婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月13日 更新

デートで手をつないでもいいタイミングとは?

「手をつなぐタイミングはいつがいいのだろう?」
「いきなりつないだら、相手に怖がられないかな?」

こんな風に考え、デートで手をつなぐことができない方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、何度もデートを重ねているのに手をつなぐことができない、それは良いことではありませんよね。

そもそも、女性の手を握るということはそれ自体がスキンシップなので、相手に対して「あなたのことを恋愛対象としてみていますよ」という意思表示になります。

逆に手もつながないままの関係では、相手の人に「男友達」としてカテゴライズされてしまい、恋愛関係に発展するチャンスを失うことになりかねません。

変に紳士ぶって何もしないままデートを重ねてしまうと、いざアプローチをしたときに豹変したと思われ、驚かせてしまうかもしれません。

それでは、実際のところどのようなタイミングで手をつなぐのがいいのでしょうか?

そこで、今回は手をつないでも女性に驚かれない、むしろ女性の胸がキュンとしちゃうような、手をつなぐタイミングについて紹介します。

手をつないでもいいタイミングは?

手をつなぐ時期

多くの男性は、相手の手をつなぐ時期は、交際をしてからにすべきで、付き合う前のデートでは手をつなぐべきではないと考えているかもしれません。
しかし、実はそこが大きな間違いです。

手をつなぐことは男性側からすれば勇気のいる行動だと思います。

しかし、先ほど述べたように、相手に「自分はあなたを恋愛対象として見ています」とアピールすることは恋愛に発展させるための最低限の必要条件であり、手をつなぐ行為はそれをより早く行える行為なのです。

実際のところ、手をつないだことが原因で相手の人に嫌われることはほとんどありません。

何の前触れもなく強引に手をつなぐだとか、初デートで知り合って間もないときにいきなり手をつなぐとかでもなければ、明らかな嫌悪感を示されることはないでしょう。

女性はデートを何回やったから手をつないでもいい、何回やったからキスをしても良いとかそのように考えません。

あなたが恋愛対象であるか、もしくはないかで判断されているのです。

ですので、手をつないでもいい時期というのはあきらかに警戒させてしまうタイミングでなければおおよそ問題はありません。

大事なのは手をつなぎにいくタイミングなのです。

手をつなぐタイミング

では、実際にどのようなタイミングで手をつなぐのがいいのかを、下記にまとめて紹介しますね。

人ごみの中を歩いたり、電車を降りるときなど
こちらは、「はぐれちゃうといけないから」という自然な理由で手をつなぐことができるのでおすすめです

むしろ、相手からはさりげなく気遣ってくれてやさしい人だな、という好印象にもつながりやすいですね。

何気なくお互いの手が触れ合ったとき
実は二人で歩いている最中などに、何度か自然と相手の手が触れ合うようでしたら、女性側の手をつなぎたいというサインである可能性が高いです。
驚いて手を引っ込めたりせずに、やさしく相手の手を握ってあげると喜んでもらえますよ。

車どおりの多い道や、階段や滑りやすいフロアなど転びやすいところを歩くとき
こちらも、女性からは「守ってもらえている」と、あなたに安心感や頼もしさを感じさせることができるのでおすすめのタイミングとなります。
気持ちとしては、相手の人をエスコートつもりでやさしく手を差し出してあげましょう。

二人で一緒に歩いていて、会話が途切れたとき
無言で歩いているときは、何もしないでいると退屈なのかなと思わせてしまうこともあります。

焦って話題を探している女性のそっと手をとることで相手に安心感を与えることができますし、お互いどきどきと充実した時間が過ごせるでしょう。

デートの帰り道
楽しくデートができたときはお互い少し物足りないなという気持ちがあるものです。

そういったタイミングで手をつなぐことができると、余韻が残ってドキドキとあなたのことで頭がいっぱいになって好感度がぐっと上がります!

手をつないでいいと聞くべきか?

なかなか奥手な男性の場合は、手をつなぐときに前触れなく相手の手をとることは抵抗があるでしょうし、奥手な男性でなくとも女性に確認を取ってからのほうが間違いないだろうと考える人もいるのではないかと思います。

実際のところ、手をつなぐ際に「手、つないでもいい?」と確認を取ることは女性にとってはどのように思われるのでしょうか?

これは実は微妙な問題なのです。

一見、聞いてから実行に移すほうが紳士的な対応なのでは?と考えてしまうところなのですが、女性によっては「いちいち相手の顔色を伺わないと手もつなげないのか…」と冷めてしまう方もいるのです。

もちろん、お付き合いをしたいと考えている相手が真面目な方ならば、手をとることに対して了承を取ってくれたほうが安心と思ってもらえる場合もあります。

逆に、それなりに恋愛慣れしている方であれば、了承を取って手をつなぐよりは、先ほど紹介したようなタイミングに自然に手をつなぎにいく方が好印象となるでしょう。

あらかじめ、相手の女性がどういうタイプなのかも見極めておきたいですね。

最後に

いかがだったでしょうか、「手をつなぐ」行為は恋愛に発展させる上で重要な最初のスキンシップです。

はじめのうちはなかなか相手の手をとるタイミングをつかめないかもしれませんが、チャンスは少なくないのでぜひ勇気を出して挑戦してみてください。

この記事が参考になって、うまくデートで手をつないで素敵な恋愛ができることを願っています。

この記事に関連するキーワード