婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年11月15日 公開

出会いない!辛い!と感じている社会人集まれ!!お勧めの出会い方を教えます

近年、結婚相手どころか恋人すらいないという20代から30代後半の社会人が増えてきています。
これは趣味や仕事などに時間を割くことを優先するあまり、恋愛や結婚を後回しにしてしまう人が増えているせいということもあるでしょう。

また社会人になると、学生であったときよりも積極的に出会いを探しにいかなければ恋人どころか新しい出会いを得ることもできません。

ここでは『出会いがなくて辛い』と感じている人にお勧めの出会い方を紹介していきたいと思います。

あなたが求める出会いはどっち?

社会に出てしばらくは新しい環境に慣れるために忙しいと思います。
しかし、ようやく落ち着いて『恋人をつくりたい』『結婚相手を探したい』と考えたときに、「思うような相手との出会いがなくて辛い…」と感じる人も少なくないはずです。

とくに、職場に同世代の異性や気になる異性がいない場合は、職場恋愛といった社会人にとってオーソドックスともいえる出会いは望めません。
さらに職場までマイカー通勤をしている人は、通勤途中で出会いを求めることも難しいでしょう。

もし「出会いがない」「寂しくて辛い」と感じているのであれば、あなたから積極的に出会いを探しにいくことが必要です。
またその際、あなたに合った出会いの方法を実践することが、より今の「出会いがなくて辛い」といった状況の改善につながるでしょう。

恋人をつくるための出会いがほしい

社会人になってからの出会いといえば、勤め先やその関係といったところが主な出会いの場となると思います。
しかし職場によっては、『同性ばかり』だったり、『同世代の異性がいない』など、「恋愛をしたいけど出会いがない」という人もいるでしょう。

では、職場以外で出会うためにはどうすれば良いのでしょうか?
以下に異性と出会える有用な出会いの場を紹介します。

合コンに参加する

学生だけでなく社会人にとっても合コンは新しい出会いを求める場として有用です。
しかし中には「合コンに誘ってくれるような友人や知人がいれば、最初から出会いがないなんて辛い思いはしていない!!」という人もいるでしょう。

たしかに誘ってくれる友人や知人がいない人にとって、『合コン』という出会いの場は縁遠く感じるかもしれません。
ですが、誘ってくれる友人や知人が周りにいないのであれば、そんな状況が辛いと嘆くよりもあなた自身で合コンをセッティングし、出会いの場をつくってしまえば良いのです!

また、『合コン』という言葉自体が「恋人探しに必死になっている人と思われそうでイヤ!」という人もいるかもしれませんが、「合コンをしませんか?」ではなく「友達を誘ってみんなで飲み会をしませんか?」と誘えば不必要に気負いすることもなくなると思います。

仮に気になる人との出会いがない合コンとなってしまった場合でも、仲良くなった相手からさらに出会いを広げることも期待できますので、「恋人がいなくて辛い」「新しい出会いがない」と感じたなら、先ずは出会いを広げるために合コンを活用することをお勧めします。

趣味のスクールやサークルに参加する

「趣味はもっているけれど今まで独りで楽しむだけだった」という人には、コミュニケーションを取りながら一緒に物事を進めていくようなタイプのスクールやサークルへの参加がお勧めです。
これは趣味の場で相手との会話や考え方などを含めたやりとりを進めていくことで、相手の人柄や特徴、あなた自身との相性などをみることができるからです。

また同じ“新しい出会い”であっても合コンなどでの出会いと違い、『相手が共通の趣味を持っている人』ということが予め分かっているため、「何を話したら良いんだろう?」と話題に困ることが少ないという点もお勧めのひとつといえるでしょう。

ただし、ここで重要なポイントがあります。

趣味のスクールやサークルの中には人数が制限されているものや、既婚者や同性が多く参加しているものも少なくありません。

さらにスクールやサークルで同じ趣味を持つ同性との交流がメインとなってしまいますと、同性だけでの集まりに発展してしまい、異性との出会いから縁遠くなってしまうなど、当初の目的から離れてしまうことにもなりかねません。

