婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年05月29日 更新

女性のアラサー婚活、成功のための妥協も必要!ポジティブ妥協!

アラサー婚活で妥協をしたほうが良いと言うと、大半はネガティブな印象を受けるかと思います。

人によっては「アラサーだから理想を下げろって言っているんでしょう?」と目くじらを立ててしまう人も居るでしょう。

しかし女性のアラサー婚活には妥協が何よりも重要だったりもするのです。

今回はそんな、女性のアラサー婚活に必要な妥協のお話と、妥協をするための順序などを紹介します。

女性のアラサー婚活で行う妥協がネガティブなものではないとわかる、成功のための妥協なのでアラサー婚活がうまくいっていなくて悩んでいる女性は是非、参考にしてみてください。

アラサー婚活がうまくいかない理由

まずはアラサー婚活を成功させるための妥協に入る前に、アラサー婚活がうまくいかない理由を見ていきます。

アラサー婚活がうまくいかない理由で一番大きな理由が、「高望みしすぎる」というものがあります。

この高望みは、高望みを無意識にしてしまっているため、人によっては気づいていないことも多いでしょう。

「普通の男性と普通に結婚したい」

こう言っている女性に多い、無意識の高望みです。

アラサー婚活で、「普通の男性と普通に結婚したい」のこの普通は、どこから来ているのでしょうか。

大体のアラサー婚活で「普通の男性と普通に結婚したい」と言う女性は、周りの既婚者をモデルにして「普通の男性」「普通の結婚」を思い描いているふしがありますが、いかがでしょうか。

例えば既婚者の友達は、年収800万円のホワイト企業に勤めているこれから昇進の可能性もある旦那をゲットしているのであったら、自分も同じような旦那様をゲットできる、と思っているというようなことです。

しかし現実的に考えてもみてください。

その友達はその旦那様と、いつ出会いどのような経緯をたどって結婚したか、知っていますか?

もしその友達が20代のうちに旦那様と出会い、5年かけて結婚したのであれば同じような旦那様を自分もゲットするのは難しい、それがわかるはずです。

そもそも結婚した当初や出会った当初はそこまでハイスペックな旦那様であったのでしょうか。

そこらへんも加味してみると、自分が高望みしているのかもしれないということが段々見えてきます。

友達と同じ旦那様を持つためには、同じように20代のうちに結婚しなければならなかったことも見えてくるため、ショックもあるかもしれませんがこれが現実です。

自分の思う普通の男性との普通の結婚、これをまず思いなおす必要があります。

そのために、妥協が必要になってくるのです。

アラサー婚活をしている女性がしたい、ポジティブな妥協

アラサー婚活をしている女性がしたい妥協とは、何も理想を大幅に下げること、ではありません。

しかし見方によっては、そう見えるものでもあるかもしれません。

アラサー婚活をしている女性がしたい妥協とは、「相手を受け入れる」妥協だからです。

高望みしてしまう女性は、相手に完璧を求めてしまっている可能性があります。

「普通の男性」「普通の結婚」と言いながら、自分が思い描くものから少しでも外れたら「普通じゃない」と目を向けなくなるのです。

これをしていては、いつまでもアラサー婚活を終えることはできませんし、この行為は選り好みしているのと同じことです。

誰しも自分にとって完璧な人などいません。

逆に考えてみると、自分だって相手にとって理想中の理想と言うわけではありません。

そこらへんを加味して考えてみましょう。

自分の理想を相手に当てはめて少し違うから別の人を探すというのがいかに、効率の悪い婚活かわかってきたのではないでしょうか。

これを打破するためには「相手を受け入れる」妥協が必要です。

この考えさえ持っていれば、誰だって受け入れることができますし、結婚だってすぐにできます。

とはいえ、誰でも受け入れていては変な人に捕まる可能性もあるため、相手を受け入れる妥協をするときにしておきたい妥協の場所の選び方を次に紹介します。

妥協は優先順位を決めて行っていく

妥協をすると決めた時は、まず今自分が相手に求める条件を洗いざらい書き出してみましょう。

紙に書き出し終わったら、次に理想の家庭像を別の紙に書き出してみてください。

理想の家庭像も書き出し終わったら、その家庭を作るために必要な相手の要素は何か、相手に求める条件から探し出します。

探し出して、重要だと思う条件から1から順番に番号を割り振っていきましょう。

こうすることで、自分が求めている条件はどれが一番大切であるのかが見えてきます。

見えてきたら、別の紙に重要な条件、重要ではなさそうな条件をわかりやすく書いてみましょう。

こうすることで、自分が本当はどういった人を求めているかわかりますし、相手を見る目も上手になってきます。

ただ単に理想の条件だけ出しても、理想の家庭は築けない可能性が高いです。

自分がどういう家庭を築いていきたいのかなどを考えた上で再度、相手への条件を出していき、優先順位をつけていくようにしましょう。

優先順位1位、2位あたりまでは「相手を見る時の条件」にし、それ以降はできたらあると良いな、くらいの条件だと思い見るようにしましょう。

相手に完璧を求めそうになってしまう時は

相手に完璧を求めないようにしようと思っても、どうしても完璧を求めてしまうことがあります。

「もっとここがこうだったらな」

と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、こういったことを考えていると、「自分の理想に沿わない相手が悪い」と思い込んでしまうきっかけにもなるため、こういった考えを持っていると気づいたら即座に、考えの方向転換を行うようにしましょう。

相手と理想が違う、そんな場合は「おもしろい」と思うようにします。

考えの食い違いも「おもしろい」と考えるようにするだけで、理想と違う相手にイライラすることも少なくなるためおすすめです。

また、このように「おもしろい」と思えるようになるだけでアラサー婚活が成功した後、結婚生活本番でもこの考えは役に立ちます。

人と自分が違うことを受け入れ、その違いを楽しめるようになるだけでちょっとしたことでイライラすることもなくなり、不機嫌な夫婦生活を回避することができるからです。

理想の人を追い求める婚活ではこうもいきません。

もし理想の人を追い求める婚活で理想の人が現れても、段々と理想と違うところが見えてきてそこにイライラするようになってしまうためです。

こうなってはいくら理想の人と結婚できたとしても、穏やかな夫婦生活はのぞめません。

相手も、「この女性は自分ではなく、理想を見ているだけ」であることを段々理解してしまうため、そこでもひずみが生まれてしまいます。

相手に完璧を求めすぎても、自分の都合のいいようにはいかないのが現実ですから、そういった意味で妥協は人間関係を円滑に進めるうえでも大事な要素です。

つい完璧を求めてしまう時は「違いが面白い」ことを思い出す、これを頭に入れておきましょう。

まとめ

アラサー婚活は完璧を求めるからこそうまくいかない場合が多いです。

誰しも、自分の理想通り物事が進めば良いなと思う事はありますが、実際に思い通り進むことなんてそうそうありません。

結婚は特に、相手ありきのものであるため、相手に自分の理想を押し付けてしまうとより一層上手く進みづらくなってしまいます。

妥協はネガティブな印象を受けるかもしれませんが、妥協は心を平和にし、アラサー婚活も進みやすくなるために必要な要素の一つでもありますから、上手に妥協をしてみてください。

この記事に関連するキーワード