婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月09日 更新

33歳独身女性に立ちはだかる「33歳の壁」とは?これからどう婚活する?

結婚を考えている女性は、「33歳の壁」という言葉をご存知でしょうか?
33歳独身の女性は、この33歳の壁を前にして、より焦りを強くしている人もいると思います。
33歳の壁とは一体?
そんな壁を前にした今、どのように婚活をしていけば良いのでしょうか?

33歳独身女性に立ちはだかる「33歳の壁」

あなたは、「33歳の壁」という言葉を聞いたことはありませんか?
33歳や、33歳が目前の女性で結婚を考えている場合、この33歳の壁が現実のものとなりつつあります。
33歳独身女性なら気になってしまう、この「33歳の壁」とは、何を意味しているのでしょうか?

子どもを望む男性からの需要

「33歳の壁」という言葉は、婚活市場において、子どもを望んでいる男性が希望する女性の年齢が33歳以下であることが多いとして、33歳が1つの区切りになるということから言われ始めました。
35歳以上での出産を高齢出産と捉えることから、それまでに出産を済ませることが望ましい、という考え方が背景にあるようです。

このような言葉が囁かれたり、33歳以下であることが出産しやすい女性として、婚活市場ではより多くの男性から望まれる、ということを聞いたりすると、33歳独身女性はなんだかやるせない気持ちになってしまいそうですね。

33歳の壁は超えられる?

ただ、実際に子どもを望んでいる男性は、女性の年齢を気にすることは事実です。
子どもは考えていないとか、いなくても良いという男性は、フィーリングが合ったりお互いの価値観などの相性や人柄を重視する傾向にあっても、どうしても子どもが欲しいと思っている男性は、結婚相手の女性の年齢を「出産できそうかどうか」で見てしまうのは、仕方がないことなのかもしれません。

そのため、今すでに33歳独身という女性は、ギリギリこの壁を超えられる位置に立っている、まさに崖っぷちと言えそうです。
崖っぷちと言うと聞こえは良くないですが、33歳独身である今なら、この壁を乗り越えて子どもを望む男性との結婚も実現可能な範囲であるという意味では、希望が持てるのではないでしょうか?

自分自身も子どもが欲しいかどうか

このように、子どもが欲しい男性目線で見たときに、33歳独身の女性がギリギリであるならば、婚活は難航するかもしれない、とガッカリしてしまう女性もいるでしょう。
しかし、あなた自身が子どもは持たなくても良いという考えであるならば、同じく子どもを持つことにこだわらない男性を探すことで選択肢は広くなるはずです。
必ずしも、子どもを持ちたいという男性ばかりではありませんから、33歳独身であることはこうした壁があるということを意識しつつも、「そんなことは関係ない」と言ってくれる男性と巡り合って結婚することも不可能ではないでしょう。

しかし、あなた自身が子どもが欲しいと思っているならば、男性から見てどうという以上に、自分自身のためにも33歳の壁を意識して、早くから婚活を進め、自分に合った男性を探し出すことが望ましいのです。
すぐに結婚をしたい人同士が巡り合うことができる婚活市場においても、やはり結婚するにはそれなりの段取りが必要ですし、ある程度の時間はかかります。
本人たちが、結婚式や披露宴などは省略したいと思っても、親族の意向にも配慮しないとなりませんから、そうしたことに時間を取られてしまうことは考えておくべきです。

さらには、そこから妊娠したとしても、出産するまでには10ヶ月ほどかかります。
結婚してすぐに妊娠しても、1年近くはかかってしまう、つまりまたひとつ歳を取ってしまうのです。
となると、自ずと婚活は早くから進めるべきだということが見えてくるでしょう。
じっくり考えてから婚活するというよりも、婚活を進めながら考える、くらいの気持ちに切り替える必要があると言えそうです。

33歳独身の女性が婚活するなら?

33歳独身の女性が結婚を考える場合、この「33歳の壁」があることから焦りを感じてしまうこともあるでしょう。
そんな33歳独身女性が結婚を考える場合には、どのような心構えが必要なのでしょうか?

前向きな姿勢が大切

33歳を目前に控えていたり、今まさに33歳独身の女性は、男性からも、どうせ崖っぷちと見られるからと、卑屈になってしまうこともあるかもしれません。
そのために、あまり気に入っていない男性と結婚を決めそうになってしまったりと、妥協の気持ちで婚活をしてしまうこともありそうです。

しかし、それでは結婚しても幸せになれるかどうかは微妙です。
妥協する気持ちが大きかった場合、どうしても、結婚した後もことあるごとに「やっぱりこの人と結婚するんじゃなかった」とか、「あのときもっとよく考えていれば」など、後悔の念が生まれやすくなります。
それでは、お互いに不幸ですよね。

33歳の壁を意識し過ぎずに、理想の結婚に少しでも近付けるように、前向きな姿勢でいることはとても大切です。
男性から見ても、どこか卑屈で諦めている女性よりも、自分の魅力に自信を持って生き生きとしている女性の方が、結婚したいという気持ちが芽生えやすいものです。

素早い行動を心がける

妥協し過ぎるのは良くありませんが、婚活において考え過ぎるのも賛成できません。
実際に、33歳以下の女性を希望する男性が多いのが事実だとすれば、33歳独身である今、「どこで婚活したら良いのか」とか、「ネットに頼るのは嫌だ」などと考え過ぎてしまうと、時間ばかりが過ぎたり自ら選択肢を狭めてしまったりして、婚活にはマイナスに働いてしまいます。

もちろん、信頼できる婚活サービスを探すなど、ある程度調べたり確認を取ったりすることは大切ですが、考え過ぎて立ち止まってしまっては、結婚への道のりを進んでいくことができません。
たとえば婚活サイトであるならば、まずは無料登録をして、利用できるサービスを使ってみてその婚活サイトの特色を確かめるなどすれば、考え込んでいるよりも良い結果を生むことになるでしょう。
33歳独身の女性は、これから結婚をしようという気持ちになったら、素早い行動を心がけていきましょう。

婚活コンシェルジュのアドバイスに耳を傾ける

今まで、恋愛経験がそれなりにあるという女性でも、婚活サービスに登録したら、そちらのコンシェルジュのアドバイスに耳を傾けるようにすることをおすすめします。
コンシェルジュは、たくさんの人達の婚活に関わり、実際に結婚に導いて来ています。

そうしたプロの目から見た意見を参考にするのは、大いに役立つはずです。
恋愛経験が豊富であっても、婚活においては、男性に対するアプローチも変えた方が良い場合があるかもしれません。
そうしたことも踏まえて、33歳独身である今のあなたにふさわしいアドバイスをしてくれるでしょう。

33歳独身の女性も希望を持って婚活を

「33歳の壁」という、33歳や33歳を目前にする女性にとっては、耳の痛い言葉についてお伝えしました。
こうした事実を知り、心構えを持っていることで、実際に婚活で思うように進まなかったときもショックを受け過ぎることなく、かえって前向きに、自分のするべきことをしていけるのではないでしょうか?
厳しいと思ったら、プロの手も借りながら、ぜひ希望を持って婚活し、素敵な結婚を実現させてくださいね。

この記事に関連するキーワード