婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

婚活は戦略だ!「年収300万」で結婚できるテクニック

結婚したいけど年収が気になる…

婚活では、結婚相手を選ぶ際に重要視する条件のひとつに「年収」があります。
男性が、女性の年齢を気にするのと同等に、女性は男性の年収を気にしています。

見た目重視?内面重視?

結婚相手の条件に様々な優先順位はあるでしょうが「年収」という条件なしには、理想の結婚について語れないのが女性の本音なのです。

女は、結局カネなのか…(落胆)

ここ最近は、婚活成功の掟として“高望みすることがよくない”という風潮が強く、今までのように「年収700万以上じゃないと無理♪」などと考える女性も少なくなりました。

年々、女性が希望する結婚相手の年収金額は、下がりつつある傾向にあります。
「平均程度の収入があればいい」と考える女性が、多くみられています。

さて、今平均程度と聞いてドキッとした方、いるのではないでしょうか。

年収300万円なんだけど…結婚できるだろうか?

結婚したいと考えているなら、自分の年収がネックになってしまうのではないかと気になってしまうかもしれませんね。

結婚適齢期で、年収300万円台の男性は、少なくありません。
本記事では「年収300万円の男性」と「結婚」について、徹底的に考えていきます!

「私の彼氏は年収300万円なんだけど結婚していいの?」と不安に思っている女性も、ぜひ読んでみて下さいね。

統計で確認!「年収300万円」と「平均年収」

婚活では“平均・普通”を望む女性はとても多いです。
しかし、年収300万円台の場合、あなたの年収は女性が考える平均の基準に達しているのでしょうか?

国税庁の調査によると、平成28年分の男性平均年収(最新調査)は、521万円でした。

521万円!?200万円も足りないじゃないか!

数字で驚いた方は多いでしょう。
しかしこれは、国税調査という統計のマジック。

平均年収521万円という金額は、年収200万円台の派遣社員・フリーターから年収1000万円以上の経営者、高卒の10代から定年間際の50代までも含めた、“すべての平均”なのです。

婚活している女性が考える「平均」とは少し違っているはず。

そうなると、年代別の年収が気になりますよね。
それでは、年齢ごとに平均年収を確認してみましょう。

年代別の平均年収

年代別の平均年収のグラフ

こちらは、転職サービスで有名なDODAエージェントの会員データを元に、正社員として就業している20~59歳までの29万人分の平均年収をまとめたもの。

20代男性の平均年収は365万円。
30代になると、122万円あがって、平均年収は487万円です。

“正社員”でかつ“転職を考えている人(転職サイトに登録した人)”のデータなので、正確な平均とはズレがあるのかもしれませんが、どちらにしてもどの年代でも年収300万円は上回っていることがわかります。

これは、いよいよ厳しくなってきたぞ…

いいえ、そんなことはないんですよ!

続いて、20代から50代までの年代ごとの年収分布をみてみましょう。
各年代の年収300万円未満・年収300万円台の人の割合を、まとめてみました。

(年代別)年収400万円以下の人の割合

年収300万円台の男性の割合

20代で年収300万円未満の正社員男性は、全体の33.1%です。
つまり、3人に1人は年収300万円よりも少ないんですね。

そして20代で300万円台の正社員男性は37.6%。
つまり、 20代男性の70%以上は、年収300万円台以下なのです!

30代になると平均の年収はあがりますが、それでも年収300万円以下の男性は全体の 40% もいることがわかります。

自分の年収は底辺なんじゃないかと思って卑屈になっていたけど…
こうして見ると、そうでもないのかも

年収300万円以下の男性はたくさんいるから大丈夫、とは言いません。
しかし、社会的にとびっきり年収が低いわけでもないということは言えるでしょう。

状況を正確に把握することは、婚活を成功させる第一歩です。

あなたの婚活偏差値をテスト!婚活EQ診断(無料)

低収入は婚活に不利?婚活経験者のエピソード

婚活に失敗し頭を抱える低所得男性

さて、年収300万円という収入が、平均よりも低いことはわかりました。
しかし、年収300万円台の男性が少なくないということもわかりました。

問題はここから。
年収300万円でも結婚できるのか?
その一点です。

別に、給与は安くてもいいです。
普通に暮らせる収入があれば幸せですし、満足です。

そんな女神の様な女性は、数多くいるのでしょうか?
婚活経験者の体験談を聞くと、「年収」にまつわるトラウマは少なくありません。

婚活男性の年収エピソード

「婚活パーティーで声をかけた女性と意気投合。また別でお食事にでも行きましょうといういい雰囲気だったのに、職業を伝えた途端に言いにくそうに年収について触れられました。最終的には連絡先すらゲットできず、がっかりです。」
.
「婚活サイトの年収を入力する項目、なんとかなりませんかね?収入証明を出すから嘘もつけないし。正直、年収は言いたくない。」
.
「結婚を前提にお付き合いしていた彼女がいましたが、彼女の両親に『稼ぎのない男のところに、大事な娘を嫁には出せない』と言われてしまいました。それが原因という訳ではありませんが、結局破談になりました。」
.
「マッチングアプリで、プロフィールに年収900万円と書いてみたら、女子からの連絡がひっきりなし。結局金目当てかよー。」

“年収300万円”は、低収入の代名詞のようになってしまっています。
それゆえ、印象がよくないのは事実。

しかし、落ち込むのはまだ早い!
年収300万円でも結婚した男性はたくさんいます。

急展開!年収300万円の男性に需要はあるか?

