婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

男性必見!デートが成功しやすくなる?抑えるべきデートマナー!

デートのマナーとは誰に教わるわけでもなく、自然に身につくものです。

しかし、よく分からない事や曖昧な部分など身につかなかったマナーもあるでしょう。

どんなイケメンでも、デートの時の行動や言動で相手の女性の気持ちが離れて行ってしまいます。

ここでは、そんなデートについてのマナーやデートで好感度が上がるようなマナーを多数解説、紹介していきます。

男性必見!基本中の基本マナー

デート時の女性に対してのマナーはたくさんあるのですが、その中でも基本中の基本と言われる男性のデートでのマナーを紹介していきます。

今まであまり意識していなかった人や、これから初デートなどを控える方には覚えてもらいたいマナーです。

食事に行った際に奥のテーブルには座らない

これは初歩中の初歩です。

女性と二人で食事に行った際に二人掛けの席に案内されたとします。

その時に男性のあなたは「奥の席に座りますか?」はたまた「手前の席に座りますか?」
答えは「手前に席に座る」です。

もしも奥の席がソファーだった場合は奥の席に女性を座らせるようにしましょう。
ヒールなどをはいて疲れているかもしれません。

冬などの寒い時、女性はコートを着ているかもしれません。

その時に椅子に掛けさせるよりソファーだった場合に隣に置くことができます。

男性が奥の席に座ることがあるのは窓際が寒い時や女性が座りたくないといった場合などです。

また、マナーと言っただけではなく男性側にもメリットがあります。

奥側に男性が座った場合は周りの人の出入りなどが見えてしまいます。
それは他の女性の顔を見てしまうということです。

男性のみなさんは経験ありませんか?

彼女がいても他の女性に目が言ってしまうことが…。
これは男性なら仕方がないことです。

女性は男性がどこを向いているのかを敏感に察知します。

そこで女性を奥の席に座らせることで、他の女性を見ないで、円満な時間を過ごすことができるので。

相手に歩調を合わせる

相手の女性に歩く歩調を合わせてあげましょう。

男性のように背が高く足の幅は大きくありませんし、ヒールを履いているかもしれません。

そんな時に早く歩いてしまうのは女性が疲れてしまいます。
相手の歩調に合わせて楽しく歩きましょう。

エスカレーターの立ち位置を意識する

ドアを開けて先に女性を通すなどは良く耳にしますが、エスカレーターなどはどうでしょう?

上りのエスカレーターでは後ろに、下りのエスカレーターでは前に乗ってください。
これはもしもの場合に男性が女性を支えるようにという心構えです。

道路では車道側、路線側を女性に歩かせない。

道では車道側や路線側に男性が立つようにしましょう。

もし女性が寄ってしまった場合は手や肩を引いてあげるようにしましょう。

デートのマナーというよりは相手を危険から守るという意味合いも強いですが、女性を危険にさらさないということで、マナーに位置づけます。

細かいデートマナーで差をつける!

マナーで次にデートを繋げられるのか、その日限りのデートになるのか決まると言っても過言ではありません。

そうなると、細かい部分のマナーも大切です。
相手からの評価をグンと上げるチャンスです。

紳士的な男性になり、次もデートしたいと思わせるようなマナーを心がけましょう。

出かける前の準備

これから言うことは当たり前のことかもしれませんが、人と接する際のマナーです。

①髪の毛をとかす
寝癖などがないかチェックしましょう。

②洗顔、髭剃り
しっかりと人に会う前には清潔でいましょう。それに髭は意外と嫌いな女性が多いです。

③においに気を付ける
体臭などもありますが、消臭剤やミンティアなどを使い、常に臭いには気を付けましょう。

④服装チェック
服装のしわや汚れはありませんか?
出かける前に一通り確認しましょう。

デート中

①待ち合わせ
待ち合わせの時は時間前行動をするようにしましょう。

デートで時間を守れないことはイメージダウンにつながってしまいます。
待ち合わせ場所に行くまでどんなトラブルが起きるか分かりません。

10分前15分前の行動を心がけましょう。

②携帯をいじらない
よくデートで携帯いじっている人を見かけますがどう思いますか?
私はあまり良い印象を受けません。
多くの女性もそう思っていると思います。

自分に興味がないのかなと感じてしまい、印象が良くありません。
相手が席を外していたりする時以外はなるべく携帯を使用するのはやめましょう。

③音を立てて食事をしない
これはデートだけではなく普段の食事のマナーです。
音を立てずにスマートに食事をしましょう。

④お手洗いを気にしてあげる
女性は自分からお手洗いに行きたいとは言いづらいです。
その時は男性がお手洗い大丈夫?と聞いてあげるようにしましょう。

その他にも自分から「お手洗い行ってくるね」と言えば、「私もお手洗いに行く」と我慢しないでいることができるはずです。

まとめ

以上、これからのことを実践すればきっとデートでの印象はいいはずです。
あまり強引に行くのではなく、さりげなくレディーファーストに接してあげることがポイントです。

デートはきっと相手も緊張しているはずです。
あまり背伸びせずに自分の等身大で接しましょう。

きっとうまくいくはずです。

この記事に関連するキーワード