婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年06月12日 更新

「彼氏の作り方」にはコツがある!あなたに必要なものを導く診断

どうしよう?彼氏の作り方がわからない

「恋愛したいけど彼氏ができない」
「彼氏の作り方がわからない」
「彼氏の作り方が知りたい」

恋がしたいと言う気持ちはあるのに、彼氏の作り方がわからなくて、悩んでいる女性は多いようです。

彼氏って、どうやって作るんだっけ…。
誰か教えて…。

彼氏がいない期間・恋愛から遠ざかっている期間があると、恋愛の仕方を忘れてしまうもの。

恋愛経験が学生時代で止まってしまっていて、何から始めたらいいのかわからない・どんな行動をすべきなのかわからないという社会人女性も少なくないでしょう。

「彼氏の作り方教えて!材料は何が必要なの?」
「レシピサイトに彼氏の作り方、載ってないかな…」
「彼氏の作り方なんて、学校で習ってない」

そんな恋愛迷子になる前に、もっとリアルな「彼氏の作り方」と向き合ってみましょう。

彼氏の作り方がわからない人の特徴


なぜあなたには彼氏ができないのでしょう?
彼氏ができない理由も人それぞれです。

彼氏に作り方がわからない人にはいくつかのパターンがあります。
彼氏が出来ない原因にスポットを当てて、彼氏の作り方がわからなくなってしまっている人の特徴をいくつかみていきましょう。

「彼氏に求めるもの」がわからない

「彼氏の作り方がわからない」「好きな人ができない」と嘆くのは簡単です。
しかし、自分自身が恋愛に求めるものが何なのかわからないままに、彼氏を作ろうとしていないでしょうか?

まずは自分自身が“恋愛でどうなりたいのか”を客観的に知ってみることが必要なのかもしれません。
「彼氏に求めるもの」がぼやっとしていると、どんな人と出会えば恋愛がうまくいくのかがわからず、遠回りしてしまうからです。

いままでの恋愛と向き合い、客観的にあなた自身の恋愛傾向を捉えなおすことがおすすめ。

彼氏ができない理由を見つめ直すために、あなたは彼氏に何を求めるのか・恋愛に何を求めるのかを分析できる診断テストをしてみるのも、いい方法です。

彼氏の作り方がわからない女性の多くは、自分自身の恋愛傾向を客観視できていません。
まずは無料恋愛力診断テストを受けてみましょう。

ツヴァイの恋愛傾向診断(無料診断テスト)は30の質問に答えるだけで、恋愛に必要な6つの力を測ることができます。

あなたの恋愛の強みと弱点をわかりやすく“数値化”してもらえるのでおすすめです。

彼氏を作るコツ【1】

自分の恋愛傾向を知り、あなたの恋愛がうまくいく相手をみつける!

高望み!?彼氏の理想が高すぎる

あなたは彼氏にしたい男性に対する条件を、求めてすぎていませんか?

すらっと高身長の彼氏が欲しい。できれば高学歴で高収入な人がいいな!私にだけ優しくて、オシャレなお店に詳しくて、ちょっと筋肉質で、スーツの似合うイケメン希望!

さすがに、ここまで条件を絞っている人はいないかとは思いますが、知らず知らずのうちに高望みしてしまっているかもしれません。

理想を求めてばかりでは、きりがないですよね。
女性は歳を重ねれば重ねるほど男性に求めるものが多くなるそうです。
しかし、実際にはそんなにハイスペックな男性はすでに彼女がいるものです。

求める条件が多すぎると、男性と出会える確率がさがってしまいます。
出会えたとしてもそういうハイスペックな男性は他の女性も狙っているので、競争率が高くなります。

そこで大事になってくるのが、条件の優先順位を立てることです。
絶対に譲れない条件を絞って出会いを探してみると、意外な相手が恋愛対象になったりします。

譲れない条件を定めることで、あなた自身の新たな恋愛観もみつけられるかもしれません。

彼氏を作るコツ【2】

条件はいくつあってもいいが、優先順位をつける!

