婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2017年11月27日 公開

クリスマスデートに誘いたいあなたに贈る!スマートな誘い方!

クリスマスといえば恋愛の一大イベントです。
このタイミングで、片思いの女性をクリスマスデートに誘いたいと考えている男性も多いでしょう。

しかし、いざクリスマスデートに誘いたいと思ったとき、どう誘っていいのかわからないという人も多いようです。

そこで今回は、片思いの女性をクリスマスデートに誘いたい人に、スマートな誘い方を紹介します。

どの程度親しい相手をクリスマスデートに誘いたいのか

クリスマスデートに誘いたいと思っている相手は、どの程度親しい間柄でしょうか?
その親しさによって、誘い方も変わってきます。

クリスマスデートに誘いたい相手が親しい相手、それほどでもない相手、会ったばかりの相手の3種類に会った誘い方を紹介します。

親しい相手をクリスマスデートに誘いたい場合

それではまず、会社の同僚や友人など親しい相手をクリスマスデートに誘いたい場合はどのようにしたらいいのでしょうか?

そういう人を誘う場合、まず気になるのは断られたときに気まずくならないか、ということではないでしょうか。

気まずい関係にならないようにするためには、ストレートに誘うのは避けましょう。
あくまでさりげなく誘うために、会話の流れの中で誘うようにするのがおすすめです。

誘うタイミングとしては11月中旬から下旬くらいがお勧めです。
冬になってきたという話から去年のクリスマスの話をして今年のクリスマスの予定を聞出してみましょう。

そして何の予定もないようであれば、普段飲みに行く延長といった感じで誘ってみてください。

その際、デートという単語は使わないほうがいいでしょう。
デートと言ってしまえば相手も意識してしまって、つい照れ隠しに断ってしまうかもしれません。

デートは誘い方ひとつで、誘えるかどうかの結果を左右することもあります。

あくまで日常の延長ということで、さりげなく誘ってみましょう。
これなら、もし断られても今までの関係は壊れないのではないでしょうか。

それほど親しくはない相手をクリスマスデートに誘いたい場合

それほど親しくない相手というと、取引先の女性や英会話教室などで一緒になる女性といったところでしょうか。

そんな人をクリスマスデートに誘いたい場合はどうしたらいいでしょうか?
こうした女性を誘うときに、メールやLINEなどで誘うとあっさりと断られることが多いです。

そうならないように、きちんと面と向かった状態で誘いましょう。
しかし面と向かって「クリスマスにデートしてください!」というと、ほぼ告白しているのと同意味に捉えられてしまい、なかなかOKをもらうのは難しいでしょう。

OKをもらうために気を付けたいポイントは、“さりげなさ“です。
例えば共通の趣味がある場合、その趣味に関連したイベントに誘うという手があります。

共通の趣味であれば、相手にもその趣味を楽しみに行くためにデートするという理由を作り出すことができます。

さらに、その理由を後押しするために、誘うことで相手にかかる料金をこちらが出してあげて、相手が安い料金で参加できるようにしてあげることも役に立ちます。

この場合、おごると言ったらかえって恐縮されてしまうので、余っているからということで誘い、相手がお金を払うといってきたら一度は遠慮して、それでも払うといえばあまりものだからと普通より安い値段で伝えるとスマートさを演出できます。

また、日程は最初に伝えるのではなく、相手が行きたいと言ってから伝えましょう。
最初に伝えてしまうと、予定が入っているからと相手に断る理由を与えてしまうため、OKをもらえる可能性が少なくなってしまいます。

それほど親しくない人をクリスマスに誘いたいのであれば、あまり一気に距離感を縮めないように誘うことが重要です。

知り合ったばかりの相手をクリスマスデートに誘いたい場合

合コンやネット上で知り合った女性をクリスマスデートに誘いたい場合は、当たって砕けろと直球で誘うことが効果的でしょう。

そもそもクリスマス前に出会いを求めている女性は、クリスマスまでに彼氏が欲しいと考えている人が多いと考えられます。

そのため、クリスマスデートに誘われることを望んでいる人が多いでしょう。
とはいえ、誘いやすいとはいえど、当然断られることもあります。

クリスマスまでに彼氏がほしいと考えている女性にありがちなのは、何度か会ううちに相手が自分に気があると感づくと、本当にこの人と付き合っていいのか、別にクリスマスまでに彼氏がいなくても問題はないのではないかと冷静になってしまうことです。

