができますね。

では、婚活費用のあれこれと、費用をおさえるコツについて、お伝えしていきましょう!

まずは、男女別!シーン別!婚活費用の内訳から・・・

アラサー婚活の費用~男性の場合~

婚活パーティー編

古くは、「パンチDEデート」、「プロポーズ大作戦」、「ねるとん紅鯨団」、「ウェディングベル」などのテレビ番組の影響を得てか、一般の人の間でも、カップリグパーティーがメジャーになりました。
カップリングパーティーの参加年齢は幅広く、アラサーに限らず、20代からシニアまで参加しています。

男性の参加費用は、1回4000円程度です。
男性の方が女性より高く設定してある場合がほとんど。
飲み物と軽食が用意されることが多いようです。

費用だけみれば、職場の飲み会と同じか、ほとんど変わりませんね。

婚活サイト編

費用は、月3000円程度かかります。
大手婚活サイトでは、登録自体は無料が多いです。
毎月定額の利用料がかかります。

結婚相談所編

結婚相談所は、個々の希望条件に合う相手を、登録者の中から検索し紹介してくれます。
さらに、専門の結婚アドバイザーが、出会いから交際までお手伝いしてくれるところも。

本人確認~専門的なアドバイスまで、手間隙かかっていますので、当然費用も高く、入会金で10万円程度、年間活動費用20万円程度かかります。
成婚したあかつきには、さらに成婚料を払わなければならない結婚相談所も。

合コン編

合コンはまさに男女の飲み会なので、1次会で4000円程度かかります。
盛り上がって、2次会でカラオケなどに行くことになれば、さらに費用がかかりますね。
合コンサイトでは、男性が女性の倍、費用がかかっています。

個人的な合コンなら、費用の男女比はまちまちです。

アラサー婚活の費用~女性の場合~

婚活パーティー編

女性の場合、無料~3000円程度の費用がかかります。
だいたい、男性の半分ぐらいの料金と思っていればよいでしょう。
あらかた洋服をもっているアラサー女性にとっては、洋服代の心配は不要です。

婚活サイト編

男性同様、月に3000円程度かかります。
女性だけ、月々の費用を無料に設定しているサイトも。
また、無料会員と有料会員で、サービスの内容を変えているサイトもあります。

結婚相談所編

こちらも男性同様、結婚相談所を利用する場合は、数十万円かかります。
やはり、年間で考えると、トータルで30万円程度はかかるでしょう。

合コン編

女性の場合は、1回あたり3000円~4000円でしょうか。

合コンに関連して、街コンも女性に人気です。
費用は合コンと同じぐらいかかります。

ざっと、それぞれのアラサー婚活の費用を見てきましたが、費用だけで考えては婚活の目的を達成することはできません。
つまり、費用がおさえられても、肝心の結婚相手とめぐりあえなければ意味がないのです。
アラサー婚活にとって、結果を出すことは何より重要になります。

そしてできれば、安く確実に結婚相手を見つけられる方法があれば、一番よいですね。

次は、それぞれの婚活手段の費用対効果について考えていきましょう。

アラサー婚活の費用対効果

婚活パーティーの場合

アラサーの婚活パーティーでは、20名程度の異性と会うことが可能です。
各婚活パーティーには、参加条件があるので、自分の条件に合ったパーティーに参加できます。
つまり、お付き合いの相手になりそうな相手と知り合う可能性は、高いといえるでしょう。

1回の費用としては高くないのですが、数多く参加するとなると、それなりにかかります。
何度目かで運命の相手に出会えればよいのですが、毎週婚活パーティーに参加し、気になる相手とは別にお試しデートをするとなると、月2、3万円以上となることも。
費用として考えたときには、数多くのパーティーに参加するより、確率の高いパーティーにしぼって参加した方がよいでしょう。

また、パーティー後のフォローがないので、連絡先を交換だけしてその後の進展がない場合も多いのが実態です。
チャンスをものにできるかどうかは、あなた次第です!

婚活サイトの場合

婚活サイトの場合、家にいながらにして婚活ができるので、相手探しのための時間や交通費を節約することができます。
ただし、相手に関しての情報が正確かどうかは疑問です。
実際に会ってみたら、事前情報と全く違っていることもありえます。

他の婚活ツールに比べ、コストはかかりませんが、はずれサイトを利用してしまうと、なかなかよい相手に会えません。
利用する場合は、個人情報の管理がしっかりしていて、自社サイトのパトロールを行っているような、信頼できるサイトを利用した方がよいでしょう。

結婚相談所の場合

費用はかなりかかります。
しかし、学歴や職業については、証明書の提出を求めている結婚相談所もあり、プロフィールの信用性は高いといえるでしょう。
また、結婚願望の強い人が登録しているため、お付き合いから結婚に結びつく可能性は高いです。

コストパフォーマンスとしてよいとはいえませんが、経済面に余裕があり、確実に結婚したい人にはお勧めします。
アラサー世代は、蓄えが少しずつできている頃ですから、金銭的に登録できる可能性は大です。
利用金額が大きいですので、成婚料の有無などは事前に確認しておきましょう。

また、婚活初心者にとって、結婚アドバイザーの存在は心強いものです。

高い費用をかけたからには、なんとしてでも結婚まで持ち込みたいものです。
どんな人が登録しているのか?登録者数は?成婚率は?など、各結婚相談所を比較してから決めた方がよいでしょう。

合コンの場合

合コンの目的は人それぞれです。
単に楽しみたい人から、彼氏彼女がほしい人まで様々います。
1回の費用は低いのですが、結婚につながるような相手と出会える可能性は、低いといわざるをえません。

つまり、費用対効果は低いといえるでしょう。
合コンは、結婚のためというより、コミュニケーションスキルを磨くため、恋愛スキルを上げるためのもの、と考えた方がよいですね。

次に、少しでも婚活費用をおさえるにはどうすればよいのか?
一緒にみていきましょう。

婚活費用をおさえるコツとは

信頼できる婚活サイトを利用する

費用をおさえるという意味では、婚活サイトはお勧めです。
婚活サイトを通して出会い、結婚するカップルは増えています。
会ってみたら思っていた人と違った・・・なんてこともあるでしょうが、逆の場合もありえますね。

女性なら無料で利用できるものもあります。
安全なサイトであるなら、複数登録してもよいでしょう。

クーポンを利用する

婚活パーティーの場合、ネットで申し込むと割引になったり、早割りのサービスがあったりします。
また、結婚相談所では、期間限定で値引きをしているところも。
費用をおさえるために、ネットなどで情報収集し、使えるものは使いましょう。

自分に合った婚活の方法を選ぶ

もし婚活がうまくいかないなら、他の方法はないか考えてみましょう。
なかなか婚活がうまくいかないようなら、思い切って結婚相談所に登録してみてもよいですね。
社交的な人は、婚活パーティーに参加し、積極的にアタックしてみてもよいでしょう。

今のあなたの婚活の方法は、自分に合っていますか?
ちょっと振り返ってみましょう。

アラサーにとって、残された婚活の時間は決して多くはありません。
婚活は時間がかかればかかるほど、費用がかさみます。
自分に合った婚活をすることで、婚活期間を短くすることができるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今まさに婚活中のアラサー男女に向けて、情報を発信させていただきました。
婚活の費用は少ないほどよいのでしょうが、結果を出すためには、自分の目的とタイプにあった手段を選びましょう!

この記事に関連するキーワード