「出会いない」が口癖?交友関係が狭すぎる

彼氏の作り方がわからない!と嘆く人の中には、いつの間にか「出会いない」が口癖になってしまっている女性がいます。

「出会いがない」「いい人いない」という言葉は、あなたを恋愛から遠ざける呪いの呪文。

なにも行動していないのに文句ばかり言っているような人には、新しい出会いは舞い込んできません。

出会いの場に行かない
仕事ばかりしている
女子会ばかりしている
行動範囲が狭い

そんな女性は、交友関係が狭すぎるのかもしれません。
出会い目的ではなくても、趣味つながりの友人やふと知り合った相手との人脈から、素敵な男性との出会いに繋がったりするものです。

彼氏を作るコツ【3】

日頃から、交友関係を広げる努力が未来の彼氏につながる!

隙がない女性はNG!ガードが固すぎる

彼氏の作り方がわからない…という以前に、男性に対する警戒心が強すぎる女性も多いです。
特に男性に慣れていない、恋愛経験が少ない女性にみられがち。

男性は、自己防衛の本能から、警戒心が強い女性には敏感です。
好意があっても、避けられていると感じると誘うのをやめてしまうこともあるようです。

モテる女性は、いわゆる “隙がある女性” です。

この隙のある女性というのが意外と難しく、一歩間違うと過剰演出になってしまいがち。
「計算高い」「あざとい」と思われてしまうと逆効果なので注意が必要です。

また、隙の種類を間違えると「ガードがユルくていつでも会える便利な女性」になってしまうので、さらに要注意です。

いい意味で隙がある、男性に魅力的だと思わせるスキを作る方法は、テクニックが必要です。
一朝一夕には身につけることが出来るものではありません。

なかでも、すぐに実践しやすいポイントを3つお伝えします。

  • プライベートな質問にも答える
  • ⇒秘密主義は敬遠されます

  • 動作はゆっくり
  • ⇒話しかける隙を与えます

  • 鎖骨・手首・足首のどこかを露出する
  • ⇒過度な露出はNGです

    ガードが固すぎる女性・隙がない女性は男性からすると、近寄りがたいオーラを放っています。
    この状態では、必要な出会いを遠ざけてしまうものです。

    彼氏を作るコツ【4】

    ほどよいスキで、男性をドキッとさせる!

    「彼氏持ちの女性」にヒントあり

    ここまで、彼氏の作り方が分からない人の特徴をご紹介してきました。
    では、実際に彼氏のいる女性にはいったいどんな特徴があるのでしょうか?

    彼女たちが彼氏の前で見せる振る舞いをヒントに、彼氏の作り方を探ってみましょう。

    笑顔を忘れない

    男性からすれば笑顔の女性を見るのは、とても心地良いもの。
    笑顔というと、当たり前で何気ないものですが、「そばにいてほしい」とつい思わせてしまう。

    そんな力を秘めた強力なツールだからこそ、挨拶の時、話しかける時、話しかけられる時、折に触れて男性の前では笑顔を見せたいところです。

    気遣いを忘れない

    笑顔と共に使うと効果抜群なのが気遣いです。

    気遣いをするというと、普段からあまり意識していない人にとってはハードルが高いと思われがちです。

    しかし、気遣いも練習次第。
    1つずつで良いので、まずはどんな気遣いがあるのかを知って、男性女性問わず意識しながら行動してみてください。

    例えば、相手の好きな飲み物を覚えておき、何かの折にさりげなく取り出して
    渡す。

    あるいは、食事に行った際、率先してサラダなどを他の人たちに取り分けてみ
    る。

    また、ウェットティッシュやばんそうこうを常備しておき、ここぞという必要
    なタイミングで渡してあげるなどなど、普段から気遣いを形に表す準備をして
    おくことがポイント。

    気遣いを繰り返すうちに自然に身に付き、相手から感謝されるのが楽しくなり
    ます。

    この気遣いはさりげない行動でありながら、相手へのアピールは絶大。
    是非ものにしておきたい振る舞いです。

    時には男性に頼る

    「気遣いができる」女性が男性ウケするというと、「何でも自分でやれてしま
    う」女性がモテやすいと思われがちですが、必ずしもそういうわけではありま
    せん。

