婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

彼氏に「結婚」を意識させるには?

女性としては「結婚」は意識するワードですよね?将来子供を持ちたいと考えたら年齢だって気になります・・・。
「私はもうとっくにYES!の準備をしているのに彼が言ってこない!」
結婚適齢期女子にとって、結婚は人生でも重要な分岐点です。

こんな愚痴も飛び出しちゃいますよね。

それじゃあ男性が「コイツと結婚したい!」って思うタイミングってどんな時なのでしょう。
それさえつかめばプロポーズも夢じゃありません。
女性にはわからない男性ゴコロ、ちょっとのぞいて見ましょう。

男性が結婚を意識するタイミングって?

男性が、「結婚したいな」と思う瞬間はどのような時でしょうか?ふと結婚を意識した瞬間について調べてみました。

こんなときに結婚を意識しちゃってます!

友人の結婚式に出た時

幸せそうな友人を目にすると「いいなー」と思うのは男女共通のようですね。
男性から見ると新郎のことを「すごい決断をした1歩先を行く大人の男性」という目線で見る人も少なくないようで、一種の憧れのようなものがあるのかもしれません。

小さな子供を見た時

街中で子どもを見て「かわいい」と思ったり、友人が子どもを連れているのを見たりすると「いいな」と思うようです。
また、彼女から母性が見えた時にも「いいな」と結婚を意識するのだそうですよ。

一生一緒にいたいと思った時

たとえば、落ち込んでいるときに慰めてくれたり、ねぎらってくれたりと気分が沈んだ時や、一緒に楽しく過ごせた時など「自分の元気の源は彼女なんだ」と思うと、その女性のことを一生大事にしようと思いそこから未来をイメージしてふと感じることがあるようです。

ご飯がおいしかった時

人間は五感に関する記憶に関して残りやすいようで、その印象は頭に強く残ります。
「おふくろの味」なんて言いますよね?久しぶりに食べても「あぁこれこれ」なんて言うのは頭のどこかが忘れることなく覚えているということのようです。
手料理は家庭的な一面を見ることもできますし、好みの味だと余計「手離したくない」と思ってもらえるようですね。

男性は女性に比べると結婚を意識するのがややスローペースなのかな?という印象ですが、結婚を意識してもらうためには、より具体的に2人で歩む将来や、結婚生活のことをどれだけイメージさせることができるかがポイントとなるようです。

結婚を意識される女性って!?

彼氏が「結婚したい」と思うタイミングがあっても、そもそも自分が結婚を意識されるような女性なのかって大きなポイントですよね?

実は男性は、女性のことを
「結婚したい女性」と「(付き合うのはいいけど)結婚はしたくない女性」
と、別物として考えている人も多いようです。

結婚したいと思う女性像は?

ある程度の家事ができるか~家庭的~

結婚という人生の一大イベントではありますが、その後にやってくるのはなんの変哲もない「日常生活」です。
生活するには「料理」「洗濯」「掃除」という、家事は当然ついてくるものです。

最近は共働きが多いことが影響しているのか、家事も分担する、というご家庭も増えてきました。
しかし、分担するにしてもお互いがある程度の家事能力がなければ難しいですよね。
お互いの生活のためにも、ある程度の家事はできてほしいと思うようです。

周りに紹介したいと思えるか~社会性~

結婚したらその女性は人生の伴侶となります。
自分の両親や親戚、会社の上司や同僚、はては友人にいたるまで「自分が選んだのはこの人です」と胸を張って言える女性かどうかは大切なようです。

これは人によって価値観もあるので、線引きの難しいところではありますが、常識力や協調性があるか、気が遣えるかといった部分で人に紹介して恥ずかしくない女性かどうかという観点で判断されています。

金銭感覚が一致しているか~価値観~

結婚して家庭を持つと、家賃、電気代、水道光熱費、養育費、教育費、ローン、保険、税金など、毎月の固定的な出費が格段に増えることが予想されます。

お姫様のように特別扱いされたい、お金は男性が出すのは当たり前、プレゼントは高いものじゃないと嫌、経済的な負担は男性に全て求めるのが当たり前くらい言ってしまうような女性だと、将来を考えにくいようですね。

結婚したいと思われる女性、とありますがこれらは男性にもあてはまることばかりですよね?
シビアではありますが、一生添い遂げるのに最低限譲れない人間性とも言えるかもしれません。

見逃していない?実は結婚したいサイン

男性は案外繊細です。結婚したいと思っていても、もし断られたら?なんて密かに思っていることだってあり得ます。
男性が結婚を意識したときに、様子見も兼ねて小さなサインを出していることがあるようです。

将来の話をするようになる

5年後、10年後自分たちがどうなっているのか、将来どんな家庭を築きたいかといった話を頻繁にする様であれば結婚したいサインとみていいでしょう。

2人で歩む将来について何も考えていない場合、この様な話題は出ないと思っていいでしょう。なぜなら、将来に対するビジョンが見えていない、気にしていないからです。

将来2人はこうなっていたいと言う事を頻繁に話してくるようなら、あなたに探りを入れているのかもしれません。

両親に彼女を紹介する

これは割りとわかりやすい方法かもしれません。
両親に限らず、自分の兄弟、姉妹など、他の親族にも合わせたがる場合はさらにサインが濃厚でわかりやすいですね。

逆に彼氏があなたの家族に会いたいと言ってくれる場合もあります。
ご両親が遠方にいるなどで、すぐに会える環境じゃない場合は、お互いの家族に関する話題が多く出るようになってもサインですよ。

なんにせよ、身内とも付き合って行きたいと思っているということなので、かなり結婚を意識しているといえます。

お金の管理について話題に出る

お金の管理を任せたい、と言われたらその彼氏はかなり具体的に結婚を意識しています。
男性が女性に財布を預ける行為はよほど信用できる相手でなければできないことです。

この時に気をつけなければいけないのは、結婚前にお金の管理をしてもらうということは、あなたの金銭感覚についても見られているということです。

自分の将来を任せても大丈夫か?と気にしているということなので、軽い気持ちで承諾せず、しっかり受け止めてあげましょう。

まとめ

女性と男性の結婚観の違いもあるとは思いますが、いずれにせよ結婚を意識してもらうにはコミュニケーションの取り方がいかに大切か分かると思います。

結婚は、特に男性にとって大きな責任を持つ意味から、容易に結婚を選択できないものです。
だからこそ、常にコミュニケーションを取り合いながらベストなタイミングで彼の背中を押してあげるよう、見逃さないようすることは大切なことです。

焦らずにタイミングを見ながら「今!」という時を逃さずに、彼からのプロポーズをゲットしましょう。

この記事に関連するキーワード