婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月13日 更新

あるある!みんなのデート失敗パターン(女性編)

初デートってわくわく・ドキドキでいっぱいですよね!大好きな男性とのデートではもっと好きなってもらいたい。
ちゃんとしなきゃ、と言う思いから大失敗、なんて事もあります。

今回は女性が起こしやすい失敗と、それにまつわる失敗談、加えて回避する為の準備のお話をします。

よくある3つのデート失敗パターン

デートの相手が憧れの人だと緊張してしまい、いつも通りの自分を出すのが難しくなりますよね。

いくらリラックスを心がけても言葉が出てこない、普段通りの行動ができない。
こんなハズじゃなかったと思うのは男性だけではありません。

多くの女性が経験している失敗パターン3選をご覧ください。

慣れない身だしなみをして失敗

気になる男性とのデートとなれば、オシャレやメイクに時間をかけるでしょう。
でも普段履き慣れないような靴を履いていくと、足が痛くてデートに集中できない、あるいは普段よりも盛りすぎたまつ毛が取れてしまい、相手をびっくりさせてしまうかもしれません。

デートでは相手にどうみられているだろうと心配になり、上手くいかない事は多々あります。

デートで失敗をさける為に、おしゃれ着は1度練習を兼ねて着て、近所のコンビニまで行ってみる等して着用感チェックしておきましょう。

また、あくまで普段通り、自分に合った身だしなみを心がけましょう。

会話がぜんぜん弾まなくて失敗

カフェに入って新メニューの話以外、全く会話が続かない…、初デートでは良くある事です。

特に年齢差や共通の話題がないとお互いに気使ってしまい、どんどん会話がなくなってしまいます。

「何を話しても、盛り上げる自信がない」とい方は、聞き役にまわる事をお勧めします。

身近な話題から「○○って分かりますか?」や「○○って聞いた事ありますか?」と自分の知っている事を聞いてみましょう。

相手が知らなければ自分から説明する事もできますし、質問から話題に繋がって会話が盛り上がれるかもしれません。

マナーが悪くて失敗

マナーと言うと幅が広く判断が難しいものですが、今回はデート中のマナーで男性側がよく注目する女性のマナー限定です。
男性はどんな部分に女性のマナーの良し悪しを感じるのでしょうか?

男性がマナー違反だと感じるのは“女性らしさが足りない“や”周りの人に配慮がない“と感じるところです。

人が振り向くような大声を出す、映画の上映中でも通常の声で話す等、周りに迷惑をかけるような行為を嫌う男性は非常に多いのです。

また、テーブルマナーなどもあります。
例えば、彼とのデート場所が高級レストランや懐石料理だったら緊張感が倍になりますよね。

テーブルマナーは誰でも最初は難しく、細かい部分はそこまで気にしない男性は多いでしょう。しかし、静かなレストランでコース毎にスマホでパシャパシャと撮影するのは、周りに迷惑をかけるかもしれません。

食べ方も男性が良く見るポイントです。
音を立てて食事をする、椅子に変な座り方をしている等はマナーが欠如している行為です。

周りに迷惑をかける行為は幻滅させる大きな要因です。

しっかりと意識して、幻滅されないようにしましょう。

気づかぬ内にやってしまう?発言や振る舞いの失敗

今日のデートは大成功!と思っても相手から一向に連絡が来ない。
既読スルーされる。
もしかして嫌われた?と、気づいたときにはもう遅いかもしれません。

自分自身に非が無いと思っていても、男性から見て「2度と会いたくない」とデート中に幻滅させていた可能性があります。

そんな気づかぬ内の失敗パターンを見てみましょう。

元彼との過去の恋愛話をしてしまう

お互い、過去の恋愛は気になるものです。
しかし、聞かれても無いのに「元カレは~」と事ある毎に披露されると、男性側は楽しくありません。

今後も比較されるのではないか、と嫌な気持ちになります。

特に誕生日やクリスマスのサプライズ話や楽しかった思い出などは聞いていて「前カレの事まだ好きだろうな。」と悲しい気持ちになります。

昔の恋愛話は聞かれたときに少し要約をして話すだけで十分です。

初デートで過去のすべてをさらけ出そうとするのは、次のデートに繋がらない関係を作ってしまいかねません。

自分の話ばかりしてしまう

デート中に苦労した話しや聞いていて落ち込むような話も楽しくないですが「私の生活は毎日充実しています。」とアピールされるのは鬱陶しい気持ちにさせられます。

上昇志向が高く注目される事が大好きと言う女性は「私ってすごいでしょ?」と知らない間に相手に対して自己顕示欲や承認を求めてしまっています。

デートで一方的に自慢話をするのは失敗です。

会話中に「私は、私は」と自分中心になっていないかどうか都度確認しましょう。

女性からの下ネタ攻撃や下ネタ武勇伝

男性の中でも初デートで下ネタを振って来る人はいますが、女性にも下ネタ大好きと言う人は存在します。
もちろん、決して悪いことではありません。

付き合って長い間柄であれば問題ありませんが、初デートで女性が下ネタで笑いを取る事や下ネタ武勇伝を連発するのはマイナスです。

多くの男性は女性のイノセントな部分や貞操観念を大切にします。

オープンすぎる女性は「浮気する可能性があるかも」「軽い女性なのかも」とレッテルを貼られてしまいます。

下ネタを話すのであれば相手との状況を良く考えてから話すようにしましょう。

彼と長く付き合いたいと思うのであれば最初のデートでの下ネタは一旦封印しましょう。

気づけばスマホに夢中

たくさんの欲しい情報はスマホに詰まっていますが、デート中はスマホの世界から離れましょう。

相手の男性側から「俺に興味無いのかな?」や「一緒にいる意味が無い」と思われているかもしれません。

食事の席で写真を撮る行為も人によっては敬遠されるため、せめて彼との食事中はスマホをマナーモードにしてバックに入れておく事をお勧めします。

どうしても食事の写真を撮りたいのであれば一言断りを入れると礼儀正しく配慮のある女性として映ります。

緊急の電話や返信が即必要なメール対応も一言「ごめん、ちょっと緊急の電話が入ったから電話してくるね」等、相手に理由も伝えてあげると安心感も与える事ができます。

まとめ

デートでの失敗談を見てきましたが事前に準備をすればどれも回避できるようなものばかりです。

おしゃれをしたいけど、メイクが上手くできないと言う方はメイクを毎日楽しむようにすれば自然に可愛いメイクが出来るようになるはずです。

女性らしい気品やマナーは近くにいる真似した女性を参考にするかドラマや映画で美しい感じるキャラを意識しましょう。

デートで失敗する事は決して悪い事ではありませんが、極力失敗を避けたいのであれば備える事は大切です。

供えあれば憂いなしです!

この記事に関連するキーワード