婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年09月18日 更新

アラフォー婚活男性が陥る「5つの勘違い」需要が高いは嘘!?


婚活をしている女性と男性。
同じアラフォーでも、男女で意識が違ったりもします。

男性のアラフォーは婚活でモテる!?

男性はいくつになっても婚活は成功すると思っている人が多い傾向があります。
アラフォーで婚活をしている男性はあまり焦っていないのも、そのせいかもしれません。

しかし、本当にアラフォー婚活をしている男性は、焦らなくても問題がないのでしょうか?

アラフォー婚活をしている男性は、婚活を始めてみて、ようやく婚活が甘くないということに気が付くのです。
もしかしたらそれは、男性が“高望み”をしているからかもしれません。

「アラフォー男性は婚活でモテる!」

そう信じている人がまだまだ多いんですね。

テレビの特集やWEBメディアでは、「40代の男性が若い女性にウケている」と報じられることもあります。
しかし実際のところは、婚活市場で若い女性がこぞって40代の男性を求めるなんてことはありません。

20代の女子が言う「40代も全然アリですー♪」と言うのは、福山雅治・西島秀俊・阿部寛などの特殊なケースを指していると思った方がいいでしょう。

男性版!アラフォー婚活のリアルなデータ

数値検証するアラフォー男性
アラフォー婚活は楽勝なのか?
それとも本当に難しいものなのか?

まず初めに、アラフォー婚活のリアルな数値データから見ていきましょう。

アラフォー男性の未婚率

アラフォー男性の未婚率は、どれくらいでしょうか。
国勢調査結果によれば35歳から39歳の男性の未婚率は36.7%。
そして、40歳から44歳の男性の未婚率は30.3%です。

つまりアラフォー男性の3人に1人は未婚であることがわかります。

男性の未婚率推移

年齢を重ねるにつれて、未婚者は減っていきます。
30代前半のころには、半分は独身だったのに35才を超えるとみるみる結婚していくのです。

あなたも、心当たりがあるのではないでしょうか。

一生独身!?生涯未婚率とは

生涯未婚率とは、50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合を見るもの。
統計上は、50歳の時点で一度も結婚したことがない男女を「生涯未婚者」と呼びます。

生涯未婚率の推移グラフ

男性の生涯未婚率はなんと22.1%。
4.5人に1人が生涯未婚(50歳まで結婚できない)ということがわかります。

これは、決して少なくない数値。
アラフォー世代の婚活は、決して楽勝ではないということがわかります。

アラフォー男性の婚活における「勘違い」

勘違い男性に喝
アラフォー婚活をしている男性が高望みをしてしまうのは、「ある勘違い」をしているからかもしれません。

高望みを誘発してしまう婚活男性の勘違いとは何なのか、見ていきましょう。

【勘違い】自分は若く見られる

アラフォー婚活をしている男性の勘違いで多いのが、「若く見られるから婚活もうまくいくはずだ」というような勘違いです。

この勘違いを持ったままでいると、婚活が成功する可能性も低くなります。

女性が希望する結婚相手の年齢は、あくまでも見た目ではなく実年齢の希望。
ですから、「若く見えればカバーできる」のではありません。

女性の多くは「もし子供が生まれたら」と考えながら婚活をしています。

「子供が育った時に、父親が年上すぎると不安。一緒にパワフルに遊べないお父さんじゃ嫌よね」
「いま45歳の人と結婚したら…子どもが高校生になる前に、旦那が定年を迎えちゃうってことなのよね。学費が心配かな。」

