婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

【結婚したい!】結婚ができる女性への道のり


結婚をしたいけどできない、または踏みとどまっている女性のみなさん必見。
自分が結婚できるにはどのようにすればいいか、またなぜ自分は結婚ができないのか、結婚したいけど今のままでしていいのか様々な悩みがあると思います。

この記事を読んでそんな自分の悩みとさよならし、幸せな結婚ができることを祈っています。

結婚をするために

あなたは結婚をするためにどのようなことを心がけていますか?
幸せな結婚をするためには様々な方法が考えられています。

しかし結婚は人生の大きな分岐点です。
中々できない、方法が分からないなど問題は様々です。

では結婚するためにあなたが心がけることはいったいなんでしょうか?
いくつか見ていきましょう。

具体的な理想イメージを持つ

あなたが結婚したい理由はそもそもなんでしょうか?

年齢的にそろそろ、周囲が結婚しているから、親を安心させたいなど理由は人それぞれですが、気が付けば婚活自体がストレスになってしまうこともあります。

自分がなぜ結婚をしたいかを整理し、どんな結婚がいいかを考えてみましょう。
考えてみることで自分の理想像が見えてくるかもしれません。

出会いにポジティブになる

自分の理想像が見えてきたらそのための行動を心がけましょう。
出会いのある場所にいく、自分磨きなど行動は様々です。

しかしストレスを抱えたまま行動しすぎても逆効果になりえるのでリフレッシュすることも大切です。
楽しみながら行動していきましょう。

意識すべきは「家庭的」「清楚」

流行の髪形やファッションはおしゃれで素敵なことです。
しかし結婚に繋がるような真剣な恋愛をしたいなら自分磨きを大切にしていきましょう。

「合コンでモテる」「複数の男性から誘われる」といったことではなく大人の男性目線で「両親や上司、友人に紹介しても恥ずかしくない」「家事がきちんとしてそう」などを意識することが大切です。

結婚ができる人の特徴

次に結婚ができる人の特徴について見ていきましょう。
結婚を意識していても周囲の人からは「この人とは結婚は絶対無理」と思われてしまったらおしまいです。

そのような女性にならないためにも結婚ができる女性になりましょう。

人として尊敬できる

1人の女性である前に「人としての社会常識」があり、「人として尊敬できる女性」であることが大切です。
男性にとってひと時の恋愛を楽しみたい女性と、人生のパートナーとして共に歩む女性に求めるものは異なります。

恋愛は2人だけの世界ですみますが、結婚は家族や親せきはもちろんのこと、社会にも関わってくるものです。
特に男性は女性よりも社会的な立場を重視します。

そのため社会でのパートナーとして頼りになる女性は結婚できる可能性が必然的に高くなるでしょう。

一緒にいて居心地がいい

男性は恋愛に対しては、駆け引きや小悪魔的振る舞いなどのスリルを求めます。
しかし結婚になると「一緒にいて気楽、居心地がいい」といった「癒し」を求めます。

結婚生活はパートナーと毎日の日常を共に歩んでいきます。
そのため毎日の日常に疲れないことが大切になります。

男性が仕事から疲れて帰ってきたとき、エネルギーをチャージし翌日の仕事にも全力で取り組めるような家庭を求めるようになります。
特に女性の料理や家事は男性からの一番の癒しとなることでしょう。

素直に思いやりをもてるかどうか

結婚は毎日の日常の繰り返しとなるので、男性に対して結婚前では気づかなかった悪い所や足りない所が見えてきます。
当然ながら自分の悪い所、足りない所も相手に見えます。

しかし結婚は毎日の日常を共に過ごします。
ダメな所でも相手に素直にさらけ出す、受け入れる寛容さをもつなど相手を信頼して素直になることが大切です。

理想を高くもたず、相手の欠点を分かち合うことも大切なことです。
お互いが思いやりをもつことで毎日の日常にも息苦しくならないでしょう。

結婚ができない人の特徴

結婚ができる人の特徴について挙げてきました。次に結婚ができない人の特徴を見ていきましょう。

男性を減点方式で見る

1人の男性の人柄や魅力ではなく、自分の結婚相手としてふさわしいかどうかを減点方式で重視する女性は、相手の欠点や嫌な所ばかりを見てしまい、女性自身も考えがネガティブな方向に繋がり批判的になります。

このような女性は恋愛体質が低く、多くの男性にあってもときめきがないため恋愛に発展しません。
そのため結婚にも必然的に繋がらなくなります。

常に受け身である

なかなか結婚できない女性は、自分が与えるよりも相手に与えてもらいたいという気持ちが強い傾向があります。

結婚は「相手の幸せにしてもらいたい」ではなく、「共に幸せになる」のが大前提になります。
男性に対して受け身のままでいると、プレッシャーを感じるようになり結婚の決断ができなくなってしまいます。

他人よりも自分の優先順位が高い

結婚生活は住む場所、転勤、妊娠、出産といった大きなことから家具や毎日のおかず、休日の過ごし方といった小さなことまで選択の連続です。

そうなったときに自分の優先順位を下げ、他の人のために動くことが必要不可欠になります。あなたも1人の人間ですので譲れないことの一つや二つはあるのは当然です。

しかし、自分のことを優先しすぎてしまうと結婚への道が遠くなるでしょう。
我慢が続かないことが原因で離婚する人も多いですが、多少の我慢は必要となるでしょう。

人の目を気にしすぎる

結婚をする上で当然気になるのは周りの目です。
「なんであの人と結婚したの?」「もっと良い人がいずはず」といったデリカシーがないことを言ってくる人もいるでしょう。

当然ながら友達や家族といった客観的な意見は大切です。
しかし相手と結婚生活を共にするのはあなた自身です。

周りからの目が気になるのは当然ですが、あなたが結婚したいと思う相手と何があっても乗り越える意思が何よりも大切です。
自分の心に自信をもって行動することで結婚により近づくでしょう。

おわりに

結婚というのは人生を左右する大きなイベントの一つです。
結婚に対して具体的なイメージが出来ている人と出来ていない人、結婚をしたいのに出来る人と出来ない人様々な人がいると思います。

しかしそのような悩みがあって当然のことだと思います。
それほど結婚というのは大事なイベントです。

自分を見つめ直すことでいい所や悪い所を見つけ、試行錯誤を繰り返すことで、自分にあった素敵な人と出会うことが出来ると思います。

この記事を読んで結婚に様々な悩みを抱えている女性みなさんに素敵な結婚ができることを祈っています。

この記事に関連するキーワード