全国に結婚式場を展開しているアニヴェルセル社のアンケート調査で、興味深いデータがあります。

「あなたが、結婚相手に求める年収はおいくらくらいですか」という質問に対して、20代・30代女性の30%が「300万円以上」と回答しているのです!
希望年収グラフ

1位は「500万円以上」ですが、これは20~30代の平均年収を大きく上回る金額。
もちろん“理想・希望”ですから、少々高めになるのでしょうね。

お金がすべてではないけれど、ないよりあった方がいいかな。
でも、好きになったら収入は関係ないです!

そう。

このアンケートで注目すべきは「好きになったら収入は関係ない」と答えた女性が、全体の15%を占めているということ。

年収300万円以上を希望すると答えた30%と合わせて45%。
半数近くの女性は、結婚相手の年収が300万円でも構わないと考えていると読み取れます。

年収300万円の男性は結婚できないのか?
答えはNO!


年収300万円でも幸せな結婚ができるのです。

「年収300万円の男性はどう?」婚活女性の本音を探る

婚活女性の本音

女性は、結婚や生活について、実にシビアで現実的。
結婚には妥協が必要だとわかっているのです。

だ、妥協?
ちょっとグサッとくるな…

いえいえ、しっかりして下さい。
そんな風に弱気になっていると、婚期を逃してしまいます。

年収300万円の男性が幸せな結婚を手に入れるには、ある程度の努力と結婚に対する強い意志が必要です。

しっかりと現実を見据えている女性は、奥さんにするにはもってこい!
「お金より愛情」と言ってくれる女性は、どんなときでもあなたの支えになってくれる最高のパートナーです。

年収が低くても、貯金があれば問題ないです。

男性は、年収や手取りの金額に気を囚われてしまいますが、女性はもっと広い視野で考えていることがわかります。

「生活ができればOK」
「借金がなければ生きていける」
「年収1000万円でも、貯金100万円未満だったらNG」

年収300万円だから結婚できない…と婚活を躊躇してしまっているのは、男性側だけなのかもしれませんね。

低収入でも結婚する方法

婚活の先にある幸せな結婚
年収300万円で結婚したいなら、いくつかの婚活のコツがあります。

例えば、年収700万円以上を希望している女性にばかり猛アプローチしても、勝算は低いですよね。
高収入のハイスペック男性ばかりが集まるところで勝負しても、あなたにメリットはありません。

結婚するためのコツと心得

【1】年収よりも貯蓄
【2】共働き希望の女性を狙え
【3】年収以外で勝負せよ

まずは、今日からでもしっかり貯金をすること。
そして、共働きを希望する女性にアプローチをすること。
最後に、年収以外の武器をみつけることです。

年収以外の武器?そんなのあるかなあ

武器というと、「超高学歴」「高身長イケメン」などのハイスペックを思い浮かべてしまうかもしれませんね。

しかし、婚活女性が求めているものは、スペックばかりではありません。
そもそもスペック重視の女性は、年収300万円の男性が恋愛対象外なのです。

結婚できる低収入男性の特徴とは?

最短で結婚するためには、年収300万円で結婚できた男性に学びましょう。
年収300万円で結婚できた男性は、どうして女性に選ばれたのでしょうか。

年収以外の武器とは?

【マメなやさしさ】
「特別な時だけではなく、日常に思いやりと優しさを感じます。」
「節約のためにランチは手作り弁当。『いつもありがとう』と毎日感謝してくれる彼のためなら、早起きも苦ではありません。」
.
【あふれる男気】
「ぶっちゃけ、稼ぎは私の方が上。それでも、精神的な大黒柱は旦那です。」
「力仕事はすべて夫にお任せ。夫は現場関係のお仕事なんで、たくましい筋肉に惚れ惚れしますー!」
.
【家事を嫌がらない】
「料理が得意とか、掃除好きとか、そういうわけではないけれど…家事を手伝ってくれる旦那と結婚してよかったです。」
「私の方が遅くまで仕事しているので、家事は完全分業。」

こうしてみてみると、難しいことや特別なことなんてほとんどないんですね。
でも、こういう当たり前のことができない男性って多いものです。

結婚したいなら、行動力がすべて
ぜひ、実践してみて下さいね。

「行動力」で婚活を乗り切れ!

美人花嫁

結婚出来た男性の行動を見てみると、その答えは見えてきました。
それは行動力です。

結婚できた年収300万円の男性を見てみると、成功をつかむまでにいくつもの失敗を積み上げていました。

やはりその理由として多かったのは年収です。
しかし、何度同じ理由で断られても、くじけることなく積極的にアプローチをかけ続けていました。

その結果、年収は低くとも人間性にひかれたといってくれる女性と出会い、結婚をつかみ取ることができたのです。

ここで気づくのは、年収300万円の男性が結婚できない理由が、年収が低いから結婚相手として見られないということだけではなく、年収が食いことを言い訳に行動を起こしていないことであるということです。

「婚活しても結局相手が見つからないから時間もお金も無駄」や「収入が少ないから婚活サービスを利用できない」などの言い訳をしてはいませんか?

確かに失敗することはあるかもしれません。
ですが、それは年収300万円ということに関係なく婚活をしている男性全員に言えることです。

言い訳をせず、くじけず、時間とお金と相談しながら積極的にかつ継続的に行動できる行動力を身につけましょう。

この記事に関連するキーワード