婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年09月21日 更新

50代男性は「結婚できない男」だらけ?結婚するために必要なこと

50代男性の結婚ってどう?

50代の未婚男性は、なかなか「結婚できない男」と思われがち。

結婚できない50代男性は、どういった理由で独身なのでしょうか?

男性が50代から婚活した場合でも、実際に結婚できた人もいます。
50代男性には、どのような婚活がおすすめなのでしょうか?

「パートナー」を求める50代男性の真意

食卓の妻
30代・40代の頃に「自分はもう結婚しない!」と決めたのに、いざ50代になってから「やっぱり結婚したいかも…」と考える男性はとても多いもの。

独身を貫いてきたアラフィフ男性も、50歳になってみると気持ちが揺らぐのでしょう。

50代。
40代後半からのここ数年は、振り返ればあっという間。
このままあっという間に還暦を迎えてしまうのか?!

「このまま一生ひとりきりで生きていくのだろうか」と不安になる夜もあるかもしれません。

そう。
50代男性たちは、突然に “パートナーを得たい” と強く感じる時が来るのです。

結婚したい。
と、いうよりも
“家族が欲しい”
と言った方が、気持ちに合っているかもしれませんね。

50代男性の未婚率はどのくらい?

50代の男性は、なかなか結婚できないというイメージがあります。
しかし、アラフィフの独身男性は珍しくありません。

実際には50代男性の未婚率・50代男性の結婚率は、どのくらいでしょうか?

政府統計の国勢調査では、結婚していない人の割合を調べる「未婚率」が公表されています。
この結果から、年代別の結婚率と未婚率の推移をまとめてみましょう。

年齢別未婚者率_男性

まず、50歳前半(50歳から54歳)の男性のうち、結婚したことがある人(離別・死別も含む)は、77.9%です。
そして、50代後半(55歳から60歳)男性はさらに結婚率が増え、17.7%が未婚。

つまり、50代男性の5人に1人くらいは独身だとわかります。

40代以降の結婚率の増え方はとても緩やかで、なかなか未婚者は減りません。

しかし、それでも着実に、 “結婚できる50代男性がいる” ということがわかります。

結婚の近道!50代男性が知るべき「〇〇」とは?

女性の影

「もう恋愛とかめんどくさい。結婚諦めた。」
「どうしても結婚したい相手が現れたら、その時考えたい。」
「一生ひとりで生きよう。今までもそうだったし。」
「結婚なんて、自由がなくなるだけだよな。」

それは、あなたの本心でしょうか。

もしも、心のどこかで「本当は結婚したい!」「家庭を持って落ち着きたい!」「支え合えるパートナーが欲しい!」と思う気持ちがあるのなら、行動を起こさなければなりません。

まずは自分自身が “結婚相手とどう過ごしたいのか” を考えてみることがおすすめ。

「どんな女性が、自分のことを好きになってくれるのか」と、消去法のように嫁候補を探していても、なかなか“答え”に行きつくことが出来ないんです。

「自分はどんな過ごし方をしたいのか」を考えれば、逆算で「どんな相手を選べば結婚がうまくいくのか」ひいては「どんな女性と結婚するべきなのか」がわかるものです。

「活動的な女性がいいな。若々しいデートもしたい。」
「物静かな女性がいい。休日はそれぞれの時間を過ごしたい。」
「毎週会いたい。甘えてくれる彼女がいい。」
「インドアデートを楽しみたい。一緒に料理したりとか。」

そんな風に、付き合ったら(そして、結婚したら)相手とどう過ごしたいのかを具体的に考えてみると、理想の女性像がグッとリアルになるでしょう。

自己評価と向き合い、恋愛力を調べる方法

なかなか結婚できない50代男性の共通点。
それは、自己評価が適正ではないということです。

自分の価値を過大評価して、高望みをしていたり。
逆に、過小評価して「俺には独身・孤独死がお似合いだ…」とネガティブになったり。

そんな男性は、女性にとって魅力的でしょうか。

自己評価が適正でない男性は、とにかくモテません。
貴重な時間を浪費し、恋愛も婚活もこじらせっぱなし。
“恋人いない歴”をどんどん長引かせ、おひとり様街道まっしぐらです。

