婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

厳しいアラサー婚活を成功させる「恋のパレート最適」とは?

婚活をしているアラサー女性の多くは、年齢の壁にぶち当たってくじけそうになった経験があるでしょう。
「やっぱり、アラサー婚活は厳しいね!」と言いながら、今日も婚活に取り組んでいます。

アラサー婚活が厳しいのは事実。
しかし、厳しさにくじけてばかりはいられません。

今回は、アラサー婚活を厳しいと感じないために、パレート最適を使った解決法をお伝えしたいと思います。

そもそも「アラサー」とは?

そもそも、“アラサー”という言葉はどこからやってきたのでしょう。

アラサーとは、“around 30”の略。
30歳前後、年齢にして“25~34歳”の人を指すことが多いようです。
アラサーと言う表現は、2006年あたりから使われるようになりました。

婚活業界が名付け親のような気がしますが、実は、アラサーの語源はファッション業界から来ています。
“ルーズソックス”、“アムラー”、“コギャル”、というと分かりやすいでしょうか?

彼女たちはファッション誌の一時代を築き上げたと言っても過言ではありません。
かつてのコギャルも今やアラサー・アラフォー世代です。

アラサー婚活は本当に厳しいのか

アラサー婚活が厳しいと言われる所以は、簡単にいうと、 “妥協しなければならないのではないか”という懸念です。

若い頃に思い描いていたような異性との結婚は難しい…
アラサーの婚活は厳しい…
引き算、引き算の婚活になることを皆、懸念しているのではないでしょうか。

不安ばかりになると、アラサー婚活そのものが厳しいと感じ、嫌になってしまいますから、少し発想の転換をしてみましょう。
本文でご紹介するのは、パレート最適という理論です。
複雑な問題ほど、シンプルに考えていくことが大事です。
アラサー婚活は本当に厳しいのでしょうか。

シンプルに考えるコツ!アラサー関連記事▼

アラサー婚活を成功させる鍵【プライド】と【自己分析】

アラサー婚活の厳しさを乗り切る「パレート最適」とは

パレート最適とは

経済用語。資源配分に関する概念のこと。
あるグループ内の資源配分に無駄がないこと。
他の経済状態を悪化させることなしには、もはや何人の経済状態も改善できないという状態にあること。
資源利用に無駄のない最適な状態をさす。

ちょっと難しい説明ですね。
それでは、パレート最適について婚活を例にして簡単にご説明しましょう。

ここに100人の村があったとします。
男性が50人、女性が50人います。

村で最も素敵な男性と、最も素敵な女性が結婚しました。
次点で素敵な男性と、次点で素敵な女性が結婚しました。
順を追って、魅力の高い男女が次々と結婚していきました。

さて、残ったのは、男性5人と女性5人、合計10人です。
こちらの10人は、100人村では“素敵ではない”と判断された男女です。

10人は村を出ました。
さて、ここで何が起こるでしょう?

10人村ができました。
男性が5人、女性が5人います。

村で最も素敵な男性と、最も素敵な女性が結婚しました。
次点で素敵な男性と、次点で素敵な女性が結婚しました。

いかがでしょうか?
順を追って…という具合で、永遠と続いていくのです。
つまり、ある集団の序列からドロップアウトした集団は、新たな集団として新たな役割が決まってくるということです。

厳しいアラサー婚活をパレート最適化するには?


パレート最適は、“不幸な人を誰も作らないようにする”ための理論です。
上記では100人村の話をしましたが、今度は自分に当てはめて考えてみましょう。

あなたは20代の頃、「とても裕福で、とても容姿が整った人と結婚したい」と思っていたとします。
あなたは清楚でとても美しかったのです。

ご縁がないまま30代に突入し、今度は「少しだけ裕福で、少しだけ容姿が整った人と結婚したい」と思うようになりました。
あなたは年を取り、少し状況が変わったのです。

この例から分かることは、自分の条件が悪くなっても、裕福という項目と容姿という項目に関して妥協していない点です。

では、「お金だけあればいいや」と、ならないのは何故でしょう?
それは、 “どちらか片方に偏ると満足度が減ってしまうから” です。

しょっぱいものを食べれば甘いものが欲しい、甘いものを食べれば再びしょっぱいものが欲しくなるのと似ていますね。
どちらか一方しか選べないとなると、選ばなかった方に後悔が残る。
我々はそういう風にできているということです。

