婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月16日 更新

バツイチでも再婚したい人へ!バツイチでも幸せを掴む方法

近年、バツイチ再婚は世の中では珍しくないこととなってきました。

厚生労働省の統計では、平成27年の離婚件数は22万6215組で、前年より4108組増加したと発表されています。
離婚するカップルが増えれば、離婚経験者も増え、バツイチ同士で再婚するケースも増えています。

実際にバツイチで再婚して、幸せに暮らしている人は多くいます。

「一度は離婚してしまったけどもう一度結婚して幸せになりたい。」
「子供のために再婚したい」
など、再婚したいと思う理由は様々です。

今回は、再婚したいと思っているバツイチの方や、再婚って実際どうなの?と思っている方に向けて、バツイチの再婚事情や再婚するためにどうしたらいいのかを紹介します。

バツイチの再婚事情

厚生労働省が発表している全婚姻件数に対する再婚件数の割合の年次推移では、

平成7年は夫13.2%、妻11.6%でしたが、
平成27年は夫19.7%、妻16.8%と20年でかなり増えています。

冒頭でも書いたとおり、離婚件数も増え、再婚率も上がっている現在では
離婚や再婚は珍しいことではないので、バツイチになっても周りの目を気にせず再婚に向けて活動している人が多くいます。

しかし、バツイチでは再婚が難しい点もいくつかあります。

いくつか例をあげると、

「バツイチというだけで出会いの段階で恋愛対象からはずされてしまう」
相手が初婚だと、相手の両親が良く思わないので反対されることもありますし、離婚するような原因が何かあると偏見を持たれるというのが理由です。

「恋愛に対してネガティブになっている」
離婚でエネルギーを消耗し、傷ついている段階では、もう傷つきたくないであったり、バツ2にはなりたくないと思ってしまうのが理由です。

再婚が難しい点はこれだけではありません。
ただ、バツイチでも再婚をすることは増えているので、乗り越えられる問題だと考えましょう。

再婚に向けてのポイント

では再婚に向けてポイントとなるのは何でしょうか?

前向きな思考と心構え

自らの離婚経験をひきずって、上手くいって再婚してもまた離婚してしまうのではないかと、ネガティブになっていることが多いです。

ネガティブな思考は相手に伝わってしまいますし、
もし結婚したいと思う相手が離婚の可能性を考えてネガティブになっていたら嫌ですよね。

過去を振り返っていては前に進めません。

悩みがあれば誰かに相談することも大切ですし、
再婚して幸せに暮らしている人のエピソードなど読んで再婚に対して良いイメージを持つこと大切です。

バツイチというレッテルにとらわれず、堂々として新しいパートナーを探しましょう。

離婚を人生経験にする

過去の離婚としっかり向き合うことができれば、それは貴重な人生経験となります。

過去の家庭生活や夫婦の間で、相手の悪いところばかりを見てしまいがちですが、
自分自身もどういうところが悪かったのか、至らなかった点を考えてみることが重要です。

また、結婚生活を経験したわけですから、結婚生活で大切なものが何なのか、
初婚の時よりも遥かに分かるのがバツイチの強みです。

離婚を人生経験とすることができれば、再婚の成功率は上がります。

相手に求める条件を明確にする

離婚を人生経験として向き合い、結婚生活で大切なものが分かれば、
相手に求める条件も変わってくるでしょう。

ただ、相手に求める条件を多く決めすぎてしまうのはNG。

出会える相手が少なくなりますし、相手のプレッシャーにもなります。
結婚生活で重要だと思う最低限の条件を決めましょう。

また、ステータスよりも性格や中身を重視するべきです。
もう失敗したくないと思っているなら尚更。

一緒にいて心地良い人、ずっと一緒にいたいと思えるパートナーを見つけましょう。

相手ときちんと話し合う

いいなと思う相手が見つかったらお付き合いをする前にまずはきちんとお互いのことを話し合いましょう。

過去の自分について話し難いことかもしれませんが、理解してもらうことはとても重要です。

再婚後に揉めてトラブルにならないためにも、過去の自分を含めて受け止めてくれるか確かめるためにも、きちんと話をしましょう。

また、バツイチ子持ちの場合、子供のことはとりあえず置いておいて付き合い始める、というのは危険です。

再婚の話が本格的になっていくうち、段々と子供に対する不安が生まれてきます。

再婚相手と子供が合わなかったり、子供の意思を無視して再婚に踏み切って、自身と子供の関係が悪くなってしまったりと様々です。

子供がいる場合は特に、子供も交えて話をすることが重要です。

再婚をする前に、きちんとお互いのことを理解し合えると良いでしょう。

再婚者の出会いの場

再婚して幸せになっているバツイチはどこで相手と出会っているのか、気になりますよね。

バツイチが再婚するきっかけで多いのは、会社関係や、友人・知人の紹介です。

会社関係でも出会いがなく、紹介も期待できないという場合、婚活サービスを利用すると良いでしょう。

離婚件数も増え、再婚率も上がっている現代では、バツイチ限定の婚活パーティーや、バツイチを歓迎するような婚活サービスが多くあります。

バツイチを受け入れている婚活パーティーでは、参加者がバツイチ、もしくは相手がバツイチでもかまわないと思っている人しかいないので、再婚を望む方にはうってつけのパーティーです。

婚活パーティーでは出会いがとても多い分、再婚に関しての考えも様々ですから、
出会った相手がどんな考えを持っているのかしっかりコミュニケーションをとることが重要になってきます。

また、結婚相談所を利用するのも良いでしょう。

結婚相談所では、本気で結婚を考えている利用者がほとんどですし、
時間がないという方でも、結婚相談所の担当者が紹介してくれるので希望に沿った相手と効率的に出会いやすいというのが特徴です。

婚活としてしっかり活動しなくても、外に働きに出て、習い事や趣味のサークルに参加する中で出会いはあります。

離婚したばかりだと、ネガティブになってしまいがちになると思います。
一人で考える時間をなくすためにも、なるべく外に出て活動しましょう。

最後に

近年では3組に1組が離婚するというデータが出ているように、離婚は珍しいことではありません。

つまり離婚歴は絶対的ハンデになることはないので、再婚したいと思うならば積極的になって良いのです。

離婚を人生経験として前向きにいることがバツイチの再婚への近道となります。

再婚を望む皆さんが新たなパートナーと幸せな生活を送れることを祈っています。

この記事に関連するキーワード