あなたの【本当の恋愛力】はどれくらいなのでしょうか。

自分自身の恋愛観(結婚観)を、客観的に見つめ直すのは難しいことです。

しかし、あなた自身の恋愛の“強みや弱点”を自分でよくわかっていないと、女性とうまくいきません。
このままでは、本当に一生独身になってしまいます。

「自分自身の恋愛力」がわかっていないために結婚・恋愛がうまくいかない男性は、とても多いんです。

あなたの「恋愛力」を正確に知る方法とは?

客観的な診断のためには、ツヴァイの恋愛傾向診断(無料テスト)がおすすめです。

「診断テスト」というと、“おまじない”とか“占い”の類だと思っていませんか?

診断テストは、精度の高いきちんとしたものを選べば、あなたの今後の恋愛・さらには結婚相手を選ぶ場合において、かなり貴重なデータになります。

ツヴァイの恋愛傾向診断(診断テスト)は30の質問に答えるだけで、恋愛に必要な6つの力を測ることができます。

恋愛傾向診断の流れ

共感度・ポジティブ度などの、独自の観点で、あなたの恋愛の強みと弱点をわかりやすく“数値化”してもらえるので、今後の恋愛や婚活に役立つに違いありません。

あなたは、自分の恋愛傾向や恋の弱点を知っているでしょうか?
まずは、いままでの恋愛とじっくり向き合って、恋愛偏差値を受け入れることも大切なんです。

恋愛傾向診断の中身

婚活がうまくいかない男性の多くは、自分自身の恋愛傾向を客観視できていません。
まずは無料「恋愛力」診断テストを受けてみましょう。

なかなか結婚できない50代男性の特徴

結婚できない男性
結婚したいのになかなか結婚できない50代男性たち。
彼らには、どんな課題があるのでしょうか。

婚活を成功させるためには「結婚できない男」の悪いクセを見直さなければなりません。

【1】出会いがないから結婚できない

50代の男性で、結婚したいと思っているのになかなかできない理由のひとつに、出会いがないということがあります。
統計ラボを見ても、これが一番大きな原因となっていると考えられます。
実際、50代の男性が30代の女性と結婚したいと考えたとき、年齢差は約20歳ほどとなってしまいますから、それほど歳の離れた女性と出会い、結婚を前提としたお付き合いをすることは難しくなって来るでしょう。

しかも、統計ラボの女性30代の未婚率を見ると、56.8%となっています。
それは、残りの半数近くの女性はすでに結婚していることを意味します。
もっと歳の近い40代、50代の女性となれば、そのほとんどが既婚者となりますから、結婚相手として出会える女性の数自体が少ないということになるのです。

【2】経済力に不安があるから結婚できない

50代ともなれば、収入は安定していると考えられがちですが、もし運良く若い女性と結婚できたとしても、これから子どもを持ち、成人まで育て上げる前に定年を迎えてしまいます。
また、50代の男性が結婚する場合、相手の女性が婚姻歴があり、子どもがいるということもありますが、その子どもが未成年だった場合も成人するまでは経済的な負担が増えることになるでしょう。

たとえ子どもを持たない場合でも、定年までの期間がもうそれほど長くないため、貯金が少ない場合や退職金に不安がある場合は、これから妻を持ち養うことに迷いも出て来ます。
昨今では、リストラされる恐れもあり、定年まで今の会社にいられるかどうかというような不安もあります。
そうしたことから、50代の男性にも、経済的な不安からなかなか結婚できないという事情はあるようです。

【3】何か問題があると誤解されるから結婚できない

50代まで独身で来た男性は、女性から見て「何か問題があるのでは?」と誤解されてしまうこともあります。
とは言え、それをハッキリと聞くことができる女性は少ないので、「何か問題があるのかも、この人はやめておこう」と何も言わずにフェイドアウトされてしまうことも考えられます。

もし婚姻歴があり、バツ1やバツ2だったとしたら、それはそれで「問題がありそう」と捉えられてしまうことも多く、たとえ出会いがあったとしても、親しくなる前に女性が去って行ってしまうということも、50代男性がなかなか結婚できない理由のひとつとなっていそうです。

50代男性がこのまま結婚できない人生とは?