    男性は自尊心が強いもの。

    女性から「頼られる」ことは、男性によってとても嬉しいことなのです。

    ですので、時には弱みを見せ、男性を頼ることで男心をグッと惹き付けること
    ができます。

    高い所に手が届かない、フタが堅くて開かない、計算が難しい…。

    ちょっと背伸びすれば、少し頑張ればできそうなことでも、時には男性にお願
    いしてみましょう。

    ただし、自分でやる前に「あれやってー、これやってー」と頼るのはむしろマ
    イナス。

    「普段は割としっかりしてそうなのに、ちょっと意外だ・・・」
    そんなギャップを持った女性に、男性はかわいらしさを感じるのです。

    彼氏の作り方は「男性の本能」に学べ!

    手に入らないものを求める男性
    彼氏を作るには、男性の本音・男性の本能を理解することも大切です。

    男性は獲物を追いかける、狩猟本能を持ち合わせています。
    なかなか手に入らない女性を手に入れるためには頑張ってしまう生き物なのです。

    つまり、自分を安売りしている女性には興味がわかなくなってしまいます。
    「届きそうで届かない、微妙なライン」を攻めることも必要です。

    男性は頑張らなくても手に入ってしまうような女性にはあまり興味をもちません。
    下手するとただの遊び相手(体目的)の対象にされてしまうかもしれないので、注意しましょう。

    彼氏を作るコツ【5】

    恋愛のハードルを調節して、狩猟本能を煽る

    彼氏の作り方は“出会いの場”で変わる!

    したたかな女性
    彼氏の作り方やモテテクニックをいくら学んだとしても、出会いがなければ実践の場所もありません。
    出会いがないと悩んでいる方多いと思います。

    彼氏の作り方は、“出会いの場”によって少しづつポイントが違ってくるものです。

    友人に紹介・合コンでの出会い

    友達からの紹介・共通の友人を介した合コンなどは、よくある出会いの場です。
    共通の友達がいるということは、人となりがわかりやすく、なにかと安心ですよね。

    友人の紹介や合コンでの出会いは、基本的にはお互いに恋人候補になる異性との出会いを求めている状態です。
    お互いのことを気に入れば、成功する確率が高いと言えるでしょう。

    この場合、合コンを開いてくれる友人や異性を紹介してくれる友人に、あなたの好みをしっかり伝えておくことが大切です。

    ただ単に「フリーの人紹介して!」と言うよりも「サッカーが好きな男性を紹介して!」とか「平日休みの仕事をしている男性を紹介して!」と伝えたほうが、ぐっと出会いの精度が高まりますよね。

    彼氏を作るコツ【6】

    恋の協力者には情報提供を惜しまない

    マッチングアプリやSNSでの出会い

    スマートフォンの普及やマッチングアプリの台頭に伴って、SNSなどのネットでの出会いの場・オンラインでの出会いの場も増えてきました。

    空いた時間で気軽に異性との接点を増やせる、マッチングアプリやSNSは、いまや常識とも言える出会いのツールのひとつです。

    マッチングアプリでの出会いの最大のメリットは、日常ではつながりがない相手と知り合えることです。
    また、複数の男性と並行してやり取りできるのも魅力のひとつでしょう。

    すべてのマッチングが実際に会えるという訳ではありませんから、本当に必要な出会いだけを選びとるセンスが必要になってきます。
    また、精度が高いマッチングの仕組みがあるアプリを使うことが重要だと言えるでしょう。

    メンタリストのDaiGoが監修している【with(ウィズ)】という恋活アプリは、会員の共通点でマッチングされるアプリ。

    「価値観が似ているかどうか」で異性とマッチングできるので、ギャップがなく出会える恋活アプリとして、好評なんです。

    彼氏を作るコツ【7】

    出会いのツールは積極的に使ってみる

    これってNG!?彼氏作りで気をつけるべきこと

    あなたの周りに「すごくいい子なのにモテない」という人がいたりしませんか?

