婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年06月15日 更新

出会いがない田舎で恋人に出会うための7つの方法

恋人がほしいと思っても、田舎だと出会いがないので悩みは深刻ですよね。

田舎では高齢の方が多く、地元にいた同級生は都会に行ってしまい、結婚適齢期の人や恋愛対象となる異性がそこら中にいるなんてことはあまりないでしょうを見つけるのに苦労することもあるでしょう。

田舎では同年代の異性と出会うだけでもかなり難しいことですよね。

「田舎にいたら新しい出会いはないし、田舎にいる限り恋愛は諦めなければいけない」

そんな風に思ってしまうのも無理はありません。

しかし、田舎にいても恋愛を諦めなければ出会いを見つけることができます。

今回は、出会いがない田舎で恋愛を始めるため出会いの方法を紹介します。

出会いがない田舎で恋人に出会うための57つの方法

【田舎の出会い】人が集まる場所に出向く

まずは自分から行動することが大切です。

「出会いがない」と嘆く前に、とにかく人が集まるような場所へ出かけましょう。

田舎では駅前でもお店が全くなく、無人駅なんかもあり、田舎で人が集まる場所といったら、車でしか行けないような大型ショッピングセンターなどのみかもしれません。

しかし、県全体が田舎ということはないはず。
県庁所在地は会社も人も集まっていて栄えている土地です。

時間をかけて大きい駅まで行ったり、大型ショッピングセンターまで行ったり。
頻繁に行くのはかなり面倒かもしれませんが、人が集まるところに行けば自然と出会いは増えます。

時間があれば積極的に出向きましょう。

また、場所によっては観光地として、季節やイベント事で人が集まるところがあります。
そのような情報をチェックして、イベントのタイミングを狙って行くことも大切です。

【田舎の出会い】友人の紹介を断らない

友人の紹介や、友人の恋人の友人など、誰かに紹介してもらうのも良い方法です。

同年代の相手と出会いやすいですし、紹介ということで身元や人柄も問題ないでしょう。
会う前にどんな人なのか情報を得ることもできます。

そして、友人に紹介を頼むときは、自分の好みやタイプが似ている友人に頼むことがポイントです。

せっかく紹介してもらったのに、全然合わないタイプだったとか、上手くいかないとなると、時間を無駄にしてしまう可能性もあります。
できる限り、自分と好みやタイプが似ている友人に紹介を頼みましょう。

田舎は地域全体が顔見知りということも少なくありません。

良くも悪くも情報共有がしっかりしているので、その情報網を利用するのも良いでしょう。

出会いが無いこと、良い人がいたら紹介して欲しいこと、合コンの誘いがあれば自分にも声を掛けて欲しいことを周りの人に伝えておけば、色々なところから紹介の声がかかるかもしれません。

人脈の広い人や世話好きな年配の人に「いい人がいたら紹介してください」と声を掛けておくのも良いでしょう。

また、都会に出た友人に紹介してもらうのも手です。
大学進学や就職で田舎から都会に出る人は少なくないため、都会にいる友人もいるのではないでしょうか少なくないでしょう。

もしこの手で良い出会いがあったとしても遠距離恋愛になってしまいますが、遠距離をうまく乗り越える方法はいくらでもあります。

「付き合ったとしても遠距離だし」と考える前に、まず出会いを優先することを考えましょう。

【田舎の出会い】行きつけのお店を作る

田舎であれば、周りの人も同じ店に通いがちになります。
居酒屋やバーの常連になることで、同じ常連客と顔見知りになることも多いです。

また、仲良くなったお店のマスターやお客さんからの紹介で恋が生まれることもありえます。
気になる相手を見つけるまでは曜日や時間帯を変えながら通い、好みの人を見つけたら曜日と時間を固定して通うと良いでしょう。

【田舎の出会い】地方の街コンに参加する

田舎だから街コンや婚活パーティーは開催されてないと思っている人も多いですが、実は地方でも定期的に開催されている街コンはいくつかあります。

最近では地方の後継者不足や人口減少の対策の一環として、地方自治体が婚活を支援したり、街コンや婚活パーティーを開催したりしている地域がかなり増えています。

住んでいる地域で街コンや婚活パーティーが無い人やあるけれども面子が同じになってきたという人は近くの街の街コンや婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。は無いかもしれませんが、近くの街では開催されているのではないでしょうか。

