婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年08月30日 更新

医者と出会いたい!医者の妻を目指すステップとは

お医者さんといえば、お金持ち、頭がいい、優しいといったイメージがありますよね。

お医者さんと結婚して豪華なディナーに行ったり、旅行に行ったりしたいという妄想をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

将来に渡って安定していて専業主婦になれるかもという妄想をしたことがある方もいるかもしれません。

今回はそんな夢があるお医者さんと出会い、選ばれるにはにはどうすれば良いのかについてお話していきたいと思います。

医者が出会いに求めていること

お医者さんが求めている女性を知ることこそお医者さんとの結婚への近道です。
まずは、お医者さんの求めている女性像を理解するところから始めましょう。

仕事への理解

お医者さんの仕事は、日々多忙です。

朝から夜まで休む時間もほとんどないので、休日くらいゆっくり休みたいという人も多いでしょう。

しかし、休日であっても急患が来て急に仕事に行かなくてはいけなくなることは少なくありません。

また、医者は若手の頃は意外と転勤が多い職業です。

新しい職場に慣れたと思った頃に転勤になることはよくあることです。

仕事が多忙なので、引越しの準備もろくにできず、引越しの準備等はすべて奥さんに任せることは珍しくありません。

そんなお医者さんのお仕事をしっかり理解し、支えてくれる人こそお医者さんが求めている女性です。

お医者さんと結婚したいなら、仕事を理解してあげれる女性になりましょう。

一人でも楽しめる

先ほども触れましたが、お医者さんの仕事はとても忙しく、緊急で病院に呼ばれることも少なくありません。。

それゆえにお金はあっても気軽に遊びに行ったり、一緒に旅行に行ったりとなかなか予定を立てて実行することができません。

だからこそ、一人でいても楽しめる女性を望んでいる、いや独立している人でないと上手くいかないのかもしれません。

放っておくと「私より仕事の方が大事なの?」や「もっと私の相手をしてよ!」と不満を漏らす女性が奥さんでは、疲れて家に帰ってきても休まる時間がありません。

お医者さんとの結婚を考えるなら、一人の時間でも楽しめる人がいいでしょう。

「医者と出会いたい」を叶える方法

健康であれば病院に行くこともありませんし、知り合いに医療関係者がいない限りは、お医者さんと出会いたいと思っていても簡単には出会うことができませんよね。

ここではそんなお医者さんと出会いたい!という気持ちを叶えるためにどうすれば良いかについてお話していきたいと思います。

婚活パーティーに参加する

医療関係者の方が知り合いいるならば、「お医者さんと出会いたいから紹介して!」と、お願いすることができます。

しかし、知り合いに医療関係者の友人はなかなかいませんよね。

医療事務をやっている方や病院に勤めている方でも、診療科や職種によってはお医者さんとの出会いが少ない場合もあります。

そのような場合には、思い切って婚活パーティーや合コンに参加してみるのはいかがでしょうか。

現在は、男性がお医者さん限定のものもたくさんありますので「がめつい女性だなぁと思われたくない…」などと躊躇せず、勇気をだして参加してみても良いかもしれません。

どうしても、最初からお医者さんと出会うことが目的だと思われたくないという方は、看護師さんなど医療関係者との合コンや婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。

そこで知り合った方と仲良くなることで、お医者さんを紹介してもらえ出会えるかもしれません。

結婚相談所、婚活サイトに登録してみる

結婚相談所や婚活サイトに登録するというのはなかなか勇気がいりますよね。

意外でしょうが、実は、これらが穴場であるケースが多いのです。

「お医者さんは出会いが多いのにわざわざそんなところに登録するの?」と、思った方もいるかもしれません。

あなたが思ったように、皆が同じことを考えるので、婚活サイトや結婚相談所でのライバルが少ないのです。

お医者さんは想像以上に多忙な生活を送っています。

日々仕事で疲れている中で、仕事帰りに婚活パーティーや合コンに参加する体力がない方もいるのです。

そのような方は登録するだけで出会いがある結婚相談所や婚活サイトを利用することが多いのです。

この事実を知らない女性が多いために、結婚相談所や婚活サイトでお医者さんと出会える可能性が高いということです。

ここまでお金を払ってお医者さんと出会う方法について紹介してきました。

中には、「お金を払わず、自然な形でお医者さんと出会いたい!」という方もいるかもしれません。

しかしながら、それは医療関係者が知り合いにいない普通の人ではなかなか難しいものです。

お医者さんと出会いたいけど、そのためにお金を払うことには躊躇するという方は、将来の自分への投資だと思って、試しに無料の婚活サイトに登録することや安い婚活パーティーに参加することから始めてみてはいかがでしょうか。

