婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

あなたはどっち?結婚までの交際期間について

結婚までの交際期間について疑問に思ったことはありませんか?
周りで結婚する人が増えると、結婚や将来について意識する人も多くなります。

現在恋人がいない人も、結婚願望があるなら今後の参考にしたいですよね。
世の中には交際期間が短いカップルと、交際期間が長いカップルがいらっしゃいますが、その人たちはそれぞれどんな考えを持っていて、結婚に至ったのでしょうか。

ここでは交際期間の長さと結婚までの関係性についてご紹介します。

交際期間が短いカップルの特徴

交際期間が一年未満から2年のカップルの特徴をご紹介します。

結婚前提に付き合っている

20代後半~30代のカップルの多くが結婚を前提に交際をスタートさせています。
お互いに「結婚前提」と言葉を交わしてないとしても、それぞれ結婚を意識しています。

この年代では周りに結婚する人が増えている時期でもあります。
また、子供を考えているのであればそのリミットもありますので、それも理由の一つでしょう。

それに女性でしたら20代のうちに結婚したいと思っている人がほとんどのようです。
男性も彼女の年齢を考慮して交際期間を考えている人もいらっしゃいます。

自分に合う人が分かっている

結婚相手に求めているものやお互いの相性など、恋愛経験を重ねていくと自分がどんな人が合っているのか分かってくると思います。
それを踏まえて直観が働き、「この人で大丈夫」と早い段階で思えるケースです。

長期の交際で別れたこと経験がある

年齢後半であれば、それまでに色々な恋愛を経験している可能性が高いです。

その経験の中で過去長期間交際で失敗した人は、早く結婚までいきたいと思うのではないでしょうか?
例えば「ダラダラと付き合ってしまい結婚のタイミングを逃した」という人や、「恋人の存在が当たり前になってしまい大切にできなくなった」など。

交際期間が長ければいいという訳ではないということに、気が付いている人も多そうです。

結婚出来る準備が整っている

結婚をするとなればお金が必要です。
結婚式や新婚旅行を考えているカップルや、結婚生活に受けて新居や家具家電などをそろえなければいけないというカップルもいるでしょう。

そういったことから安定した収入と貯蓄があるという人でしたら、すぐに結婚できる体制が整っており交際期間が短くても結婚に至ることが出来ます。

しかし収入や貯蓄があったとしても、仕事や家庭の事情などでまだ結婚することができないという状況のカップルでしたら、タイミングを見なければいけないので結婚する時期は先になるでしょう。

交際期間が長いカップルの特徴

交際期間が3年前後、またはそれ以上のカップルの特徴を見ていきましょう。

交際を始めた時期が早い

10代~20代前半で交際をスタートさせたカップルは結婚までの交際期間が長い傾向にあります。

学生である場合や就職して間もないため、結婚を意識することができない状態にあります。
それに周りでも結婚する人が少ないことも結婚を考えられない理由の一つでしょう。
一度就職し社会人となったものの、さまざまな理由から早期に転職を考えている人もいる時期でもあります。

また、結婚を前提として交際を始めていないため、結婚に対する考え方が男性と女性で違う場合があります。
どちらかでも結婚はまだ先でいいと考えているようであれば、なかなか結婚には至りません。
そのため結婚までに長い期間が必要となるのです。

結婚相手は慎重に選びたい

年齢的に余裕があるので、じっくりと時間をかけてお互いを理解することで信頼関係を築きたいと思っているカップルは、交際期間が長くなります。
また、若いうちは価値観もしっかりと固まっているわけではなく、様々な人との出会いや経験によって色々な視野が広がる時期です。

よって、しっかりと色々見極めてから決断をしようとします。
このように結婚前にしっかりと相手を判断したいという慎重派になりやすい傾向があるといえます。

結婚できる体制ではない

結婚にはお金が必要となりますが、安定した収入があっても貯蓄が少ないというカップルもいらっしゃいます。
結婚資金を貯めてからでなければ結婚できないという場合はすぐには結婚できませんよね。

また転勤などの仕事の事情や、近親者の体調を考慮する場合などすぐに結婚ができない状況でしたら結婚をするタイミングを考えなければいけませんので、交際期間が延びていく原因となります。

お互いの家族や友人と交流が多い

結婚は決して2人だけの問題ではありません。
結婚前にお互いの家族や友人がどんな人なのか知れることは、長い結婚生活をおくるにはとても大切な事ですよね。

短期間の交際ではなかなか家族や友人と交流することは難しいですが、長期間交際していればその機会も訪れ、中には複数回の交流をもつこともできるはずです。

家族公認の仲となれば、結婚の挨拶へ出向く際や結婚後も安心ではないでしょうか。

まとめ

結婚までの交際期間についてはお互いの年齢に大きく関わっているようです。
年齢が上がれば上がるほど交際期間は、より短くなる傾向にあります。
また、結婚をすぐ決意できるかどうかは最終的にお互いの状況・環境次第ということになります。

結婚願望があるならばしっかりと貯金をして、タイミングを逃さないように今から準備しておきましょう。

結婚に対して同じ価値観でなければ交際期間が短くても、長くても結婚に至ることはできませんので、よく相手の考えに耳を傾け、時には話し合っておくことが必要です。

この記事に関連するキーワード