婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月13日 更新

デート代は男性が払うのが当然??気になるデートのお金の話

デートって楽しいですよね。
食事をしたり、映画を観に行ったり、遊園地デートもいいですね。

でも、楽しいデートにはお金がかかります。

その食事の費用や、映画、遊園地などの費用は、男性、女性、どっちが払うのが正しいのでしょうか?

特に男性は、「おごらないといけないのかな」、「全額払わないと、ケチって思われるかな」と、不安になりますよね。

デート代は、だれがどのくらい払ったらいいのでしょうか?
気になるデート代の支払いについてまとめてみました。

デート代の支払いパターンは、「割り勘」か「おごる」

デート代の支払いは、男性がおごることが正しいとか、割り勘をするのがまちがっている、ということではありません。

ただ、世の中の流れで、どちらかというと男性が支払うことが多く、場合によっては男性がすべておごることが当たり前と認識している人もいます。

では、この、男性が女性の分も支払ってあげる「おごる」の場合と、2人で分けて支払う「割り勘」の場合の、男性にとってのメリットを解説しましょう。

「おごる」場合

やはり、ご馳走してもらったら、どんな女性だって「ありがとう」と感謝の気持ちを持つものです。

スマートに、「いいよ、ココは俺が払うから」なんて言われたら、「かっこいいなぁ」と思いますよね。

つき合っているのならば、今さら面と向かって「あなたのことが好きだよ」という気持ちを伝えることが苦手な人も、恋人にご馳走してあげることで好きな気持ちを間接的に伝えることができます。

また、まだつき合っていない段階でのデートの場合、おごってあげることで、今後の恋愛の進展を有利にすることできることもあります。

女性にご馳走してあげると、次は女性から何かお返しをしてもらえる可能性があるのです。

例えば、「次は私が手料理をご馳走するので、おうちに来ませんか?」なんて言われたら嬉しいですよね。

「この次は、私が…」という流れをつくることが大切なのです。

「割り勘」場合

「おごる」の時にでてきましたが、男性はデート代を支払うことで、次のデートに繋げることができることがあります。

つまり、女性に借りを作るということになるわけです。
これは、男性と女性がフェアな関係ではないことになります。

「割り勘」にして、お互いの分をそれぞれが払うということは、貸し借りの関係をつくらないということです。

男性の中には、おごるのが当たり前と思っている人もいるでしょう。

でも、女性の中にも、男性が払うのが当たり前と思っている女性はいますが、そうではなく、あまりおごってもらってばかりでは、気が引けると感じている女性も多いのです。

でも、男性のプライドを傷つけはしないかと、気を使ってご馳走してもらっている女性もいるのです。

割り勘にすると、お互いの関係を対等に保つことができるのは、
男性だけでなく、女性にとってもメリットといえますね。

ただ、女性が学生で、男性が働いているのに割り勘というのは考えものですが、そうでなければ今の時代、女性だってしっかり働いて稼いでいます。

男性ばかりが支払わなくいけないわけではないので、安心してください。

「おごる」ことと「割り勘」にすること、それぞれのメリットはわかりましたか?

とはいえ、男性は『デートに誘ったのは自分だから、これはおごったほうがいいかな』と、考えますよね。

デートで失敗はしたくないのは、男性なら当然です。
そんな、デート代の支払いの心得をまとめてみました。

デート代の支払いについての心得

ここでは、デート代の支払いについて押さえておきたい心構えを3つ紹介します。

1.最初のデート代は、自分が払うつもりで

何事も最初が肝心です。
最初から、割り勘を決め込んでいくことはお勧めしません。

男性は自分がリードしてあげることを心がけましょう。

特に、1回目のデートはかっこよく、スマートに男性が支払うつもりでいましょう。

もし、女性が払うそぶりを見せた時は、「ここはいいから、次で」と伝えましょう。
そうすれば、次のデートのきっかけになるかもしれません。

2.ずっとおごり続けてはいけない

何度もデートをするうちに、おごることが当たり前になってしまわないように気をつけましょう。

おごらなかったデートの時に、女性の機嫌が悪くなった、なんて話もあります。

女性の方もご馳走されることをあてにして、ありがたさを感じられなくなってしまっている可能性があります。

少しずつ、支払いについて話ができるようになるといいでしょう。

3.割り勘をする時は、きっちりしない

女性だって、何度も何度もご馳走になっては、申し訳ないと思うものです。
女性が払うと言い出した時は、時には聞き入れてあげましょう。

その時は、ざっくりとした割り勘にしてください。
あまりにきっちりと2等分するのは、スマートではありませんから注意してください。

デート代の支払いの心得は3つ。
そんなに難しいことではありません。

キーワードはスマートに、男性ばかりが負担にならないようなデートをすることです。

まとめ

デート代の支払いについて、いろいろとまとめてみましたが、
男性が払うのか、女性も払うのか、正解は実はないのかもしれません。

おごることも悪いことではないですし、割り勘をすることも、決してよくないことでありません。

ただ、そこに相手にどう思われるか?という感情が浮かんでしまうので、
どうしよう、正解はどっちなんだろう?となるわけです。

この感情は、どうしようもありません。

男性にも、「女性にお金を払わせるなんてありえない」と思っている人もいれば、
女性にも、「デートのお金を女性に払わせるなんて、あり得ない」と思っている人もいます。

価値観をしっかりわかりあうためにも、おつきあいが正式になるまえに、お金の話は二人で話し合うということが大事になります。

男性の方が多く払わなければならないのではなく、払いたいと思うほうが払い、お互い持ちつ持たれつの関係でいられることが、交際が長続きする秘訣になるでしょう。

この記事に関連するキーワード