病院で働く

お医者さんとお金を払わずに出会いたいなら、いっそのこと病院で働くのも手段です。

しかし、病院で働くには様々な資格が必要であり、勉強したり学校に行ったりするとお金がかかってしまいます。

場合によっては婚活サイトや婚活パーティーよりも高い費用がかかってしまうことがあります。

しかしながら、キャリアアップしたい、医療関係の仕事に興味があるという方にとっては有効的な方法かもしれません。

ただ、お医者さんと出会いたいからというモチベーションだけで、資格をとるために勉強するのは難しいと思うので、この方法は、キャリアアップなど他の目的もある方にオススメです。

バーや居酒屋に通う

あるアンケート調査によれば、お医者さんがお酒を飲む頻度は3927人中、ほぼ毎日飲む人が22%、週に4、5回と言う人が13%、週に2、3回と言う人が14%という結果が出ています。

お医者様のほぼ50%が週に1回はお酒を飲みに行くと回答しています。

ということはお医者さんは結構お酒を嗜んでいる人が多いわけですよね。

お医者さんと出会った場所、という口コミにはこんな口コミも。

「お医者さんじゃないと結婚したくないと言っていた友人はバーでたまたま会ったお医者さんに頼んでそこからはお医者さんとの合コン三昧をおくっていました」

つまり、運が良ければバーや居酒屋でお医者さんと出会う機会があるということですよね。

チェーンなどの居酒屋では、他のお客さんとは話すこともありませんが、バーや個人経営の居酒屋などでは常連同士で盛り上がることもしばしば……そこにお医者さんが居ればめっけもんです。

また、お医者さんとそこで直接知り合えなくても、バーや居酒屋で知り合った人がお医者さんの友達が居るというラッキーもあるので、そういうラッキーがあればすぐにお医者さんと知り合うことができます。

長期戦になることを覚悟しなければならない作戦になりますが、お酒が飲める人で一人で飲むことが結構好きな人、婚活サイトなどほかに活動をしながら別の方法も模索している人なら試してみたいお医者さんとのおすすめの出会い方ですよ。

医者と出会えそうな趣味を始める

お医者さんと出会うために趣味で出会う、という出会い方もあります。

お医者さんは趣味を楽しんでいる人が多数です。

例えばゴルフ、クルージング、テニスなどですね。

そういった趣味の場で、お医者さんと出会う人は結構居ます。

この中で始めやすいのはやはりゴルフでしょう。

ゴルフと言えば接待ゴルフですが、医者同士の付き合いにゴルフは欠かせませんから、ゴルフを嗜むお医者さんは多いのでその意味でもおすすめです。

または、医師と直接知り合うのではなく、お医者さんに繋がるような人との出会いを求めるためにお花、着付け教室などもおすすめですよ。

お花や着付け教室はお医者さんの奥様や娘さんが通っていることもあり、そこからお医者さんへ繋がることができます。

奥様や娘さんと繋がっても、その旦那様、お父様であるお医者さんと結婚することはできませんが、そこから若いお医者さんを紹介してもらえるなどあるので、どこでも感じよく愛想よく、気に入られることが得意な人ならこの方法でお医者さんを探すのもアリですね。

医者に選ばれるコツ

お医者さんと出会いたいという気持ちが叶ったとしても、実際に付き合って結婚して…となると、さらにハードルが高いですよね。

お医者さんとせっかく出会えたのに何もなく終わったということになってしまっては、せっかくの出会いが台無しになってしまいます。

そのようなことにならないために、お医者さんと出会いたいという気持ちが叶った際にお医者さんウケするポイントについてお話していきたいと思います。

お医者さんウケする格好は?