50代の男性が、このまま結婚できなかったとしたら、どのような人生が待っているのでしょうか?

定年後の寂しさ

既婚者である男性の場合、定年が近くなって来ると、「定年後は妻と色んなところに旅行をしよう」とか、「妻とゆっくり趣味を楽しもう」など、奥さんと一緒に何かをすることを楽しみにしているといった声がよく聞かれます。
また、孫の世話をする時間が取れるなど、やはり家族との時間を楽しみたいと考えている男性は多いでしょう。

50代ともなれば、定年もすぐそこ、という気持ちになり、結婚していない場合は定年後は仕事もなく、家族もなく1人で寂しい毎日を送ることになるのではないかという不安を感じることがあるのではないでしょうか?

健康への不安

結婚して妻を持てば、料理などから健康面を気遣ってくれたりもしますが、男性が1人で暮らしていると食事が疎かになることも少なくないと思います。
また、誰かと一緒に暮らしていれば、自分が具合が悪くなったときに気付いてもらえたり、看病してもらえたりしますが、結婚せず1人でいると、具合が悪くても誰にも気付いてもらえないかもしれない、という不安が出て来ます。

50代となり、今まで以上に体の不調を感じることが多くなった男性は、こうしたことも心配の種になっているのではないでしょうか?

オーネットスーペリアは結婚したい50代男性に最適

やはり50代男性の結婚は難しいのか、と思ってしまった人に、オーネットスーペリアをおすすめします。
オーネットスーペリアは婚活サイトのひとつですが、こちらに登録できる男性は、50歳以上です。
女性は、45歳以上から登録可能となります。

平均年齢も高く、男性が62.3歳、女性が55.6歳ですから、50代の男性はまだ若い方と言えるのです。
50代でオーネットスーペリアを知ったあなたは、ラッキーです。
対象エリアは関東・関西・東海・九州となっています。

安心の運営

オーネットスーペリアは、有名企業である楽天が運営しています。
登録の際も、独身証明書や各種証明書の提出が必要となり、身元が分からない会員はいないので安心です。
婚活サイトで結婚詐欺などに引っかかるのでは?という不安を感じている人は、こうした証明書の提出を義務付けているサイトを利用することをおすすめします。

出会い方

オーネットスーペリアでは、マイページにて毎月2名の紹介書を受け取る仕組みになっています。
その他、イベントやパーティーもありますので、出会いのチャンスが広がります。

しっかりサポート

ネットでの婚活サイトでは、1人で奮闘しなければならないのでは?と思っている人もいますが、オーネットスーペリアは専任アドバイザーがしっかりサポートしてくれます。
自分だけでは気付けない、客観的なアドバイスももらえますので、恋愛にご無沙汰で不安な人も勇気が持てます。

バツありも珍しくない

50代の男性では、過去に離婚しているという人も珍しくないですよね。
オーネットスーペリアの会員でも、バツありの人は珍しくありませんから、婚姻歴があっても気後れする必要はありません。
女性も同様ですから、あえて同じ境遇の人が良いという場合、そういった女性と出会いやすいと言えるでしょう。

50代男性がこれから結婚するために

男性が50代となり、ふと「このまま独身で良いのか。結婚したい」という思いが湧いてきたとき、ただ闇雲に出会いを探そうとしても難しいということは、すでにお分かりだと思います。
そうした中で、便利で安心して利用できる婚活サイトの力を借りながら、結婚相手を見つけることができるのは喜ばしいことです。

結婚を世話してくれるような「世話焼きおばさん」が周りにいない今、50代男性からの婚活を支えるオーネットスーペリアのようなサイトを使い、これからの人生の良き伴侶を探してみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するキーワード