このように、どれだけ若く見えようが、婚活ではあまり意味はないのかもしれません。

とはいえ、若々しくて活力があふれている男性は魅力的!
若く見られる努力・加齢に抗う努力をすることはとても大切です。

しかし「若く見えるからモテる」といった勘違いは封印しておきましょう。

【勘違い】アラフォー男性は需要が高い

アラフォー婚活をしている男性が勘違いしがちなこと。
それは、アラフォー男性は需要が高いから婚活もうまくいく!という思い込みです。

アラフォー男性はモテる。
若い女性は、40代の男性が好き。
30代よりも、40代の方が魅力的に思われやすい。

…本当でしょうか?
これはいくらなんでも楽天的すぎます。

アラフォー男性の需要が高いのは、すべての男性に当てはまるわけではありません。

アラフォー男性「なのに」格好いい。
そんな男性の需要が高いというだけなのです。

女性が言う「アラフォー男性ってすてき♪」というのは、アラフォー男性全体を言っているのではありません。

特定の男性(例えば西島秀俊や藤木直人のような俳優)を指していたりします。
つまり、それ以外の超普通の一般的なアラフォー男性のことは、そこには含まれていないのです。

これを知ると、勘違いからの高望みがいかに無謀であるかわかるでしょう。

【勘違い】年上らしさ=上から目線

アラフォー男性の中には、年上らしさ・大人の態度を間違えている男性もいます。
上から目線で話すことが、年上らしさだと勘違いしている人がいるようです。

確かに、アラフォーになるといろんな経験を積んでいることでしょう。
日頃、相手にアドバイスを求められる場面も多いのかもしれません。

しかし、覚えておいてほしいのは、恋愛の場面ではそれは通用しないと言うこと。
女性とあなたとの関係については、決して“あなたが上”ではないということです。

あなたは女性に丁寧な言葉で話していますか?
しっかり相手を尊重できていますか?

恋愛は年齢や経験で推しはかるものではありません。
女性を対等に見る姿勢が大切なのです。

【勘違い】婚活サービスははモテない人が使うもの

「お金を払って婚活するなんて、モテない人がするものだ」と勘違いしていませんか?

結婚相談所や婚活サイトは結婚を真剣に考えている人が多く集まります。
だからこそ、結婚意欲が高い女性に会うことができ、効率的に出会うことができるのです。

婚活サービスを利用するメリットはたくさんあります。
必ずしもモテない人が利用するものだという偏見は持たない方が良いでしょう。

【勘違い】妥協はダサいと思っている

アラフォー男性の中には、なかなか理想が下げられない男性が多いです。
せっかくこの年齢まで結婚してこなかったのだから、妥協はしたくないと考えるようです。

しかし、本当に妥協は必要ないでしょうか?

