婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年10月18日 公開

彼女の作り方~彼女を作るためのポイントとその方法~


彼女がほしい~!という男性の皆さん。
女性はどんな男性を求めているのか?またどんな男性は嫌われるのか?気になりますね。
彼女を作るために知っておいた方がよいこと、そして彼女の作り方として、その具体的なステップを一緒にみていきましょう!

彼女を作るために必要なこと

恋愛に関する知識を蓄える

彼女を作るためには、女性のことを知っておくことが必要です。
女性には、どんなデート場所が喜ばれるだろうか?
女性には、どんなレストランが好まれるだろうか?

大多数の女性が好みそうなことはもちろんのこと、気になるお相手がいれば、その女性の好みも押さえておくことが大切です。
趣味、好きな食べ物、好きな男性のタイプなどを知っておけば、その女性を彼女にするためのヒントを得ることができます。
彼女の好みどおりにする必要はありませんが、彼女のことが分ければ、少なくとも嫌われないような行動をとることができるのです。

自分のことをよく知る

就活と同じで、恋活も自己分析が大切です。
彼女を作れない男性に多いのが、自分に自信がなくてうまくいかないケース。

仮に同じような見た目の男性が二人いるとします。
一人は、自分に自信があり、表情が豊かで生き生きとしている男性。
もう一人は、自分に自信がないため、おどおどしていて声が小さい男性。

どちらを女性は選ぶでしょうか?
後者ですね。
では、どうすれば自信をもって女性に接することができるでしょうか?

身長や学歴は、どうしようもありません。
自分が得意なことに目を向けてみましょう。
ファッションや、コミュニケーションスキルについては、努力次第で改善できます。

彼女を作るためにも、自分自身のためにも、自分に自信がないところはできるだけ減らし、適度な自信を持って女性と接するとよいでしょう。

相手に好かれる

見た目はやはり重要です。
ほとんどの男性は、きれいな女性やかわいい女性の方が好きです。
それと同じで、女性も男性に対して、まずは見た目から入ります。

自分の顔を変えることはできませんが、おしゃれを勉強して、自分に合った洋服を身に着けるだけでも、印象は変わります。
雰囲気イケメンという言葉もありますね。
不潔よりは清潔、だらしないよりはきちんとした服装で、女性に好印象を与えましょう。

相手に好かれるポイントは見た目だけではありません。
はじめは見た目から入ったとしても、「実際に話してみたら印象が変わった。楽しくて良い人だった。」という経験は、男女問わずあるでしょう。
彼女を作るためには、コミュニケーションスキルが高いに越したことはないのです。

しかし、人と話すことに苦手意識をもつ人もいるでしょう。
大丈夫です。
コミュニケーションスキルは、いろいろな人といろいろな場面で話すことにより、アップすることができます。

他人とどうしてもうまく話せない人は、カルチャーセンターなどでコミュニケーションスキルを高めるための講座もあるので、利用してみてもよいでしょう。

お金

彼女を作るためにはお金も必要です。
彼女を作るための準備として、自分の内面や外面を磨くための投資にお金がかかります。

中には、恋活アプリなどを利用する人もいるでしょう。
アプリを利用するためには、登録や活動にお金がかかる場合があります。

また、彼女ができてからも、デート代がかかります。

このように見てくると、彼女を作り、お付き合いをしていくためには、いろいろとお金がかかりそうですね。

彼女を作るための準備ができたら、次は段階を踏みながら彼女を作りましょう。

彼女の作り方

~彼女の作り方 STEP1 彼女を見つける~

たくさんの出会いがあれば、それだけ彼女候補を見つける可能性は高くなります。
自分が行動すればするほど、出会いのチャンスは多いといえますね。
行動といっても、動き回って探す方法とネットで探す方法があります。

どんな方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

・仕事関係、過去のつて
仕事関係で言えば、取引先や出入りの業者などに女性はいないか、取りこぼしのないよう目を配りましょう。
また、退職した女性、学生時代に知り合った女性など、過去に知り合った女性の中に気になる人はいなかったでしょうか?
思い起こしてみましょう。

また、信頼のできる友人や上司から、女性を紹介してもらうのも、彼女の作り方としてはよくある方法で、かつ堅実な方法です。

・趣味の場
共通点をもつ女性とは、話も合い、次のステップへと進みやすいでしょう。
習い事や趣味に関するイベントなど、同じ興味をもつ人たちの集まりで出会えば、交際に発展しやすいといえます。

