婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

バツイチと結婚するメリット・デメリット

あなたは、バツイチですか?もしくは、バツイチの人とお付き合いしたことがありますか?

日本の結婚事情で、晩婚化がよく語られがちですが、もう一つこんなデータがあります。
「3組に1組が離婚する」という数字。

つまり、口には出さないけど、バツイチの人って思っている以上に多いのです。

交際している彼氏、彼女がバツイチで、結婚するかどうか迷っていたり、自分自身がバツイチで、どうしたらいいか悩んでいる人もきっとたくさんいるはず。

そんなわけで、どうして相手がバツイチだと、または、自分がバツイチだと結婚に踏み切れなくなるのか、バツイチの結婚のメリット&デメリットについてまとめてみました。

バツイチが結婚に踏み切れないのは、なぜ?


バツイチの人が、なかなか結婚に踏み切れないのは、なぜなのでしょうか?

今は、そうではありませんが、一昔前は、「結婚とは耐え忍ぶものだ」という世の中の風潮があり、離婚=悪いことのようなイメージがありました。

そういった考えの両親のもとに育った方は、バツイチという立場に引け目を感じていて、結婚に踏み切れないのかもしれません。

また、1度結婚について失敗した経験から「また失敗するかも!?」とか、「もうあんな思いはしたくない」というマイナス思考が強いこともあります。

更に離婚をしてしばらくたつと、今の楽な生活を壊したくないという気持ちもうまれてきてしまいます。

これも結婚に踏み切れない原因の一つですね。

また、好きになった相手が、バツイチで結婚に踏み切れずにいるパターンもあります。

どんな理由で離婚したのか、聞けずにもやもやしていたり、離婚の理由を聞いて、また同じことを繰り返したりしないか不安で結婚に踏み切れない場合もあります。

バツイチでもいい人はいる


バツイチと聞くと、「なにか欠点がある人なのかな」「また失敗するかも」とマイナスがイメージを持つ人が多いですよね。

しかし、バツイチだからとひとくくりにするのは少し危険です。

中には致し方なく別れるしかなかった人や自分以外の理由で別れることになってしまった人もいるかもしれません。

そういったケースの場合はむしろチャンスです。

まだ結婚しないで残っている人よりも魅力的な人かもしれません

よって、あくまで別れてしまった理由を聞いたうえで判断しましょう。

バツイチと結婚するメリット


それでも、結婚に踏み切れない理由を乗り越えて、再婚する人はたくさんいます。
バツイチの人とお付き合いしている人向けに、バツイチの結婚のメリットとデメリットをまとめてみました。

バツイチとの結婚するメリット①相手を思いやる気持ちが強い

1度の失敗で、もう2度目はないとバツイチの人は思っています。
なので、夫にも妻にも、きっと尽くしてくれるはずです。

バツイチとの結婚するメリット②相手の親や親戚関係ともうまくつきあえる

初めての結婚で、相手の親や親戚づきあいで苦労するのは、その経験が全くなかったからです。

しかし、2度目となるといろいろなことが想定できますし、対処もできます。
お互いの親と良好な関係を苦労せずに築けるのはとてもいいことです。

バツイチとの結婚するメリット③我慢強い・たくましい

お互い苦労しているので、女性はたくましく、男性は我慢強さがみについています。
子供がいる男性の場合は、家事・育児の経験があります。

女性にとっては、家事ができる夫は嬉しいですね。

バツイチとの結婚するメリット④自分の欠点がわかっている

バツイチの人は一度結婚して失敗しているため、自分の何がいけないのか痛いほど認識している場合が多いです。

そのため、前と同じ間違えを繰り返さないよう努力するでしょう。

そういった意味では、なにが悪くてどうすれば結婚生活が上手くいくか知っているということでもありますので、心強いでしょう。

バツイチとの結婚するメリット⑤考えに柔軟性がある

結婚とは赤の他人が一緒に生活するので、お互い考えが合わないこともあるでしょう。

しかし、バツイチの人は一度結婚した時に、そういったことも経験しているので、ただお互いにぶつかればいいわけではないことをよく知っています。

相手を尊重し、自分と考えが違っても柔軟に対応してくれるでしょう。

バツイチと結婚するメリットをもっと知りたい方はこちら!