妥協と聞くとマイナスなイメージがあります。
負けた・折れた・諦めた。
そんな印象ですよね。

しかし見方を変えると、リスクを抑えた最良の選択肢でもあるのです。

例えば、若くて綺麗な女性と出会いたいとしましょう。
しかし、そんな女性の多くは自分よりもっと若くてスペックの高い男性をと結婚することでしょう。

そうなってしまったら、最悪の場合、あなたは一生独身。
結婚できないままさみしい老後を迎える可能性が高くなる一方です。

しかし、妥協してみましょう。
30代後半・もしくは同年代。
選択肢を広げると、運命の女性と出会えるかもしれません。

妥協と言っても、ダサくてかっこ悪いことではないのです。
最良の選択ができる、判断力があると言うこと。

婚活を成功させるためには必要な判断です。
時に自分が幸せをつかむための最良の選択肢になりうることを覚えておくべきでしょう。

セキュリティ面も安心の優良婚活サイト▼

結婚につながる恋を探したいならブライダルネット【公式サイト】

結婚の近道!「自己評価&恋愛力」と向き合うべし

「今は忙しいし、50くらいまでに結婚できればいい」
「どうしても結婚したい相手が現れたら、結婚考える」
「妥協してまで、嫁なんていらない」

それは、あなたの本心でしょうか。

もしも、心のどこかで「本当は結婚したい!家庭を持って落ち着きたい!」と思う気持ちがあるのなら、行動を起こさなければなりません。

まずは自分自身が “恋愛でどうなりたいのか” を考えてみることがおすすめ。

「どんな女性が、自分のことを好きになってくれるのか」と、消去法のように嫁候補を探していても、なかなか“答え”に行きつくことが出来ず、あなたの悩みは深まるばかり。

「自分はどんな恋愛をしたいのか」を考えれば、逆算で「どんな相手を選べば恋愛がうまくいくのか」ひいては「どんな女性と結婚するべきなのか」がわかるものです。

「物静かな女性がいい。休日はそれぞれの時間を過ごしたい。」
「毎週会いたい。甘えてくれる彼女がいい。」
「インドアデートを楽しみたい。一緒に料理したりとか。」

そんな風に、付き合ったらどう過ごしたいのかを具体的に考えてみると、理想の女性像がグッとリアルになるでしょう。

自己評価と向き合い、恋愛力を調べる方法

なかなか結婚できないアラフォー男性の共通点。
それは、自己評価が適正ではないということです。

自分の価値を過大評価して、高望みばかりしてしまったり。
逆に、「俺は結婚には不向き」と過小評価して、うじうじしてしまったり。

そんな男性は、女性にとって魅力的でしょうか…?

自己評価が適正でない男性は、貴重な時間を浪費して“彼女いない歴”をどんどん長引かせてしまいます。
あなたの【本当の恋愛力】はどれくらいなのでしょうか。

自分自身の恋愛観(結婚観)を、客観的に見つめ直すのは難しいことです。

しかし、あなた自身の恋愛の“強みや弱点”を自分でよくわかっていないと、女性とうまくいきません。
このままでは、本当に一生独身になってしまいます。

「自分自身の恋愛力」がわかっていないために恋愛がうまくいかない男性は、とても多いんです。

あなたの「恋愛力」を正確に知る方法とは?

客観的な診断のためには、ツヴァイの恋愛傾向診断(無料テスト)がおすすめです。

「診断テスト」というと、“おまじない”とか“占い”の類だと思っていませんか?

診断テストは、精度の高いきちんとしたものを選べば、あなたの今後の恋愛・さらには結婚相手を選ぶ場合において、かなり貴重なデータになります。

ツヴァイの恋愛傾向診断(診断テスト)は30の質問に答えるだけで、恋愛に必要な6つの力を測ることができます。

恋愛傾向診断の流れ

共感度・ポジティブ度などの、独自の観点で、あなたの恋愛の強みと弱点をわかりやすく“数値化”してもらえるので、今後の恋愛や婚活に役立つに違いありません。

あなたは、自分の恋愛傾向や恋の弱点を知っているでしょうか?
まずは、いままでの恋愛とじっくり向き合って、恋愛偏差値を受け入れることも大切なんです。

恋愛傾向診断の中身

恋愛がうまくいかない方の多くは、自分自身の恋愛傾向を客観視できていません。
まずは無料「恋愛力」診断テストを受けてみましょう。

アラフォー男性の婚活における「高望み」

何故、アラフォー婚活をしている男性は婚活をしても結婚できないといったことが起こるのでしょうか。

それは、アラフォー婚活をしている男性が高望みをしているからといった理由が出てきます。

とはいえ、無意識に高望みをしていることが多いため、高望みをしているかもしれないことを提示しても、中々自覚はしづらいですよね。

そこで、アラフォー婚活をしている男性がしがちな高望みを集めてみましたので、自分に当てはまっていないか見ていきましょう。

年下と結婚したい

婚活をしている男性は、アラフォー婚活をしている男性でなくても年下を望むことが多いです。

しかし、年下を望んでいても年下の女性が年上の男性を望んでいない限りは年下と結婚することはできませんよね。

国立社会保障、人口問題研究所が2015年に行った第15回、出生動向基本調査によれば、18歳から34歳の未婚女性が希望する結婚相手の年齢差は、年下が3.9%で同じ歳が28.4%、1歳から2歳年上が29.6%と多く、3歳から4歳年上が20.6%と少し低くなり、5歳から6歳年上が12.0%ともっと落ち、7歳以上年上が5.6%とぐっと低くなったという結果が出ました。