・合コン、街コン、婚活パーティー
お付き合いに対する参加者の本気度は
合コン、街コン<婚活パーティー
ですね。
彼女を作りたい自分の気持ちの本気度に合わせて、参加してみましょう。

・偶然の出会い
ナンパを含みます。
ナンパは誰でもできるわけではありません。

これも自分のスキルに合わせて、たとえば誰にでも話しかけることができる人なら、街中やショッピングセンターなど、どこでもできます。
ちょっと人見知りの人は、こじんまりとしたバーの店内など、静かで人があまりいないようなところなら、女性に声をかけることができるかもしれません。
クラブや居酒屋など、お酒の力を借りてアプローチする方法もあるかも!?

・結婚式の二次会
結婚式の二次会に参加するシングルの男女は、出会いを強く意識しています。
披露宴に出席するため、男性はスーツ、女性はドレスで着飾っていますが、出会いを求めている男女なら、さらに異性受けをねらっておしゃれをしてきているはずです。
意識の高いもの同士が集るので、彼女を作るには絶好の機会といえるでしょう。

・SNS、恋活アプリ
自分が動き回らなくとも、自宅にいてたくさんの女性を検索できるのが、ネット恋活です。
ネットの世界なら、今まで誰とも付き合ったことがない、消極的な男性も積極的になれます。
また、ひとりの女性にしぼらずとも、複数の女性にアプローチすることが可能なので、次のステップにつながる可能性もup!

~彼女の作り方 STEP2 アプローチする~

アプローチは、女性の連絡先を聞き出し、デートに誘えるよう良好な関係を築くステップです。
そのため、まずは「嫌われないこと」が大切になります。

適度に連絡を取り合い、あなたの好意をさりげなく伝えましょう。
会ったときには、柔らかい表情で接します。
不潔でせこい男性は嫌われますので、身だしなみや常日頃の言動にも気をつけましょう。

アプローチ期間に女性に次のような感情を芽生えさせることができれば◎です。

幸福感
「この人は、私に好意をもってくれている。聞き上手だし、この人と一緒にいると心地よいなあ~」という感覚

お姫様感
「この人は頼れるし私のことを大事にしてくれている。私って、この人にとってもしかして特別?」という感覚

初期の恋愛感
「この人と一緒に行動していたら、仲間って感じがしてきた。それだけじゃなく、時々ドキドキするんだよね・・・」という感覚

女性をこのような気持ちにさせることができれば、もうデートできる日は間近ですね。

~彼女の作り方 STEP3 デートする~

デートへのお誘いは、メールやLINEよりも、電話や直接会って話した方が、OKをもらえる確率が上がります。
メールやLINEだと、簡単に断ることができるからです。

はじめてのデートは、気軽に付き合ってもらえる日中のランチデートがおすすめ。
いきなり夜の設定や、ドライブ、カラオケなどは、女性が警戒しがちです。
事前に下見をして、静かに話ができ、彼女の好みに合ったお店を選ぶようにしましょう。

彼女の作り方の注意点として、正式に付き合う前のデートでは、体の関係をもたないほうがよいですね。
女性は、体目当ての男性を敬遠しますので、相手に自分の彼女になってほしいなら、告白してOKをもらうまでは、過度なスキンシップは控えましょう。

~彼女の作り方 STEP4 告白する~

何度かデートを重ねたら、彼女の作り方の最終地点、告白です。
告白のときのデートは、いつもよりグレードアップした、ムードのあるレストランでのディナーなどがよいでしょう。
いつものように、デートをなごやかにスタートさせながら、告白するときは真剣に思いを伝えると、女性はそのギャップにやられます。

告白の言葉はいろいろありますが、変に考えすぎずに、ストレートに伝えた方が、思いは伝わります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
彼女を作るためには、彼女を作るための準備をし、「彼女の作り方」にあるSTEPを踏んでいきます。
彼女の作り方のSTEP1に記事の多くを割いたのは、「出会い」がまずは重要だからです。

まずは、彼女を作るための準備、見つける作業になります。
あなたに、よい出会いがありますように・・・
幸運を祈っています!

この記事に関連するキーワード