    大体その「すごくいい子」は女子目線の「いい子」だったりします。
    男性目線と女性目線では見るポイントが違うということを理解することも大切です。

    NG1,インスタ女子

    ショートパンツに高いピンヒール、サングラスを胸元に引っ掛けて、景色のいいところでポーズ!
    いわゆる「インスタ映え」を狙った女子、いますよね?
    何かを食べに出かけても、出てきた途端感想より先にスマホを出して、いい角度の撮影に余念がない、せっかく素敵な景色を見ても写真にどう写るのかを気にしてあまり景色自体は覚えてない・・・。
    そんな自分よりも画面の向こうの「イイネ!」を気にした女子は男性から敬遠されがちです。

    気持ちはわかりますが、まずは目の前にいる相手としっかり向き合うことは相手への気遣いにつながります。
    この手の女性は遊び相手としてはモテますが、恋愛対象としては受けが良くないというのが男性側の感想です。

    NG2,格好が奇抜・派手

    ゴスロリやフリフリな格好、派手な色合いの服など奇抜な格好は男性受けがよくありません。
    また、必要以上に肌を露出した服装も、交際相手として見る相手には着てほしくないと考えます。
    ファッションというのは生まれ持った外見や、成長過程で身に付いた性格などとは違い、簡単に短期間で見た目の印象を左右することができます。

    良くも悪くも印象付けることができるので、周りの彼氏もち女子を参考に、ファッションチェックをしてみることをオススメします。

    NG3,清潔感不在

    女性は男性よりも見た目に気を使う人が多いので、あまり見かけることもありませんが、まれに存在します。

    ボサボサの髪や枝毛の目立つ毛先、生えっぱなしの眉毛で清潔感をどこかに置いてきてしまったような女性は、男性から女子扱いされません。
    また、生活リズムが乱れがちで食事も適当にしていると、肌にも出てきます。
    もともとの肌質というのは難しいかもしれませんが、気を使うことで改善することもあります。
    寝不足でクマがくっきり、肌もガサガサ、では「女子らしさ」を感じるのは難しいかもしれませんね。

    見た目を気にするのは男性ウケだけを狙っているのではありません。
    初対面では男性でも女性でも、清潔感がある方が好感度も高いに決まっています。
    社会人であれば男性女性というくくりだけでなく、社会の一員としての見た目にも関わってきます。
    一度周りの「女子らしい」女性を参考に、できるところから真似することから始めてみましょう。

    NG4,人の悪口・愚痴がクセ

    どんな発言をするかによって人の印象や雰囲気というものは大きく左右されます。
    人の悪口や愚痴をこぼすのが癖のような女性は、周囲にネガティブな印象を与え、男性からも好感度は高くないでしょう。

    一緒に会話をしていても、出てくる話は誰かの悪口や仕事の愚痴ばかりでは、楽しい時間を過ごせるとは思いません。
    彼氏が欲しいと思っているのならば、人の悪い面より良い面を見るようにしたり、物事をポジティブに捉える習慣をつけていきましょう。

    言葉遣いも重要で、乱暴な言葉遣いをする人には怖い印象が付きまといます。
    すぐに大声を出す人や返事が雑な人も周囲からの印象はよくありません。
    言葉がその人を形作ると言っても過言ではないほど、発言というものは大切なものです。

    NG,5自分に自信がない

    彼氏ができないという悩みを持つ人の中には「自分を好きになれない」「自分に自信がない」と言う人がいます。

    誰にでも多かれ少なかれコンプレックスというものは存在します。
    あなたがコンプレックスだと思うところを「魅力的」だと思う人もいます。
    自分を好きになれないと人を好きになることもできず、自分に自信がないと相手に向き合う勇気も出ないので、彼氏ができにくい原因になることもあります。

    まずは自分自身が己を好きになること、「こういうところ、いいよね」という部分を見つけてあげることが重要です。
    自分のことに自信を持っている女性は、前向きで表情も明るくなるので、男性の目にとても魅力的に映ります。

    自分が「好きじゃない」人を、他人に好きになってもらおう、というのはなかなか難しいことだとは思いませんか?
    自分自身のいいところを褒めてあげて、まずは自分が自分を好きになることが始めてみるのもいいかもしれません。

    さいごに

    彼氏の作り方には、いくつものコツがあります。
    彼氏を作るには、自分の恋愛意識を変えることが大切。

    まずは出来ることから少しずつ取り入れていく、積極的な姿勢が必要です!

    この記事に関連するキーワード