婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

彼女を自然に呼び捨てにするタイミングを解説!~みんなは彼女をどう呼んでる?~

彼女と仲良くなって、距離がどんどん縮まってきたら、男性は呼び捨てにしたいもの。

少し偉そうな感じもありますが、そうやって呼び捨てにできるのは、距離が縮まってきた証拠です。

最初から友達で、呼び捨てですっと呼んでいたという場合はまだいいでしょう。

しかし、職場恋愛や友人の紹介などで出会った場合、最初から呼び捨てというのは、ハードルが高いでしょう。

どうすれば、自然に彼女を呼び捨てにできるのか?

いろんなケースを考えて、紹介していきたいと思います。

また世の男性は、自分の彼女をどのように呼んでいる方が多いのでしょうか?

彼女を呼び捨てにしている男性はどれくらいいるのかというデータも紹介します。

彼女が年上であったり、元職場の先輩であったりというケースももちろんあります。

しかし付き合ってしまえば、いつまでもそういうことを考えていては、距離が縮まりません!

男性はどれくらい彼女を呼び捨てにしているの?

あるアンケート調査を基に、世の中の男性がどれくらい彼女を呼び捨てにしているのかを見てみます。

また、彼女を呼び捨てにしていないという方は、どんな呼び方をしている方が多いのでしょうか?

男性の彼女の呼び方第3位:あだ名

男性の彼女の呼び方第3位は、「あだ名」です。

彼女を呼び捨てするよりも気楽に、呼びやすいあだ名を付けているという男性もいるようです。

また彼女も呼び捨てではなく、お互いにあだ名で呼び合っているというケースが多いようですね。

確かに、あだ名で呼び合っているカップルは、かなり新密度が高い感じはします。

付き合い始めは、彼氏も彼女も呼び捨てだったのに、徐々にあだ名に変化していくということもありますね。

あだ名で1度呼び始めると、愛着が湧いてなかなか変えられないという方もいます。

そして、少し変なあだ名でも受け入れてくれると、新密度が増したように感じて、嬉しい男性が多いようです。

男性の彼女の呼び方第2位:名前に「ちゃん」付け

男性の彼女の呼び方で2番目に多かったのは、名前に「ちゃん」を付けて呼ぶパターンです。

例えば、冒頭でも言ったような、彼女が年上だったり先輩だったりした場合。

少し敬意を払って、彼女を呼び捨てにはしないという男性もいます。

そしてその他には、名前に「ちゃん」を付けて、敢えて年下のようにしてあげたいという方もいるようです。

男性はあまり気にしないことが多いですが、女性は年齢差を気にする方が多いです。

そういった点を配慮して、彼女を呼び捨てにしない男性がいるということですね。

彼女が彼氏を呼び捨てにせず、「○○くん」と呼んでいる場合でも、これに対して「○○ちゃん」と呼ぶ男性は多いようです。

恥ずかしがりな男性は、2人でいるときは「ちゃん」付け、みんなでいるときは呼び捨てという方もいるようです。

男性の彼女の呼び方第1位:呼び捨て

男性の彼女の呼び方で1番多いのは、やはり呼び捨てです。

男性の意見で多いのは、彼女を呼び捨てで呼んでいる方が、「彼女」という実感が湧きやすいからという意見です。

また、徐々に年齢を重ねていくと、「ちゃん」付けやあだ名が恥ずかしくなるという意見もあります。

いずれ彼女を呼び捨てで呼ぶ可能性が高くなるので、最初から呼び捨てという方も多いです。

このデータからも、彼女を呼び捨てにしたい男性が多いというのが分かりますね。

実際に付き合うまで、彼女を呼び捨てにはしないというポリシーを持っている男性も少なくありません。

彼女を自然に呼び捨てにするタイミング!


彼女を呼び捨てにしたい男性が多いというデータは分かっていただけましたね。

しかし、なかなか彼女を呼び捨てにできないという男性も多いのです。

それでは、日常のいろんなシーンで、彼女を呼び捨てにできるタイミングを探ってみましょう。

彼女を自然に呼び捨てにできるタイミング①交際スタートをきっかけにする

彼女を呼び捨てにしたいのにできないという方は、序盤でそのタイミングを逃しているということも多いです。

もし最初から、呼び捨てにしたいと決めているのであれば、交際開始と同時に、スタートさせるのをおすすめします。

付き合い始めに、自然に「お互いの呼び方どうする?」という風な話題に持って行ければ○です。

そのときに、「呼び捨てで呼びたい」とハッキリ伝えてみるといいかもしれません。

もし彼女が呼び捨てを嫌がるのであれば、最初は「ちゃん付け」から始めるのが無難です。

交際スタートの時点で実践できなかった場合は、次のタイミングを探すしかないですね。

そういうことに備えて、他のタイミングも考えてみましょう。

彼女を自然に呼び捨てにできるタイミング②友達に紹介するとき

自分の友人に彼女を紹介するときは、呼び捨てにできる大きなチャンスです。

逆に、あだ名や「ちゃん」付けで紹介する方が、少し不自然な感じがしますよね。

それを機に、自然と呼び捨てに移行していくというのも、1つの手ではないかと思います。

ただ気を付けたいのは、友人に紹介するときも、「自然な呼び捨て」を心がけることです。

間違っても、「おい、○○(名前)」というように、偉そうな呼び方をしてはいけません。

彼女からすれば、「友達の前だからって、かっこつけている」と嫌な気持ちになるでしょう。

「彼女の○○です」と自然に紹介できれば、そこから彼女を呼び捨てにしていくのもおかしくはありません。

彼女を自然に呼び捨てにできるタイミング③人込みではぐれそうになったとき

人込みで彼女とはぐれそうになったときは、言ってしまえば緊急事態です。

そういうとき女性は、呼び捨てにされてもおかしくないと感じる方が多いです。

はぐれそうなときに大声で名前を呼び捨てにされたら、女性は少し男性らしさも感じてくれます。

彼女を呼び捨てにするには、ある程度きっかけが必要です。

大声で呼ばなくてはいけない状況は、良くも悪くもきっかけになると言えるでしょう。

同じようなシーンとして、デートをして別れるときに、少し彼女が離れてから呼び止めるのもいいでしょう。

特に用はなくても、少しロマンチックな雰囲気が演出できますね。

そこから少しずつ、彼女を呼び捨てにする割合を増やしていけば、不自然ではありません。

まとめ

何度も言うように、男性は彼女を呼び捨てにしたがっている場合が多いです。

しかし、彼氏に早く呼び捨てにしてほしいという女性ももちろんいます。

最初から呼び捨てじゃない場合、なかなか切り替えるタイミングは難しいです。

また、直接呼び捨てにしたい、呼び捨てにしてほしいと言うほどのことでもないと考える人も多いです。

お互いを呼び捨てにできるというのは、やはり信頼関係・新密度が高まってきている証拠です。

彼女を呼び捨てにしたい男性は、遠慮なくアプローチしてみてもいいと思います。

彼女を呼び捨てにしている男性が多いということは、呼び捨てを嫌がる女性の方が少ないということが言えますよね。

偉そうになるかもしれないというのは、男性の取り越し苦労かもしれませんよ。

この記事に関連するキーワード