婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

アラフォー婚活で必要なのは女子力ではなく「妻力」だった!

仕事に恋にプライベートに、あれこれと忙しくしていたのも束の間。
気付けば、いつしかアラフォーになってしまった…という方も多いのではないでしょうか。

辛いことがありながらも充実していたからこそ、時が過ぎるのはあっという間なのです。

「おかしいな、気分はまだ20代なのに。」
でも、もう時間がありません。

「そうだ、女子力を磨こう!」
いいえ、もう、時間がないのです。

では、結婚の夢を叶えるためには、どうすればよいのでしょうか?
それは、「妻力」と呼ばれる要素を磨くことです。

実のところ、アラフォー婚活世代にとって女子力よりも大事なのは、妻力だと言われています。

妻力とは一体、何なのでしょうか。
今回は、アラフォー婚活に女子力が必要とされていない理由と、本当に必要な「妻力」についてお話ししていきます。

アラフォー婚活で女子力を磨いていてもしょうがない


そもそも、アラフォー婚活に女子力は必要なのでしょうか?

女性は見た目が大事だからと、アラフォー婚活のために女子力を磨いている方も多いと思います。
実は、それが間違っている可能性が高いのです。

前半は、アラフォー婚活世代に女子力があまり必要とされていない理由について、ご説明します。

女子力はできて当たり前のことばかり

アラフォー婚活で、女性が男性に求められるものとは、何でしょうか。
女子力は男性に求められているのでしょうか?

料理をすること。
女性らしい身だしなみ。
ハンカチを持っていること。
男性に女性をアピールする気遣い。

「女子力」とくくられるような言動たちは、できて当たり前だとみなされます。

身だしなみやマナーは「できていないと減点され、できていても加点はない」というもの。
熾烈な戦いが繰り広げられるでしょう。

つまり、アラフォー婚活世代にとって女子力は、どんなに磨いても加点がないため、時間をかけてもあまり意味がないということです。

もうカワイイは求められていない

男性からの採点が減点方式となると、もはや、アラフォー婚活で女子力を磨いている場合ではありません。

「でも、女性は見た目が大事だという男性が多いのでは?」
と思う女性もいるでしょう。

しかし、残念ながらアラフォー女性の多くは、美容による「可愛い」「綺麗」を求められていません。
そのような女性が好みの男性は、やはり、20代女性を中心にターゲティングします。

アラフォー女性は、自分が「カワイイ枠」ではない、ということを真摯に受け止めなくてはなりません。

女子力を磨きすぎると逆に「痛い」

女子力における減点方式の話には続きがあって、磨きすぎるとさらに大幅な減点につながる可能性があるということです。

アラフォー婚活をしている女性が、今なお女子力を磨いていることをアピールすると、どうしても薄っぺらいように感じてしまう男性が多いようです。

現実を理解しているのだろうか?
まわりが見えているのだろうか?
いい年して、女子って…

男性がこのような疑問を抱いてしまうと、なかなか結婚には結び付きません。
敬遠されがちなのは、つまり、社会性に乏しい女性ということです。

心と体の年齢が合っていない女性というのは、見ていて痛々しいと感じてしまうものです。

さらに、期待していない要素をこれみよがしに見せつけられた男性は、多大なストレスを抱えることになるでしょう。
普段磨いている女子力を評価されるどころか、うっとうしいとさえ思われるようであれば、本末転倒ですよね。

アラフォー婚活で本当に必要なものは?

前半は、アラフォー婚活で女子力を磨いてもしょうがないというお話をしてきました。
ただし、悲観する必要はありません。

これは、 “20代女性の価値とアラフォー女性の価値は別物である” という考え方に過ぎないのです。

であれば、アラフォー女性にしか見いだせない価値を模索していった方が建設的でしょう。

30代後半・40代のアラフォー女性ならではの価値とは、すなわち「妻力」です。

それに伴い、行動力を養うことも必要です。
後半はアラフォー婚活で本当に必要な妻力についてお話ししていきたいと思います。

アラフォー婚活に求められる「妻力」とは

これが、妻力!「安心感を与える落ち着き」

妻力の要素の一つ目は、「周りにも気を使う母のような安心感」です。

自分のことを差し置いて、他人を優先させる心の余裕は、年下女性にはあまり見られない行為です。
大和撫子のような女性に、男性はグッとくると思いますよ。

また、男性は元来母親に対する愛情や憧れが強いものですから、母親像に近い女性も好まれることでしょう。
こちらもやはり、年下女性に醸し出すのは難しいと思います。

例えば、婚活パーティーで相手の飲み物を持ってくる、空いたお皿を片付ける、靴紐がとれていたら結んであげるなど、率先して男性の世話を焼いてあげると、好感度が上がるでしょう。

これが、妻力!「さりげなく心地よい包容力」

妻力の要素の二つ目は、「何でも許す大人の器の大きさ」です。

何でも許すからと言って、男性の言いなりになるということではありません。

「この人と結婚したら、家庭に縛り付けられないのではないか?」
「結婚後も自由にさせてくれるのではないか?」

このように男性に思わせることが最大のポイントです。

相手の意志を尊重する器の大きな女性に、男性は惹かれることでしょう。
さりげなく心地よい包容力とは、相手の意志決定を阻害せず、自由を尊重するところにあります。

あなたも、色んなことが許せる女性になりましょう。
こちらもまた、年下女性にはなかなか務まらないことです。

例えば、束縛しない、メールやLINEの既読スルーについて文句を言わない、ルールを決めない、などが当たります。
婚活の場では、ガツガツしてはいけません。
アズ・ユー・ライクの精神で臨みましょう。

アラフォー独身に必要な「チャンスを求める行動力」


今ご紹介した妻力とは、いずれも、「アラフォー女性はこうであって欲しい」という、男性による理想像から成り立っています。
この理想にどれだけ自分を近づけることができるかで、勝率が大きく変わってくると思います。

年齢を重ねたからこそチャンスを増やしていきましょう。
自信をもって、積極的に行動してみてください。

アラフォー婚活の勝率を少しでも上げるためにも、女子力ではなく、是非「妻力」を磨いてください。

成婚までのプロセスを考えた時、「この人で我慢しよう」と思われる方が良いか、「この人でなくてはならない」と思われる方が良いか、答えは明らかですよね。

まとめ

アラフォー婚活で女子力を磨くのは、努力の方向性を見失っていると言えます。
ましてや、今まで怠ってきた方であれば、女子力など早々に身につくものではありません。

特に衣食住にまつわることは、日々の生活の積み重ねがなせる業です。

今さら不得意なことを習得しようと思ってもなかなか難しいですし、努力が実るためには、それ相応の時間がかかります。
しかしながらアラフォーとなると時間がありませんので、これからは妻力を養った方が合理的だと言えます。

本来、みなさんの目的は、着飾ることではなく、結婚することのはずです。

これ以上女子力を磨いても、評価につながるどころか、まともな男性のストライクゾーンからドロップアウトしてしまうのであれば、意味がありません。
アラフォー婚活をしている方々は今後、女子力向上に投資するのではなく、妻力に磨きをかけた方が成婚までの道のりが近く、また、プロセスも美しくなります。

そして、結婚に有利に働くような、生きたお金や時間の使い方をすべきでしょう。
年下女性では物足りない、アラフォー女性ならではの良さを前面に出し、積極的に行動すると良いです。

アラフォーである、今の自分に価値を見出して、頑張ってください。

あなたの強みってなに?自己分析はこちらから▼

無料で試せるツヴァイの【恋愛傾向診断】をやってみる

この記事に関連するキーワード