「新しい出会いがない」という点は解消されるかもしれませんが「恋人がいなくて辛い」という点においてはマイナス効果を発揮する場合もあるため、趣味のスクールやサークルに参加する場合は目的を見失わないように行動をすることをお勧めします。

結婚相手との出会いがほしい

「まだ結婚までは考えていないから…」という人はさておき、「できることなら早めに結婚したい!」と考えている人には恋愛のための出会いの場よりもはじめから結婚を意識した人が集まる出会いの場を選んで行動することをお勧めします。

なぜかといえば、同じ条件下であれば男性女性問わず『若い方』がモテるからです。
さらに女性は出産という部分で年齢がネックになってくる場合もありますので、少しでも結婚の二文字が頭にあるのであれば婚活に踏み切るのもひとつの手といえるでしょう。

婚活サイトに登録する

近年、婚活の主流のひとつとなっているのが『ネット婚活』です。
地理的条件や職業的な条件で「結婚したいけど出会いがない」といった婚活にハンデのある人、婚活にまとまった時間をかけられないといった人などでも、ネットの場を利用することで結婚相手との出会いを期待することができるでしょう。

また、登録している会員は全国におり、その職種などもさまざまです。
相手のプロフィールから趣味や特徴などをつかむことが可能なため、あなたの希望する相手と出会える可能性も高まります。

そして地理的条件や環境的な条件などでハンデのある人以外でも婚活サイトが有用な点といえば。
“奥手な人でも婚活に成功しやすい”という点が特徴のひとつとして挙げられます。

婚活パーティーやお見合いでは、初対面の人と会話し、短い時間で相手の人柄などを判断しなければならないため、奥手な人や内向的な人にとっては不利になりがちというのは想像に難くないですよね。

しかしネット婚活では、コミュニケーション能力に自信がない人でも、緊張することなく一対一で時間を気にせず交流を深めていくことが可能です。
それに加えて、実際に会う段階まで交流をすすめることができれば既に気心が知れた仲となっていますので、面と向かっての会話となっても素のままで気負いすることなく会話を楽しむことができると思います。

もしあなたが「結婚したいけど出会いがない」「異性の前にいくと緊張してしまって会話が辛い」と感じているなら、あなたに合った結婚相手と出会うためにも、出会いの幅の多いネット婚活を試してみることをお勧めします。

結婚相談所を利用する

結婚相談所を介した出会いで最も特徴的な点といえば、登録している相手もはじめから真剣に結婚を考えている人だということです。
結婚相談所によっては入会時に厳しい審査を行っているところもありますので、既婚者やサクラなどといった真剣に結婚を考えている人以外と出会う心配もありません。

これは「結婚相手と出会いたい」と考えている人にとっては最重要の部分といえるでしょう。

では、なぜこの当たり前の部分を最も特徴的な点として挙げたかといえば。

婚活パーティーなどの『婚活』の名がつく出会いの場であっても、実は結婚に対しての意識の確認などが徹底されていないため、参加者の目的が結婚相手を探すことに終始していると言い切ることができないからです。

結婚も考えてはいるけれど、先ずは恋人探しからと考えている人も中にはいるでしょう。
最悪の場合、遊び相手が欲しいという目的で参加している人がいないとも限りません。

「結婚したいのに出会いがない」「結婚相手に出会えなくて辛い」と感じて真剣に婚活をはじめたにもかかわらず、出会った相手が『結婚を真剣に考えていない人』だったとしたら、お金も時間も無駄に使うことになってしまいますよね。

結婚相談所のなかでも、とくに仲人型の結婚相談所は専任のアドバイザーが成婚までをサポートしてくれるため費用が高額になりますが、その分、登録している会員の結婚に対する意欲が高いということができますので「すぐにでも結婚したいのに出会いがないのが辛い!」という人は、思い切って結婚相談所の利用を視野に入れてみることをお勧めします。

最後に

「出会いがない」「相手がいなくて辛い」と嘆くよりも「どうすれば出会えるのか」と考えを変えてみることが良い出会いをつくることにつながります。
偶然や運に身を任せた消極的な姿勢で出会いを待つよりも、『理想の相手に巡り合うために!』と意識し行動してみましょう!

あなたの行動が素敵な出会いにつながることを応援しています!!

この記事に関連するキーワード