婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月16日 更新

彼女が欲しい人がすべき4つのこと

「彼女は欲しいのになかなかできない」「仕事に没頭しすぎて、彼女の作り方を忘れてしまった」など、彼女が欲しいと思っているけど、具体的にどうしたらよいのかわからないと思っている男性は少なくないと思います。

そこで今回は、彼女が欲しいと思っている男性が気をつけるべきことをまとめました。

彼女が欲しい人は出会いを増やそう

彼女が欲しいと思っても、なかなか彼女ができない原因は「出会いがないから」が圧倒的に多いです。

であれば、出会いを増やせば彼女ができる確率も上がります。

合コンに参加しよう

社会人になるとなかなか自然な出会いはありません。
そのため、異性と出会うとなると、合コンなどの飲み会が中心となります。

自分が主催しても良いですし、幹事になってくれる友達がいない場合は、友達や同僚にお願いして開いてもらっても良いでしょう。

参加した合コンに好みの女性がいなかったとしても、あからさまにテンションを下げたり、雑な態度をとることは、相手の女性や開催してくれた幹事に対して失礼なので、避けるべきです。

そして、好みの女性でなかったとしても、連絡先の交換は積極的に行いましょう。

そこから新たな合コンを開催できる可能性や、好みの女性でなかったとしても内面などを見て恋愛に発展する可能性もあります。

ひとつひとつの出会いを大切にしていくことで出会いは広がります。

習い事やサークルを始めてみよう

例えば、料理教室はおすすめです。
なぜなら、料理教室に通う人は圧倒的に女性が多いです。

そのため、必然的に女性との出会いが増えます。

そして、料理教室に通う男性は、将来結婚したら家事を手伝ってくれそうなどと女性から大変人気です。

料理が出来ないよりは出来る方が生活力や男性としての魅力も高いので、出会いを求めて習い事を始めようと思うのであれば、料理教室はお勧めです。

他は、スポーツジムやヨガなどがお勧めです。
女性の多くが恋愛対象の男性の体型を気にするため、社会人であっても身体を鍛え、筋肉をつけておいたほうが良いでしょう。

女性でもスポーツジムに通っている人は少なくないです。

器具の使い方が分からなくて困っている女性がいれば教えたり、よく顔を見るなと思う女性がいれば、トレーニングの邪魔にならない程度に話しかけてみましょう。

一緒にジムのプログラムをこなしたりすると、少しずつ距離を近づけることができます。

ヨガは料理教室同様女性に人気の習い事であり、ストレス解消や姿勢の矯正など、机にじっと向かって仕事をする社会人にはお勧めです。

彼女が欲しい人は身だしなみに気を使おう

清潔感を意識しよう

人は外見だけではありません。

しかし、初対面であれば、内面なんて全く分からないため、ある程度見た目で判断されてしまいます。

そして、最低限の見た目が無ければ、内面を見てもらうチャンスすら与えられません。

そのため、外見に気を使うことは彼女が欲しい男性であれば、是非気をつけていきたいです。
大切なのは、「清潔感」がある見た目です。

例えば、髪型をさっぱりと整えることや、手や指先を綺麗に保つこと、眉毛、鼻毛のケアを怠らないことです。

また、髭は男性のファッションでは人気ですが、女性からの受けはあまり良くありません。
彼女が欲しいと考えていて、女性受けを狙うのであれば、髭は整えるのではなく、しっかり剃ったほうが良いでしょう。

オシャレに気を使おう

彼女が欲しい人はオシャレにも気を使いましょう。
出会ったときの第一印象が、後々までに影響を及ぼすため、第一印象を良くするために、オシャレに気を使うことが大変重要になってきます。

流行り廃りの無いシンプルな服装や自分に合う雰囲気やサイズ感の服装を心がければ大丈夫です。

過度なアクセサリーやハイブランド、トレンドのもので固める必要は全くありません。

清潔感があり、オシャレに気を配った格好をすれば、誰だって雰囲気イケメンになれるのです。

「自分はイケメンじゃないから、外見に気を配っても意味が無い」と外見に無頓着でいたら、彼女はできませんよね。

彼女が欲しい人は自分に自信を持とう

自分の自信を持てるポイントを作ろう

彼女が欲しいと思うのであれば、女性から魅力的だと思われるように努力したり、自分を磨いたりして、自信を持つことが重要です。

自分に自信がないと受身になってしまい、自分から気になる女性を食事に誘うことも出来ません。

そうウジウジしている間に他の男性から声をかけられて、付き合ってしまう・・・そんなことも大いにありえます。

そして、自分に自信の無い男性は、女性から頼りなさそうだと思われてしまいます。
仕事でも趣味でも何でも良いです。
自分で自信のもてるアピールポイントを作りましょう。

余裕を意識しよう

彼女がいたり、結婚しているのにモテる人ってなぜかいますよね。

また、彼女が出来た途端に、女性からモテるようになったなんてこともたまに聞く話ですよね。

これはなぜかというと、特定のパートナーがいる男性は、パートナー以外の女性に対してガツガツした態度をとらないからです。

すでに相手がいるのだから、新たに彼女を探す必要が無いと感じているのでしょう。
そのため、余裕のある態度で女性と接することが出来るのです。

そして、女性も余裕のある男性を魅力に感じるのです。

また、あまりガツガツ来られても女性は引いてしまう場合もあります。

そのため、彼女が欲しいと思っている男性は、「彼女が欲しい」という態度をあまり前面に出しすぎず、余裕のある態度で女性と接するよう心がけたほうが良いでしょう。

彼女が欲しい人は話しの聞き役になろう

口下手だから、女性と話すことが苦手や女性と何を話してよいか分からないと思う男性も少なくないでしょう。

しかし、無理に男性が話題を提供して、女性を楽しませようと意気込む必要はありません。

なぜなら、女性は「自分の話を聞いて欲しい」と思っている人が多いからです。
そして、女性と男性では、会話に求めるものが違います。

男性は「結論」や「解決」を会話に求めます。
しかし、女性が会話に求めているものは「共感」です。

女性は共感してくれて「自分のことを分かってくれた」と感じた相手には、心を開いてくれます。

質問を投げかけたり、的確に相槌を打ったり、オウム返しをすることで、女性は話ちゃんと聞いてくれていると感じます。

たとえ愚痴をこぼしたとしても、解決策を言うのではなく、「それは大変だったね」と共感をしてあげましょう。

この記事に関連するキーワード