ちょっと遠くても、足を運んでみる価値は十分にあります。

また、参加者の中には、結婚して田舎でゆったり暮らしたいという人や、田舎暮らしにあこがれている人、その地域を好きになって移住したいという人もいて、都会から地方の街コンに参加する人がいます。

地方自治体が婚活を支援していたり、田舎暮らしに憧れている人が増えていたり、実は今、地方の街コンや婚活パーティーは盛り上がっているのです。

しっかりした街コンや婚活パーティーでは、結婚を前提にしていて行きづらいイメージがあるかもしれませんが、結婚が目的でなくても、出会いを求めて参加している人も結構います。
まずは気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

【田舎の出会い】SNSを利用して知り合いを増やす

ネットで出会うのってどうなのと思う人もいるかもしれませんが、最近はネットで出会って幸せになっている人は多くいます。

TwitterやInstagram、FacebookなどSNSのサービスを上手く活用すれは、簡単にいろんな人と知り合うことができます。

趣味や好きなものが同じ人フォローして仲良くなったり、SNSでスポーツや趣味のサークル、社会人サークルなどを見つけて参加してみたりしましょう。

ただし、サークルの中には、宗教の勧誘やマルチ商法が目的の団体もありますので、注意が必要です。
安全そうな団体かどうかを確認して安全そうならば、オフ会やイベントに積極的に参加して出会いを増やしましょう。

単純に同じ趣味を持つ異性と距離を気にせずに出会える可能性が高くなりますし、同姓でも、人脈を作れば作るほど、紹介してもらえる人が増えます。

趣味が合う人、共通点が多い人と出会いたい場合は、SNSを上手に活用できるととても便利なツールになります。

【田舎の出会い】新しい趣味や習い事を始める

新しい出会いを探すには自らを新しい環境におくことが良いでしょう。
そのため、新しい趣味や習い事を始めてみてはどうでしょうか?

海が近い所にすんでいるならサーフィンやダイビングといったマリンスポーツ、山がある県に住んでいるのであれば、登山やスキー・スノボが良いのではないでしょうか。
最近では趣味を楽しむ為に都会から地方に移住する人も珍しくありません。

趣味繋がりの出会いであれば、話も盛り上がりやすいのですぐに距離を縮めることができます。
スポーツは苦手だからやりたくないという人もいるでしょう。

その場合は、スキルアップになりそうな英会話教室がお勧めです。

英会話のグループレッスンは、レッスン中にレッスン生同士で会話をすることも珍しくありません。
レッスン終了後に「分からないところを教えて欲しい」と声を掛けるハードルが低くなるでしょう。

また、男性の場合はお料理教室やヨガもお勧めです。
女性率が高くライバルが少ないので、特別ルックスが良くなくてもモテる傾向にあります。

お料理が出来る男性は女性から見ると恋人や結婚相手として評価が高いです。

【田舎の出会い】マッチングアプリを利用する

出会いがない田舎で、最も手軽で今すぐに始めることができるのがマッチングアプリです。

SNSで出会うのに抵抗がある人は、マッチングアプリを利用することにもかなり抵抗があるかと思います。

しかし、最近のマッチングアプリは信頼性や安全性がしっかり評価されているものもあり、このようなサービスを利用して出会うということが一般的になってきています。

マッチングアプリを検索するとたくさんのアプリが出てきてどれを選べば良いか分からないという人も多いかもしれません。

それぞれ特徴やメリット、デメリットを把握して、自分に合うものを選びましょう。

出会いがない田舎でも、スマホがあれば手軽にネットで出会いがあり、恋活を始めることができます。
一度登録してみてはいかがでしょうか。

気になる方はこちらから:マッチングアプリ「with」

最後に

出会いがない田舎で恋愛を始めるために異性と出会う方法について紹介しました。
田舎でも、恋愛を始める方法が全くないということは無いのです。

少し前の時代なら、物理的に出会いを探すしか方法が無かったかもしれませんが、今の時代にはいろんな出会い方の方法があります。

「田舎だから出会いないしどうしようもない」というのは言い訳にしかなりません。
いちばん大切なのは、あなたがどう行動するのかということです。

何もせずに出会えるなんてことは、田舎でも都会でもありえないことです。

田舎で何もしないでいて出会いがあるわけないですし、それは都会にいても同じです。
行動範囲を広げたり、ネットを活用したり、積極的に行動していればきっと素敵な出会いがあるでしょう。

田舎にいても、出会いは作ることができます。
恋愛をしたいならばぜひすぐに行動していきましょうに移すことが重要です。

この記事に関連するキーワード