お医者さんかが出会いに求めているものは「癒やし」です。

常に仕事に終われヘトヘトで帰ってきたお医者さんにとって、疲れを癒やしてくれるような存在が必要なのです。

そのため、お医者さんウケを狙うなら、服装は、ヒーリング効果の高いパステルカラーや、ふわふわした服装が良いでしょう。

逆に、目がチカチカするようなラメが入った服装や、濃いピンクやパープルは避けた方が無難です。

また、お医者さんは常に清潔な環境で働いており、清潔感には大変気をつけています。

そのため、お医者さんは清潔感がある女性と出会いたいと考えており、逆に相手に清潔感がないと悪い印象を抱いてしまうものです。

よって、匂いの強い香水や派手な服装は避けるようにした方が無難でしょう。

汚れのついていない白やパステルカラーの服を着ると清潔感とヒーリング効果を与ええることが出来るのでオススメです。

また、お医者さんにとって、相手がお金目的なのかどうかも出会う際に重視するポイントです。

ブランドもののバックや服でかためた格好は、お金使いが荒いイメージを抱かせ、お金目的でお医者さんとの出会いを求めていると思われてしまいます。

お医者さんの給料に見合うような女性だということをアピールしたいがためにブランドでかためてしまうと、逆効果だということを覚えておきましょう。

癒やされキャラを目指そう

先程も言いましたが、お医者さんが求める出会いは癒やされる存在です。

家に帰っていてくれたら疲れが吹き飛びそう、明日も頑張れそうと思う存在になることが大切です。

そのため、会うたび癒やされるように、内面を磨くことが大切です。

例えば、言葉遣いです。

言葉遣いが悪いとどうしても気が強い印象を与えてしまうため、家に帰っても落ち着けないイメージとなってしまいます。

逆に、丁寧な言葉遣いは、家に帰ってホッと落ち着けるイメージを与えることができます。

また、手料理やマッサージが上手な女性は、家で癒やされる姿を簡単に想像できるため印象が良いようです。

このように服装だけではなく、性格も癒やされるような女性が、お医者さんが最も出会いたい女性なのです。

癒やしの要素だけでは足りない!しっかり者をアピール!

先程まで、お医者さんとの出会いではどれだけ癒やされる存在になることができるか、が大切だというお話をしてきました。

しかしながら、それだけでは結婚までに至らないことが多いです。

結婚に至るために必要なことは、しっかりしているということです。

お医者さんは夜勤があったり、夜遅くまで仕事がかかったりとなかなか家に帰れない日もあります。

そんな時に必要なのは癒やしももちろんですが、家のことをしっかりしてくれているという安心感なのです。

天然さやおっちょこちょいは付き合っているうちはかわいいと思いますが、いざ結婚するとなると踏みとどまってしまうポイントになってしまうのです。

夫婦二人きりであれば多少ドジなところがあっても問題ありませんが、子どもができると、仕事の間の子育てに不安を抱いてしまうのです。

また、小さい頃から勉強ばかりをしてきて、医者という成功を手にしている自分を誇りに持っている人は多いです。

そのため、「自分は仕事、妻には家のことを全て任せたい」と思っている男性は多いのです。

お医者さんは家に帰れない日がある分、その時の家のこと、子育てを任せられる安心が大切なのです。

このように、癒やされるということだけではなく、しっかりしている部分もある女性とお医者さんは出会いたいと思っているのです。

品性を身につける

医者は社会的にも責任があり、様々な付き合いを上手にこなしていく必要があります。

その付き合いの会合に妻が同席することも珍しくありません。

食事のマナーなどを知らずに参加してしまうと、夫の立場を崩すことになってしまいます。

箸の持ち方が悪かったり、テーブルマナーを知らなかったり、料理をこぼしながら食事をしているのを見てしまうと誰だって良い気はしません。

仕事上の付き合いの食事となると、会合に集まった人たちから嫌がられてしまいます。

また、そのような常識を知らない女性と結婚した男性として見られて、立場も悪くなってしまいます。

あなたの行動が医者である夫の評価にも繋がります。

マナーを理解して品のある行動を心がけ、どこに出しても恥ずかしくない妻になることを目指しましょう。

お金の管理ができる女性になる

医者の平均年収は1,000万円と言われており、稼げる職業の1つとして有名です。

そのため、「医者」というだけで色々な女性に言い寄られることも少なくありません。

しかし、医者は真面目で堅実な人が多いため、お金使いの荒い人が嫌いです。

結婚相手となるとその気持ちは一層強いものでしょう。

お金使いが荒いと「この人に家庭を任せて大丈夫かな?」や「自分の知らないところで無駄使いしているのではないか?」と思われてしまいます。

そのため、医者からの信頼を得るためには、お金の使い方が上手であることが重要です。

堅実なお金の使い方をすることで、「安心して家庭を任せることができる」と思われやすくなります。

医者との結婚は可能?

お医者さんと出会いたいという気持ちを叶える方法についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

大切なのは、お医者さんにとって出会いたいと思う女性に近づくことです。

中には「なぜ私があなたに合わせなければならないの?」と、思う方もいるでしょう。

なぜ医者はこんなにも横柄な人が多いのだろう、と感じる方もいることでしょう。

それほどまでに医療の世界は、命の有無が常に最優先となる、厳しい世界だからです。

みなさんが、帰宅してテレビを見ている間にも働いているからですよ。

お医者さんが、相手が常に自分に合わせてくれるという認識でいるのは、一種の職業病だと思って下さい。

お医者さんと出会いたいという気持ちが大きくなると、相手に何をしてもらえるかばかり考えてしまいがちになります。

しかしながら、自分が相手に何をできるかを考えることがお医者さんとの出会いにおいて大切なことを忘れないでくださいね。

この記事に関連するキーワード