婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年02月05日 更新

彼女がいない社会人が「恋人探し」のためにやるべきこと

社会人になり、仕事を頑張ってはいるものの、忙しくて出会いがない。
そう思っている社会人の彼女がいない男性は多いようです。

社会人になって彼女がいない場合、どうやって彼女を作ったらいいのでしょうか?

彼女がいない理由・彼女が欲しい理由を考える

社会人で彼女がいないという人は、そもそもなぜ彼女が欲しいのでしょうか?
社会人になってからこれまで彼女がいないまま過ごしてきたのですから、彼女が欲しくなったのには何か理由があるのではないでしょうか。

社会人となり、彼女がいない状態を脱したくなったのはなぜか、まずはそこを考えてみましょう。

【彼女が欲しい理由】本当に自分の意思?

社会人になって彼女がいない状態を脱したい、彼女が欲しいと思う男性は、身近な人の影響を受けていることが多いようです。

例えば自分は社会人になってから彼女がいないのに同僚には彼女がいて、のろけ話を聞かされた時に焦りを覚えたり、友人の結婚式に出席して結婚を意識したりといった場合です。

こうしたシチュエーションの時に、社会人の男性で彼女がいない人は自分も彼女が欲しいと思ってしまうことが多いようです。
他の人から影響を受けて彼女が欲しくなるというのはどうか、という人もいますが、他人と比較して焦りを覚えるのは当然のことです。

こうした感情は自然な事なので、これをきっかけに社会人で彼女がいない状態を脱してみるのもいいでしょう。

【彼女が欲しい理由】そばで誰かに支えてほしい

社会人で彼女がいない人が彼女を作りたくなるきっかけとしては、寂しさを感じた時というのもあります。
例えばクリスマスやバレンタインといったイベントの時、周囲にはカップルが大勢います。

そんな時に街中にいれば、嫌でも恋人同士の甘い会話が聞こえてくるでしょう。

その内容と、一人でいる自分の現状を比べてしまい、ふと寂しさを感じてしまうこともあるでしょう。

また、社会人で彼女がいないという人は、仕事で疲れて帰った時に家でひとりぼっちという状況に寂しさを感じることもあると思います。

特に病気の時などはその寂しさが増してしまうでしょう。
そういった寂しさを感じる時に、側にいてくれる人を求めて彼女が欲しくなるかもしれません。

学生時代であれば実家にいる人も多く、近くには家族がいるのでいいのですが、社会人になると一人暮らしをしている人も多いので、彼女がいない場合は一人きりとなってしまいます。

そうなった時、彼女が欲しいと思うのは当然でしょう。

【彼女がいない理由】好きな人ができない

社会人で彼女がいない人は、好きな人もいないことが多いようです。

まず出会う人も少ないので、同じ会社の人や仕事上で付き合いのある人、もしくはよく行くお店の店員さんくらいしか対象となる相手がいないのではないでしょうか?

しかし同じ会社の女性であればもしも振られたときに仕事がしにくくなるという心配もあり、仕事上で付き合いのある人も同様の心配があります。

よく行くお店の店員であればそれほど心配はいりませんが、そもそもそこまで親しくなることが難しいでしょう。

そのため、いざ彼女が欲しいと思ったとしてもその対象となる相手があまりいないという状態になってしまいます。

社会人になって彼女がいないということは、それだけ彼女を作るのが難しい状況になっているということです。
無事に彼女ができた際は、もう手放さないつもりで大切にした方がいいでしょう。

彼女がいない社会人が出かけるべき場所


社会人になると圧倒的に出会いの場が少なくなるので、彼女がいない人は彼女を作るのは一苦労です。
そんな社会人の男性で彼女がいないという人でも、彼女となる人を探す方法があります。
その方法について、いくつかの方法とその良し悪しを検討してみましょう。

合コン・街コンに参加する

社会人で彼女がいない男性にとって彼女を作る場として重要な場所といえば、まずは合コンや街コンといったコンパ形式の場所でしょう。

こういったコンパに参加する女性は、恋人を求めている人が多いので話が早くまとまります。

参加者の中から気になる人がいれば連絡先を交換し、その後はきちんと恋人になれるようマメに連絡していきましょう。
社会人になってから長い間彼女がいない男性は、連絡などを疎かにしがちなので気を付けましょう。