その場合、ほかにもっといい人がいるからと理由をつけて断られることもあるでしょう。
そのため、クリスマスに本気で誘いたいと考えるのであれば、どうせ来てくれるだろうと安易に考えて適当に誘うこと絶対にやめましょう。

そういった事態を避けるために必要なのが、クリスマスというムードに合わせて燃え上がった女性の気持ちを落ち着かせないように、勢いを持って直球で誘い出すことなのです。

人は考える時間があると、だんだんと気持ちが落ち着いていくものです。
その時間を作り出さないためにも、答えがYESかNOの二択の質問を送ることが重要になります。

ほかにも、チケットの必要な場所に誘って「行くなら明日までに申し込まなきゃいけないんだけど…」などと回答の期限をさりげなく用意することも有効です。

クリスマスというイベントの力をうまく利用すれば、通常よりも簡単に彼女をゲットできるかもしれません。

クリスマスに女性を誘いたいなら注意すべき点

クリスマスに女性を誘いたいのなら、いくつか気をつけておかないといけないところがあります。

例えば、クリスマスはお店が込み合うので、誘いたい相手を誘ったらすぐお店の予約なども必要になります。

また、それ以外にもクリスマスデートならではの注意点がいくつかあります。
ここでは、クリスマスに女性を誘うときに抑えておきたい注意点について確認しておきましょう。

誘う時期は10月から11月中に

クリスマスデートに女性を誘いたいのであれば、まずは誘う時期に気を付けましょう。
クリスマスの予定に誘う時期として、10月から11月中に誘うことがおすすめです。

というのも、12月に差し掛かってから誘ってしまった場合、その時にはもう相手もクリスマスに予定がないのは嫌だからと、予定を入れてしまっていることが多いです。

みなさんも1か月くらい前には、翌月の予定が大体埋まってきているものではないでしょうか?

特に相手はあのクリスマスです。
女子会などが流行っているいまどきに、彼氏がいなくてもクリスマスを楽しむすべを持っている女性はたくさんいます。

ここ近年では、11月には街にはクリスマスムードが漂い始め誘いやすい雰囲気を作り出してくれています。
誘った後にお店を予約することなども考えると、誘う時期は早ければ早いほどいいでしょう。

あまり気合を入れすぎない

クリスマスデートに誘いたい相手を無事誘うことができると、気合を入れすぎてしまう人が良く見られます。
例えば高級レストランに予約したり、高額なプレゼントを用意したりする人です。

まだクリスマスに誘っただけで付き合っているわけではありません。
そんな相手と高級レストランに誘われたり、高額なプレゼントをもらったりしても困惑するだけです。

クリスマスということを除いて冷静に考えてみれば、付き合っていない人とのデートにそんな高価なものを出されても困ってしまいますよね

むしろその気持ちの重さゆえに、好感度が下がってしまうことでしょう。
そうなると、せっかくクリスマスに誘い出せたとしても、そこで関係が終わってしまうことが目に浮かびませんか?

そうならないように、いつもより多少いいところに食事や飲みに行ったり、負担にならない程度のプレゼントを用意したりといった加減が必要です。

浮かれてしまって、相手が戸惑うような真似はしないようにしましょう。

グループで誘うことは避ける

クリスマスに誘いたいけれど、二人きりだと警戒されるかもと思って、グループで誘う人がいます。

しかし、これはクリスマスに誘うという意味を失った、やってはいけない行為いえるでしょう。

クリスマスに相手を誘い出すことのメリットは、二人きりでデートすることを誘っても通常の日に比べて違和感がないということではないでしょうか。

世の中はイルミネーションを見るや、スケートに行く、良い雰囲気のお店で食事をするなど、二人きりでも楽しめるプランをたくさん用意してくれています。
これらを使わない手があるでしょうか?

そもそも、グループで誘うのであれば別にクリスマスである意味はなく、逆に何もない日の方が警戒心も少なく誘いやすいことでしょう。

二人きりで誘うことに勇気がいることもわかりますが、そこで一歩踏み出す勇気を持てなくてはいつまでたっても意中のあの子を落とすことはできませんよ。

まとめ

クリスマスは恋愛において大事なイベントなので、誘いたい人がいる場合はこのタイミングを逃すわけにはいきません。

しかし、誘い方を考えなければ断られたときに気まずくなったり、今後の関係がなくなったりするかもしれません。

そうならないためには、クリスマスにどうやって誘いたい相手にOKしてもらうかをよく考える必要があります。

上手く誘って、プランもしっかり練って、最高のクリスマスデートを迎えられるようにしましょう。

この記事に関連するキーワード