決めるのはあなた次第!バツイチと結婚するメリットとは?

バツイチと結婚するデメリット

バツイチとの結婚するデメリット①親子間のトラブルが起こる可能性がある

子供の年齢にもよりますが、いきなり親になるのは覚悟のいることです。
少し年齢の高い子供の場合は、いきなり親ぶったりしたら、反発を買ってしまったりもします。

結婚前から、子供との距離感をいかに縮められるかが重要です。

バツイチとの結婚するデメリット②過去の離婚理由を繰り返す不安

例えば、パートナーが過去にDVで離婚していた、浮気して離婚したなどの場合、また、同じ過ちを繰り返すのではないかと思うのは当たり前です。

結婚を決める前に、必ず話し合いましょう。

バツイチとの結婚するデメリット③金銭的な問題

子供とは一緒に暮らしていなくても、養育費を毎月払っているとか、前のパートナーに慰謝料を払っているといった、金銭的なことからトラブルになることもあります。

こちらも、事実をしっかり認識するための話し合いが必要です。

バツイチの結婚のメリット&デメリットをまとめました。
デメリットは、「こういうことがあるかもしれない」と、心の中で想定しておくだけでも、不安が少し解消されますね。

バツイチが結婚に踏み切る前にやるべきこと


結婚は、相手がバツイチだろうが、初婚だろうが、みんな必ず悩みます。

「だめなら離婚すればいいや!」のような軽い気持ちでの結婚は、考えられませんよね。
まして、バツイチなら、「また失敗はしたくない」との思いがより一層強いわけですから。

もし、少しでも心の中に結婚することに対して不安があるのなら、その不安を解決せずに結婚に進んでいくことは、おすすめできません。

出来る限り悩みや不安を一人で抱えたままにせず、解消していくことも結婚準備の第一歩と言えます。

結婚に踏み切る前にやるべきこと…心の中の不安を解決する方法をまとめました。

前の結婚生活、離婚の原因が気になったら聞くこと

よくあるのが、「バツイチの相手に、離婚の原因や、前の結婚について聞いてはいけない気がする」と思っている人が多いのです。

これは、絶対に間違いです。

何も聞かないことが優しさだなどと、勘違いしないでください。
結婚してから、その事実を知って、それを抱えて一生一緒に暮らすことになります。

結婚前に、お互いスッキリとした気持ちで新しい生活が始められるといいですね。

過去にとらわれすぎないこと

前の結婚生活、離婚の原因を聞いて、ショックを受けたとします。
それは確かに「また私にも同じことするかも」と、悩むことになるでしょう。
でも、あまり過去にばかりとらわれすぎてはいけません。

過去は消すことはできませんし、そんなことよりも二人で同じ思いで前を向いて新しい生活をスタートさせるために必要な話し合いをしましょう。

とにかく不安材料は、二人で解決

結婚するとなると、さまざまな問題や不安はつきものです。
不安は、二人で力を合わせて結婚前に解決すればいいのです。

そうすれば、より信頼関係ができて、すばらしい結婚生活を送ることができるはずです。

まとめ

バツイチの結婚、メリット&デメリット 参考になりましたでしょうか?
「相手がバツイチだから…」とか、「私がバツイチなので…」という考え方は、これを読んでなくなりましたか?

結婚は多かれ少なかれ、不安はつきものです。
素敵な人が現れて、それがたまたま一度結婚していたというだけのこと。

そのくらいの割り切りで、是非 バツイチの結婚に前向きになってほしいと思います。

この記事に関連するキーワード