合コンと街コンのどちらがいいかといえば、どちらも特徴があってどちらともいえません。
合コンの場合は友人に頼んで開催してもらうことになりますが、何か失礼があった場合は紹介した友人の顔を潰すことになります。

しかし、参加している男性は友人が多いので、何かあった時はフォローしてもらえるかもしれません。
社会人となり、彼女がいない期間が長い人ほど何を話していいのかわからなくなることが多いので、フォローしてもらえる環境は安心できます。

街コンの場合は主催者がいるので、ただ会場に行けばいいため気軽に参加できます。

しかし、基本的には一人で参加することになるので、何かあった時に周囲のフォローは期待できません。
合コンとは違うので、もしも女性からみて好みでなければかなり冷たくあしらわれるかもしれません。

しかし社会人で彼女がいないという男性にとっては、どちらも貴重な出会いの場です。
特に参加している女性も恋人を探しているため、連絡先の交換はかなり簡単でしょう。

彼女がいない社会人が始めるべきこと

恋活アプリを活用しよう

婚活など結婚を考えている人向けのサービスを行っているアプリは有名ですが、実は恋活アプリという、恋人探しに特化したアプリもあります。

社会人となって彼女がいない人の中には恋愛=結婚と考える人もいますが、もう少し気軽な出会いを求めている人もいるので恋活アプリも利用してみましょう。

ネット上の出会いを求めるというと、出会い系サイトがかつて多かったのでイメージが悪いところもありますが、気軽に女性と知り合うことができるのは大変便利です。

また、FacebookなどのSNSとの連携をしているアプリなどもあり、その安全性はかなり向上しています。
社会人の男性で彼女がいないという人にとって、出会いを求めるための時間は貴重です。

しかし、恋活アプリなら仕事の合間でも相手を探すことができるので、そのお手軽さが一番の魅力です。
もちろん、中にはいまだに怪しいところもあるので、信頼性が持てる運営会社を探すところから始めなくてはいけません。

特に社会人になってから彼女がいない男性はしっかりと貯金していることが多いのですが、質の悪いところでは色々と課金されてしまいその貯金を食いつぶすかもしれません。

利用する際は、しっかりとその安全性や評判を吟味してから始めるようにしましょう。

今人気のマッチングアプリはこちら

With-ウィズ-

彼女がいる社会人はどこで出会っているのか?

しかし、社会人で彼女がいない人が彼女と出会った場所で、最も多いのは職場です。

毎日接するので、自然と恋愛に発展することが多いようです。

やはり相手の事を良く知る機会が多いので、ふとした時に恋愛感情が湧いてくることもあるのでしょう。
交際を申し込んでもし断られたら気まずくなるかも、と心配するかもしれませんが、客観的に見ることができれば相手が自分に好意を持っているかどうかを判断するのは難しくないでしょう。

そのため、焦らずに受け入れてもらえると思えるタイミングまで待っていましょう。

ただし、もしかしたら他の人が先にアタックしてしまうかもしれません。
社会人で彼女がいない人はこうした恋愛の経験値が低いのでつい引っ込み思案になりがちですが、もし相手も好意を持っている場合でも長い間は待っていてくれないでしょう。

同様に、社会人で彼女がいない人にとって貴重な出会いの場となる取引先の人と恋人になったという人も多いようです。
取引先の人とは職場の人よりも顔を合わせる機会が少ないのですが、その分煩わしい人間関係もないので、少し気軽に声をかけられるようです。

とはいえ、もちろんいきなり付き合ってくれとお願いしても難しいでしょう。
食事や飲み会など、共通の知人にお願いしてきっかけづくりをすることが大切です。

一方的ではなく、きちんと親しくなってからというのを念頭に置いていい関係性を築いていきましょう。

彼女がいる社会人に学ぶ!


社会人で彼女がいないという人は、仕事に一生懸命な人が多いようです。

そうして仕事に取り組んでいる姿は魅力的に映るので、決して仕事を疎かにしないように気を付けましょう。

たとえどんな形で出会ったとしても、その後の関係性を築くのはあくまで自分次第です。
社会人で長い間彼女がいない人にとっては、彼女ができた時点でゴールした気分になる人もいます。

しかし実際はまだスタートラインに立っただけです。
その後も彼女と別れることがないように、気を引き締めていきましょう。

この記事に関連するキーワード