婚活は、例えば二つの条件があった場合に、どちらか一方を特化させようとすると「アラサー婚活は厳しい」と感じてしまうのかもしれません。
そうではなく、アラサー婚活は、厳しい中でも両方を少しずつ取るようにすれば、不思議とうまくいきます。

「少しだけ裕福で、少しだけ容姿が整った人と結婚したい」と、変えてみた基準は、自己パレート最適化によるものと言えるでしょう。

アラサー婚活が厳しいのは、あなた自身の考え方次第です。
自分の視点を変えることで、アラサー婚活は厳しいものではなくなります。

30歳になるとどうなる?関連記事はこちら▼

30歳になったらつかむべき30代女性のイメージ

アラサー婚活を捉えなおすメリット

さて、「少しだけ裕福で、少しだけ容姿が整った人と結婚したい」と基準を変えたのは、あなたの役割が変わったと、あなた自身が判断したからです。

事実、年を取り、少しだけ老けました。
ですが、20代の頃には見受けられなかった、心のおおらかさが育まれました。

従来の「とても裕福で、とても容姿が整った人と結婚したい」という基準とはまた別の基準に当てはまると、あなたは思ったのです。

ここで言えるのは、相手軸になって考えているという点です。
相手の立場になって考えた時、今の自分は役割が違うだろうという判断を下したのです。

アラサー婚活も同様に、厳しい条件をいつまでも追い続けるのではなく、変わった自分に目を向けてみましょう。
パレート最適というのは、ある人の効用が上昇する時、他者の効用を減らさないことができる状態を指します。

他者の効用を減らさないように動かなければ、アラサー婚活の状況は厳しいままです。
アラサー婚活の厳しい状況を変えるためにも、自分だけではなく、他者にとっての効用も考えましょう。

厳しいアラサー婚活を成功させる方法


アラサー婚活が厳しいのではありません。
“相手の効用を減らさないように自分を省みることが厳しい”、ということがお分かりいただけたでしょうか?

しっかりと、自己をパレート最適化すれば、アラサー婚活は厳しいものではなくなるのです。
では、相手の効用を減らさないためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

女性側のアプローチ

女性のアラサー婚活で困難を極めるのが、“結婚後は働きたくない”という厳しい条件です。
これを、“結婚後も働ける”に変えましょう。
男性に対して女性が行うアプローチです。

初めから、専業主婦希望としてしまうと、アラサー婚活は厳しいものになってしまいます。
アラサー婚活を厳しいと感じさせないためにも、仕事に関しては柔軟性を持ちましょう。
男性にとって、アラサー婚活を厳しいものにさせないためにも、家事に関しては臨機応変に対応しましょう。

お互いに歩み寄ることで均衡していく

アラサー婚活は、一概に厳しいものとは言えません。
先に結婚する人がいるために、若い時に魅力とされやすいタレントを持つ人は先に消費されるのは事実です。

しかしながら、年を取れば魅力とされる要素が変化するので、若い時とは違った要素のアプローチをすれば良いのです。

なにも、アラサー婚活は厳しいと、悲観する必要はありません。
アラサー婚活が厳しいと感じさせないためにも、今までと価値観の軸を変えてみたり、新しい価値観を取り入れてみたりすることが大切です。

固定観念を捨て、何でもチャレンジしてみると、アラサー婚活は厳しいものではなくなってくるので非常に良いのです。

例えば、運動が苦手でもスポーツサークルに入ってみる、野球に興味がなくても観戦しに行ってみる、料理下手でも料理を習ってみるなど、今までの自分に無い要素をいろいろ取り入れてみましょう。
すると、不思議とアラサー婚活は厳しいものではなくなってきます。
人生に楽しいことを取り入れると、自然と笑顔になります。
お互いに歩み寄ることができれば、厳しいアラサー婚活を成功させやすくなるのです。
心の知能指数をもとに婚活偏差値をテスト(婚活EQ診断)

この記事に関連するキーワード