アラフォー婚活をしている男性が求めている年下の女性とは、大体が7歳以上年下である場合が多いため、この人口問題研究所による調査を見ていくと、年下の女性は倍率がとても高いことがわかります。

需要があっても供給が追い付かない、といったイメージでしょうか。

結構年上でも問題ない、といった女性が少ないことがこの調査でわかる以上、高いスペックを持ち合わせていないと年下女性に興味を持ってもらえない可能性があることもわかります。

つまり、年下と結婚したいと思うことも、実は高望みのうちのひとつになってしまうわけです。

同じ年齢くらいの女性との結婚であれば、確かに子供を望めないかもしれないといった問題も出てきますが、年下を望みすぎる高望みを持ち続けていても、結婚できない時間が過ぎていくだけになってしまう可能性も出てきます。

年下じゃないと絶対嫌だ、という高望みをいったん捨ててみることも、アラフォー婚活には必要です。

料理・掃除・洗濯が完璧な女性がいい

アラフォー婚活をしている男性がしがちな高望み、それは年齢の他にも「料理・掃除・洗濯が完璧な女性」といった家事を完璧にこなすことのできる男性にとっては夢のような女性を高望みしている場合があります。

確かに、家事を完璧にこなせる女性は魅力的に映るでしょう。

しかし、そういった女性は引く手あまたです。

家事が完璧であるということは、どの男性からしてみても魅力的であるため、そういった女性がアラフォー男性にしか興味を持てないと言った人ではない限り、望みは薄いと思っておいた方がいいでしょう。

また、女性は家事を完璧にこなすものだ、と思っているアラフォー婚活をしている男性もいるかもしれませんが、それも高望みに入ります。

人には得意不得意があり、それは性別がどうだとか、そういった話ではありません。

なので、女性でも家事が苦手な人もいますし、上手な人もいるものであるため、アラフォー婚活を成功させるためにもこういった高望みはしないほうが無難でしょう。

結婚して、相手に専業主婦になってもらいたいからこその高望みなのであれば、付き合っていく過程で家事を頑張ってもらえないかまず打診をするなどして、最初から家事ができる女性であることを求めることをやめてみましょう。

アラフォー男性が婚活を成功させるには

アラフォー婚活をしている男性が婚活を成功させるためには、どういった点に注意していけばいいのでしょうか。

これまでのアラフォー婚活をしている男性がしがちな高望みや勘違いを踏まえて見ていきましょう。

とにかく高望みをやめる

アラフォー婚活をしている男性が婚活を成功させるためには、とにかく高望みをやめてしまうことです。

高望みをすることで視野も狭くなってしまっているため、高望みをして良い事は何もありません。

相手のせいで失敗したくない、こういった気持ちもあって高望みをしてしまうアラフォー男性もいるかもしれませんが、結婚とは失敗の連続であり、それを2人でどう乗り越えていくかという課題があるものであるため、相手に高望みをして失敗を恐れたとしても、意味がないのです。

高望みをするよりも、一緒に試練を乗り越えていけそうな思いやりを持てる相手を探すようにする方が結婚生活もうまくいきやすいため、視野を狭めてしまう高望みはなるべく早く捨てるようにしてみてくださいね。

まずは自分を知ることから!自己分析はこちらから▼

無料で試せるツヴァイの【恋愛傾向診断】をやってみる

己を知る

アラフォー婚活をしている男性が婚活を成功させるためには己を知る必要もあります。

己を知ることで、相手に望むことに対して寛容になれる場合があります。

自分は婚活市場において、どういう立ち位置であるかなどをよく知ることで婚活を有利に進めることもできますから、冷静に自分を振り返ってみてください。

良い婚活にするためにも、今一度自分を客観的に見るようにしてみましょう。

参考になれば幸いです。

この記事に関連するキーワード